また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3078364 全員に公開 ハイキング 東北

二ッ箭山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年04月15日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴天ほぼ無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間44分
休憩
52分
合計
3時間36分
S二ツ箭山入口駐車場10:4611:06御神体の滝11:0811:29〆張場11:3012:05男体山12:0712:09女体山12:0912:18男体山12:5113:00女体山13:0613:19二ッ箭山13:2113:33月山(二ツ箭山)13:3914:08御神体の滝14:22二ツ箭山入口駐車場14:2314:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鎖場以外は危険箇所なし

写真

駐車場には平日ですが二十台以上が停まっていました。
2021年04月15日 10:44撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場には平日ですが二十台以上が停まっていました。
1
案内板の向こうに山並みが見えます。
2021年04月15日 10:45撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板の向こうに山並みが見えます。
1
メジャーな山だけあって登山道は整備が行き届いており、分岐もわかりやすい。
2021年04月15日 11:03撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メジャーな山だけあって登山道は整備が行き届いており、分岐もわかりやすい。
尾根コースへ。
2021年04月15日 11:05撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根コースへ。
再び沢コースとの分岐。尾根コースへ。
2021年04月15日 11:31撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び沢コースとの分岐。尾根コースへ。
最初の鎖場。予習はしていましたがやはり滑りやすいので慎重に登ります。
2021年04月15日 11:36撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の鎖場。予習はしていましたがやはり滑りやすいので慎重に登ります。
尾根まで登ったところで岩場コースと一般コースの分岐。一般コースへ。
2021年04月15日 11:57撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根まで登ったところで岩場コースと一般コースの分岐。一般コースへ。
男体山を見上げます。登れんのか?これ。
2021年04月15日 12:01撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山を見上げます。登れんのか?これ。
初めての岩登り。覚悟を決めてクライムオーン。
2021年04月15日 12:01撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めての岩登り。覚悟を決めてクライムオーン。
怖かったですが登りきりました。見下ろすと、改めて命懸けだったなぁと感じて安堵感がこみ上げます。
2021年04月15日 12:11撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
怖かったですが登りきりました。見下ろすと、改めて命懸けだったなぁと感じて安堵感がこみ上げます。
散り始めたアカヤシオを見上げながら男体山へ。
2021年04月15日 12:12撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
散り始めたアカヤシオを見上げながら男体山へ。
1
再び、登れんのか?これ、と思いつつ、頑張れ男の子!と奮い立たせてクライムオーン!
2021年04月15日 12:14撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、登れんのか?これ、と思いつつ、頑張れ男の子!と奮い立たせてクライムオーン!
男体山山頂から北側を望みます。
2021年04月15日 12:14撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山山頂から北側を望みます。
女体山。
2021年04月15日 12:21撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女体山。
2
南側、前日の雨で空気が澄んでいるからか太平洋までくっきりと。
2021年04月15日 12:22撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側、前日の雨で空気が澄んでいるからか太平洋までくっきりと。
2
先週登った湯ノ岳もよく見えます。
2021年04月15日 12:22撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週登った湯ノ岳もよく見えます。
1
貸し切りだったので山ラーメン。
2021年04月15日 12:34撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貸し切りだったので山ラーメン。
1
女体山山頂。アカヤシオはこのあたりが一番綺麗でした。
2021年04月15日 13:00撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女体山山頂。アカヤシオはこのあたりが一番綺麗でした。
女体山から男体山を望むお馴染みのショットですが、生の迫力は思った以上でした。
2021年04月15日 13:00撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女体山から男体山を望むお馴染みのショットですが、生の迫力は思った以上でした。
女体山の案内板。
2021年04月15日 13:02撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女体山の案内板。
これもお馴染みの景観ですが、いざ自分で潜るときは足早になりますね。
2021年04月15日 13:07撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもお馴染みの景観ですが、いざ自分で潜るときは足早になりますね。
二ツ箭山山頂へはこの分岐からピストンなんですね。
2021年04月15日 13:16撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ツ箭山山頂へはこの分岐からピストンなんですね。
二ツ箭山山頂は景観なし。こここら猫鳴山への縦走もいつか行きたいですね。
2021年04月15日 13:18撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ツ箭山山頂は景観なし。こここら猫鳴山への縦走もいつか行きたいですね。
月山から。
2021年04月15日 13:31撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月山から。
下りの傾斜が思ったより急でした。
2021年04月15日 13:35撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの傾斜が思ったより急でした。
無事駐車場へ到着。これまでに感じたことのない安堵感でした。
2021年04月15日 14:22撮影 by Pixel 3a, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事駐車場へ到着。これまでに感じたことのない安堵感でした。

感想/記録

二ツ箭山は難易度や山の格等から、近隣の山のラスボス的な山と考えていました。
ですので登るのは、しばらく山行の経験を積んでからと思っていたのですが、嫁の実家の田植えの手伝いがボチボチ始まることや、息子の部活もハイシーズンに入ることから、しばらく山に行けなくなるかもしれなそうだったので、この日の山行を数日前に決めました。
天候は週間予報通り快晴無風。
駐車場には平日にも関わらずかなりの台数が停まっていましたが、出発時間が遅かったからか途中のすれ違いは殆どなし。
僅か2ヶ月ですが毎週コツコツ登った経験が生きたのか、初体験となる長い鎖場まではすんなり登れました。
岩登りは体力的なものより、転落の恐怖が予想以上でした。登り始めて直ぐに戻ろうかなと思いましたが、とにかく本で読んだ三点確保に気をつけてどうにかコルまで辿り着きます。
男体山の鎖場も思ったよりキツそうだったのですが、貸し切りだったのでゆっくり確実によじ登り登頂することができました。
山頂からの景観は絶景でしたが、達成感より安堵感が勝ったのは初めてでした。
他の方が登ってくる気配も無かったので山ラーメンとコーヒーをいただき一息入れて、慎重に下降。
女体山の鎖場はいくらか楽しむ余裕もできて、その後は二ツ箭山と月山の山頂経由で無事下山できました。
バリエーションに富んだコースはラスボスにふさわしいと思いましたが、山歩きで命の危険を感じたのは初めてでしたので、改めて登山ってハイリスクな趣味なんだなぁと。
また来たいかというと正直、今は微妙なとこなんですが、時間が経てばきっとまた来たいと思うんだろうなぁとも感じています。


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:151人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鎖場 コル 山行 ピストン 縦走 山並み
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ