ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 308573 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走栗駒・早池峰

栗駒山(須川コース)

日程 2013年06月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候11:56 地獄谷 曇り 17℃
12:40 栗駒山山頂 曇り 15℃
14:45 須川温泉 雨 15℃
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR一ノ関駅⇔須川温泉 1時間34分 1,450円
バス時刻は岩手県交通のホームページ参照 http://www.iwatekenkotsu.co.jp/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

須川温泉11:28〜12:03昭和湖12:03〜12:27天狗平1227〜12:42栗駒山13:00〜13:12天狗平13:12〜13:36昭和湖13:36〜14:11須川温泉
コース状況/
危険箇所等
【登山道の状況】
◆雪融けで登山道が川の様になっている箇所あり
◆雪渓の通過あるがアイゼンは不要
◆ゼッタ沢は増水していて靴を濡らさずに渡渉することは難しい
◆山頂の案内板に表掛コース・裏掛コース(宮城県側の登山道)は通行できませんとの記載あり

【その他】
◆トイレ・・・須川温泉/昭和湖
◆今回ルートは手入力
過去天気図(気象庁) 2013年06月の天気図 [pdf]

写真

11:29 須川温泉
温泉の隣にある登山口
2013年06月08日 11:29撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:29 須川温泉
温泉の隣にある登山口
11:40 名残ヶ原
2013年06月08日 11:40撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:40 名残ヶ原
12:03 昭和湖
湖畔にベンチとトイレあり
休憩適地
2013年06月08日 12:03撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:03 昭和湖
湖畔にベンチとトイレあり
休憩適地
1
12:09 胸突坂
雪融けで登山道が沢の様になっていた
2013年06月10日 21:15撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:09 胸突坂
雪融けで登山道が沢の様になっていた
12:20 賽走り
長い雪渓の通過
2013年06月08日 12:20撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:20 賽走り
長い雪渓の通過
1
12:28 天狗平〜栗駒山山頂
2013年06月08日 12:28撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:28 天狗平〜栗駒山山頂
12:39 天狗平〜栗駒山山頂
2013年06月08日 12:39撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:39 天狗平〜栗駒山山頂
12:42 栗駒山山頂
2013年06月08日 12:42撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:42 栗駒山山頂
13:02 栗駒山の花々
2013年06月08日 13:02撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:02 栗駒山の花々
14:00 栗駒山の花々
2013年06月08日 14:00撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:00 栗駒山の花々
1

感想/記録

JR一ノ関駅から須川温泉までのバスは1日2便。
始発便に乗車して到着するのは11時半頃。帰路最終便は15時だ。滞在できる時間は3時間半弱。そういうわけで栗駒山は慌しい山行だった。

当初の山行計画は須川温泉から自然観察路経由で栗駒山へ登り、須川コースで須川温泉に下山するというもの。
しかし、苔花台でのゼッタ沢の渡渉が増水により足を濡らさないと渡れない状況。その後に控える三途の川も同様かそれ以上に増水していることが考えられたため、無難に須川コースを往復することにした。

登山道にはまだまだ雪が残っているがアイゼン着用の必要は感じない状況。ただ、雲間から陽がさすと照り返しが厳しかった。

本日曇りのち雨。展望少ないながらも人気の山らしく登山者は多数。
雪融けしたら花の数とともにもっと人も増えるだろう。

滞在できる時間が少なかったこと、雨が降ってきたこともあって山頂を往復するだけの山行となってしまったがまた季節を変えて訪れてみたいと思った。
訪問者数:1539人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/20
投稿数: 2966
2013/6/14 21:18
 こんばんは☆
初めまして。
この日私も栗駒を歩きました。
コースタイムから、天狗平付近ですれ違っているかなぁと思い見ていたのですが、6番の写真に写っているのはどうやら私のようです
私はこの後、装備不足により失敗しました

遠いところからいらしたようですね。
今度はじっくり栗駒を楽しんでいってください!!
登録日: 2009/3/14
投稿数: 130
2013/6/14 23:04
 Re.こんばんは☆
Springさん、はじめまして。その後ケガなくて何よりです。

栗駒山は見所多く、景色雰囲気とても気に入りました。山頂ピストンなんてもったいない
今度は花の季節か晩秋か、真っ白な時も良いでしょうね。楽しみに来たいと思ってます

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 雪渓 渡渉 山行

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ