また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 309456 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東北

神室山(秋田・山形)

日程 2013年06月05日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道108号線、秋の宮温泉の北約5kmに『神室山登山口』の標識があり、北上の場合は左折する。
役内集落をはずれると未舗装となり、杉林を抜けると右手に赤い鳥居、ここを右折する。
林道約1.5kmでパノラマコース、西の又コースの登山口。
約10台程度駐車可。
水場あり、登山ポストなし。


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

登山口7:10〜第1ピーク8:30〜第2ピーク9:00〜第3ピーク9:30〜前神室山
9:50(〜10:10)〜西ノ又コース分岐10:40〜神室山10:50(〜11:40)〜前神室山12:30〜登山口14:10
コース状況/
危険箇所等
コース全体は歩きやすく安全。
標識完備。
この時期、数か所、雪面の登下降あり。
山頂南に改築なった避難小屋、バイオ・トイレあり。
過去天気図(気象庁) 2013年06月の天気図 [pdf]

写真

国道左(右)折地点から神室山。
2013年06月05日 13:58撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道左(右)折地点から神室山。
このような看板も目印。
2013年06月05日 14:00撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような看板も目印。
林道左の鳥居。
ここを右折します。
2013年06月05日 12:39撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道左の鳥居。
ここを右折します。
1
パノラマコース登山口。
西ノ又コースはさらに林道を進みます。
2013年06月05日 05:11撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマコース登山口。
西ノ又コースはさらに林道を進みます。
植林帯を直線的に急登。
やがてブナの原生林となり、その間をぬってゆく
気分の良い尾根道。
2013年06月05日 05:46撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯を直線的に急登。
やがてブナの原生林となり、その間をぬってゆく
気分の良い尾根道。
第1ピークの標識。
第3まであり、第4(?)が前神室山。
2013年06月11日 10:23撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1ピークの標識。
第3まであり、第4(?)が前神室山。
第2ピークから残雪が現れます。
2013年06月05日 06:52撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2ピークから残雪が現れます。
夏道は残雪の下、スリップしたところで5mほど下のブッシュでストップするさ、で、雪の斜面のテッペンを行きます。
2013年06月05日 07:12撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道は残雪の下、スリップしたところで5mほど下のブッシュでストップするさ、で、雪の斜面のテッペンを行きます。
前方にようやく前神室が現れるが、本峰は左、はるかかなた・・・。
黒い点々はムシが撮ったのかな?
とにかく、ここもムシが多い。
2013年06月05日 07:16撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方にようやく前神室が現れるが、本峰は左、はるかかなた・・・。
黒い点々はムシが撮ったのかな?
とにかく、ここもムシが多い。
後方に鳥海山。
2013年06月05日 07:33撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方に鳥海山。
右前方には月山。
2013年06月05日 07:33撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右前方には月山。
広い残雪の斜面を登ります。
2013年06月05日 07:40撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い残雪の斜面を登ります。
前神室が近くなりましたが、本峰はまだまだ・・・。
本峰右に避難小屋がデベソのよう。
2013年06月05日 07:34撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前神室が近くなりましたが、本峰はまだまだ・・・。
本峰右に避難小屋がデベソのよう。
1
前神室はなんとも平凡なピークです。
本峰はまだ1時間近くかかります。
2013年06月05日 07:49撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前神室はなんとも平凡なピークです。
本峰はまだ1時間近くかかります。
前神室の左に鳥海山。
2013年06月05日 08:30撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前神室の左に鳥海山。
手前小ピークについて、ようやくあとひと登りです。
2013年06月05日 08:34撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前小ピークについて、ようやくあとひと登りです。
神室山山頂!!
2013年06月05日 09:39撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神室山山頂!!
台山登山口方向に月山。
2013年06月05日 09:53撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台山登山口方向に月山。
登ってきた前神室方向を振り返ります。
2013年06月05日 09:39撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた前神室方向を振り返ります。
神室連山南方縦走路、小又山、火打岳方向。
2013年06月05日 09:55撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神室連山南方縦走路、小又山、火打岳方向。
ま新らしい避難小屋。
ムシの襲来がひどいので、ここでお昼にしました。
2013年06月05日 09:36撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ま新らしい避難小屋。
ムシの襲来がひどいので、ここでお昼にしました。
神室山にもお別れです。
2013年06月05日 10:32撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神室山にもお別れです。
ブナの新緑が、まったくすばらしい!!
2013年06月05日 11:48撮影 by DMC-G5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの新緑が、まったくすばらしい!!

感想/記録

『東北シリーズ9泊10日、10山に登る』の第5戦は、昨日の祝瓶山に続き、休みなしの神室山。

前夜は秋の宮温泉は『太郎兵衛』で祝瓶山の“祝杯”をあげ、弁当をこしらえてもらって、山登りにしては遅い出発。

この秋の宮温泉は、多くの温泉地のように1つの源泉から分湯するというケチクサイ方式ではなく、ほとんどのホテル、旅館それぞれが独自の源泉を持つという稀有な温泉だそうで、湯量豊富、原泉も4種類あって、場所によって異なるという。

この『太郎兵衛』ははるかなる先祖がこの地で初めて温泉を見出し、その子孫は代々の関守を務めたという由緒ある旅館だそうだが、温泉街からかなり離れた集落の1軒宿、旅館というよりも民宿のよう、風呂場も“素朴”そのもの、温泉はかけ流しの塩化物泉、これは文句なし!
ちょっと先には役内川の川原を適当に掘って湧きだした温泉につかるという『河原の湯っ子』なる、文字通りの“露天風呂”もある。

ところで神室山、‘88に登ったときは9月、途中から小雨が降りはじめ、視界ゼロ、ただ山頂を踏んだという以外、なんの印象もなく、3人とも“リベンジ”ではある。
『太郎兵衛』のおやじさんに聞くと、釣り人の話では西の又の沢にはまだ雪がいっぱいだそうな。
で、昨日、たっぷり雪と遊んだので、今日はノンビリとパノラマコース往復で行こうと一決。

天気は晴朗、背後に鳥海山、前方に月山、残雪とブナの緑、年金受給者3人、昨日の祝瓶山をはじめ、ハナシはあの山に飛びかい、この山にさまよい、尽きることなし。
出会った人は1人。
2度目の神室山は、う〜ん、いい山でした。
訪問者数:1013人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 林道 避難小屋 ブナ 目印 温泉 縦走

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ