また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3080180 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 蔵王・面白山・船形山

船形山の頂から定義参り〜蛇ヶ岳・後白髪山経由

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年04月15日(木) ~ 2021年04月16日(金)
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
11時間45分
休憩
24分
合計
12時間9分
Sスタート地点05:3609:47お別れ峠10:02見返平10:0810:25大壁10:3411:02泉ヶ岳11:47三叉路12:22北泉ヶ岳12:3112:59三峰山分岐13:18水源13:44熊の平16:05三峰山16:43蛇ヶ岳17:26千畳敷分岐17:41升沢・観音寺コース分岐17:45船形山
2日目
山行
6時間15分
休憩
3分
合計
6時間18分
船形山06:3606:39升沢・観音寺コース分岐06:49千畳敷分岐07:47蛇ヶ岳07:4908:48後白髪山12:29定義林道起点12:3012:52西方寺12:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2021年04月の天気図 [pdf]

写真

形山の頂から望んだ定義へ至る蛇ヶ岳・後白髪山の稜線・縦走路(上)

定義如来の背後にそびえる後白髪山〜山旅を終えてパチ(^^♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
形山の頂から望んだ定義へ至る蛇ヶ岳・後白髪山の稜線・縦走路(上)

定義如来の背後にそびえる後白髪山〜山旅を終えてパチ(^^♪
夜半過ぎから山頂一帯は暴風が続き、山頂の小屋からのご来光は全く拝めませんでした。
2021年04月16日 04:57撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜半過ぎから山頂一帯は暴風が続き、山頂の小屋からのご来光は全く拝めませんでした。
暴風が凪ぎ、定義へ至る船形連峰の稜線・縦走路がみえてきた瞬間❣〜よし!いくぞぉ
2021年04月16日 06:31撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暴風が凪ぎ、定義へ至る船形連峰の稜線・縦走路がみえてきた瞬間❣〜よし!いくぞぉ
小屋を出ると真正面には朝日に輝く月山が(^^♪
2021年04月16日 06:34撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋を出ると真正面には朝日に輝く月山が(^^♪
1
夜半過ぎからの暴風雪暴で新たにできた小エビのしっぽ(^^♪
2021年04月16日 06:35撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜半過ぎからの暴風雪暴で新たにできた小エビのしっぽ(^^♪
1
仙台カゴ、そして白髪山など、朝日を浴びた山形県側の山並みが美しく映えていました〜でもでも雲行きが怪しいので、先を急ごう
2021年04月16日 06:35撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙台カゴ、そして白髪山など、朝日を浴びた山形県側の山並みが美しく映えていました〜でもでも雲行きが怪しいので、先を急ごう
三峰山越しにみえた北泉ヶ岳1253mと泉ヶ岳1172m

このように標高1300m超の稜線上はガスが消えたり出たりのくり返しで、後白髪山1422mの頂からのパノラマはお預けに
2021年04月16日 08:01撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山越しにみえた北泉ヶ岳1253mと泉ヶ岳1172m

このように標高1300m超の稜線上はガスが消えたり出たりのくり返しで、後白髪山1422mの頂からのパノラマはお預けに
大倉ダム湖や定義地区

後白髪山を下りはじめたらみえてきました。
2021年04月16日 08:48撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉ダム湖や定義地区

後白髪山を下りはじめたらみえてきました。
定義へ至る登山道の一コマ。

倒木があったりしましたが、メリハリのある登山道で迷わず進めました
2021年04月16日 08:53撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定義へ至る登山道の一コマ。

倒木があったりしましたが、メリハリのある登山道で迷わず進めました
圧雪で笹薮がねじ伏せられた広大な雪原〜バリフートの方が歩きやすかったので、登山道からは外れてしまいましたが、ブナ林を巡る山旅は爽快でした。
そして
2021年04月16日 09:42撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
圧雪で笹薮がねじ伏せられた広大な雪原〜バリフートの方が歩きやすかったので、登山道からは外れてしまいましたが、ブナ林を巡る山旅は爽快でした。
そして
闊歩しやすかった渓流沿い。いや渓流上での一コマです

でもでも、さらに雪融けが進むと、踏み抜きが心配になりますね(^^♪
2021年04月16日 10:18撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
闊歩しやすかった渓流沿い。いや渓流上での一コマです

でもでも、さらに雪融けが進むと、踏み抜きが心配になりますね(^^♪
林道にかかる橋が(^^♪

空沢橋だったけかな
2021年04月16日 10:32撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道にかかる橋が(^^♪

空沢橋だったけかな
林道沿いにみえた北泉ヶ岳1253mと泉ヶ岳1172m

このアングル、新鮮感がありました(^^♪
2021年04月16日 10:40撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道沿いにみえた北泉ヶ岳1253mと泉ヶ岳1172m

このアングル、新鮮感がありました(^^♪
落石箇所を通過中

先週歩いた裏磐梯の登山道では、数分おきにゴロゴロ、カラカラという落石音が響いていましたが、この日落石が起きるような気配は特になく、擁壁上を確認しながら、そ〜っと通過しました
2021年04月16日 10:49撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石箇所を通過中

先週歩いた裏磐梯の登山道では、数分おきにゴロゴロ、カラカラという落石音が響いていましたが、この日落石が起きるような気配は特になく、擁壁上を確認しながら、そ〜っと通過しました
高度を下げるにつれて、大倉ダム湖や定義地区が手に取るように見えてきました〜素敵な山旅を改めて実感(^^♪
2021年04月16日 10:56撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度を下げるにつれて、大倉ダム湖や定義地区が手に取るように見えてきました〜素敵な山旅を改めて実感(^^♪
この先は、まさに林道といった光景が続きました
2021年04月16日 11:33撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は、まさに林道といった光景が続きました
ここまで下ってきて、自分が下ってきた林道が定義林道であったことに気づきました。
2021年04月16日 12:09撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで下ってきて、自分が下ってきた林道が定義林道であったことに気づきました。
『落石の危険があるため・・・通行禁止』との貼り紙が❣

リサーチ不足だったです、下り終えてから知った次第。

でもでも、山頂稜線上に残る深い残雪のおかげて、歩きやすいバリルートを選びながら下って定義如来へたどりつくことができ、満足感・達成感に浸ひたりながら、この日の山旅を終えることができました。

追伸
下山の途中、スマホの電池残量が低下してきたことに気づき、充電はしたものの、詳細な軌跡ログが採れない区間がありました。軌跡を読み取る際にはその点、どうぞご留意ください。
2021年04月16日 12:23撮影 by COOLPIX B700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『落石の危険があるため・・・通行禁止』との貼り紙が❣

リサーチ不足だったです、下り終えてから知った次第。

でもでも、山頂稜線上に残る深い残雪のおかげて、歩きやすいバリルートを選びながら下って定義如来へたどりつくことができ、満足感・達成感に浸ひたりながら、この日の山旅を終えることができました。

追伸
下山の途中、スマホの電池残量が低下してきたことに気づき、充電はしたものの、詳細な軌跡ログが採れない区間がありました。軌跡を読み取る際にはその点、どうぞご留意ください。
1
撮影機材:

感想/記録

〇定義参りをしたい〜理由は・・・。できることなら『定義へ至る山を経て〜』と巡ってきた山旅記録です。

〇船形山の山頂小屋には一泊お世話になりました。2日分の画像を載せると容量が圧迫されますのでこの日記では載せませんでした。
前日分は下記のYAMAP側サイトでご覧ください。
https://yamap.com/activities/10686917
https://yamap.com/activities/10692905

なお『後白髪山』という山名には、前々から違和感がありました。今回定義へ至る山旅・縦走をして、さらにその思いが増し、アンケートサイトを立ち上げてみました。こちらです↘よろしかったら一票お願いします。
https://forms.gle/937DJ2qcbmppQLQf7
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:461人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ