また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3148727 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

九鬼山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年05月04日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
猿橋駅からスタート
ゴールは禾生駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間21分
休憩
1時間3分
合計
6時間24分
S猿橋駅07:1707:31御前山登山口08:23神楽山08:2708:49御前山08:5309:00八五郎岩09:19沢井沢ノ頭09:2009:39馬立山09:4009:47ナベノテラス09:5410:17礼金峠10:2210:48紺屋の休場10:4911:37九鬼山11:5711:59富士見平12:0112:09天狗岩12:1312:37田野倉方面分岐12:4113:09愛宕神社13:16落合水路橋13:2513:35禾生駅13:3613:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報大月の「古民家麺処かつら」で「田舎うどん」を食べました。おいしかった。

装備

個人装備 登山靴

写真

朝5時の松屋のプレミアム牛めし、おいしかった。
2021年05月04日 05:06撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝5時の松屋のプレミアム牛めし、おいしかった。
神楽山(標高673.4m)
2021年05月04日 08:25撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神楽山(標高673.4m)
御前山(標高720m)
2021年05月04日 08:53撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山(標高720m)
富士山と九鬼山
2021年05月04日 08:52撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と九鬼山
自然のアーケード
2021年05月04日 10:54撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然のアーケード
九鬼山頂上(標高969.9m)
2021年05月04日 11:43撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九鬼山頂上(標高969.9m)
大月の「古民家麺処かつら」
2021年05月04日 15:01撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大月の「古民家麺処かつら」

感想/記録

休日の5月4日(火)、なんとか早起きし、出発。朝5時、開いたばかりの東中野の松屋に寄り、「プレミアム牛めし」を、密を避けて、おいしく食べました。
JRの電車を順調に乗り継ぎ、山梨県の猿橋駅で下車。軽く準備運動をして、帽子をかぶり、虫除けスプレーを掛け、カメラと熊よけ鈴を取り出し、スマホのYAMAPを起動し、7時20分頃、歩き始めました。
猿橋駅の南側の神楽山へ向かいました。道路より登山口へ入ると、いきなりの急階段でした。連休前半のグータラ生活でなまった私には苦しい登りでした。神楽山は標高673.8m。ここから尾根の道でした。
標高720mの御前山の岩の上に上がると、見事な富士山。抜群の好天で、幸運でした。
いくつものピークを登っては下るを繰り返しました。標高800m近くまで登ったのに、標高600m近くまで下りました。札金(ふだがね)峠です。深くえぐられた地形であり、これは人がえぐったのかな。ここまで遠かった。
ようやくここから、九鬼山(くきさん)への登りとなりました。12時前に、標高969.9mの九鬼山頂上に到着。ここからも富士山が綺麗でした。富士山側の木数本を切ってくれた人、
有難う。禾生(かせい)側へ下りました。途中の天狗岩が最高の見晴らしでした。
長い下りを下って、山麓の愛宕神社へお参りしました。
禾生の登山口より出ると、何だか凄いものが見えました。とても高い所を水路がとうとうと流れていました。見えにくくて残念でしたが、凄さを感じました。これは「落合水路橋」だそうです。レンガ造の水路橋が朝日川を跨いでいます。東京へ電力を供給するための「駒橋発電所」と共に明治40年(1907年)に作られたそうです。何度も大きな地震が起きています。なのに、今もこれが現役というのは素晴らしい。
帰途、大月の「古民家麺処かつら」へ寄り、「田舎うどん」を食べました。おいしかった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:164人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ