また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3167199 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥多摩・高尾

笹久保BS→風張峠⇔倉掛山→月夜見山→惣岳山→御前山→湯久保山→小沢BS

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年05月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴後曇
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間54分
休憩
28分
合計
7時間22分
Sスタート地点07:1508:20一本松08:32猿石08:38数馬分岐08:4308:57数馬峠09:15仲の平分岐09:24御林山09:34浅間尾根駐車場09:3509:53戸沢峯09:59風張峠駐車場10:0010:16倉掛山10:35風張峠駐車場10:4110:41風張峠10:4211:02月夜見山11:0311:09月夜見第二駐車場11:1011:18焼ツ萩平11:25天神山11:29水窪山西峰11:3011:33水窪山11:3411:38小河内峠12:15ソーヤノ丸デッコ12:25惣岳山12:37富士山展望所12:38御前山12:3912:44御前山避難小屋12:4713:03若緑山13:0413:12モーテ山13:1413:23アザミケタワ13:2413:29湯久保山13:43仏岩ノ頭13:4513:51湯久保分岐14:37小沢バス停14:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

サルの足跡が残るというサル石。それらしいものは見つけられなかった。
2021年05月09日 08:34撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルの足跡が残るというサル石。それらしいものは見つけられなかった。
遠くに御前山が見える。右につながる稜線伝いに下る予定。
2021年05月09日 08:35撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに御前山が見える。右につながる稜線伝いに下る予定。
御林山。刈り払われていて向かいの笹尾根が見えるが平凡。
2021年05月09日 09:25撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御林山。刈り払われていて向かいの笹尾根が見えるが平凡。
戸澤峯。眺望なし。
2021年05月09日 09:54撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸澤峯。眺望なし。
倉掛山手前の林道から鞍掛山。奥は大岳山。
2021年05月09日 10:12撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉掛山手前の林道から鞍掛山。奥は大岳山。
倉掛山。眺望なし。
2021年05月09日 10:18撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉掛山。眺望なし。
月夜見山。静かな山頂。
2021年05月09日 11:04撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月夜見山。静かな山頂。
八重桜が見事。
2021年05月09日 11:12撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八重桜が見事。
水窪山。
2021年05月09日 11:38撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水窪山。
ソーヤノ丸デッコ付近の眺望がこの日の最高潮。
2021年05月09日 12:15撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソーヤノ丸デッコ付近の眺望がこの日の最高潮。
惣岳山。眺望なし。
2021年05月09日 12:26撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惣岳山。眺望なし。
御前山からの景色も悪くないけど、曇ってきてしまった。
2021年05月09日 12:40撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山からの景色も悪くないけど、曇ってきてしまった。
御前山避難小屋の水場は水量十分。要煮沸ということだが…。
2021年05月09日 12:49撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山避難小屋の水場は水量十分。要煮沸ということだが…。
若緑山。眺望なし。
2021年05月09日 13:05撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若緑山。眺望なし。
モーテ山。眺望なし。山頂名の由来が気になる。
2021年05月09日 13:13撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モーテ山。眺望なし。山頂名の由来が気になる。
湯久保山。眺望なし。
2021年05月09日 13:30撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯久保山。眺望なし。
仏岩の頭。眺望なし。
2021年05月09日 13:44撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏岩の頭。眺望なし。
撮影機材:

感想/記録

GWの締めはまたしても奥多摩、カタクリの時季かもということで御前山を中心に歩いたことのないルートで多摩百山を回ることにした。せっかくだから浅間嶺あたりから周回しようかと思ったが、途中に倉掛山に寄り道するための時間短縮と浅間尾根までの登りを未踏ルートで行くのも悪くないという理由で今回は笹久保BSから一本松への尾根から取り付くことにした。

武蔵五日市から藤倉行のバスはガラガラで、笹久保BSで降りる人は他には誰もいない。取り付きでやや右往左往したが、沢沿いのワサビ田から右手の尾根に乗り、そこからは割と明瞭な尾根歩き。一部広い尾根もあったが、それなりに地形は見通せて迷うようなところはなかった。ただし、標高800m付近から900mあたりまではかなりの急登。まるで沢の詰めのごとき急斜面で樹木を手掛かりに登っていく。息が切らしてたどり着いた北に延びる尾根との合流地点で急斜面は一段落。ここがこの日の核心部であとは基本的になだらかな登山道が続く。時間がなければ割愛するつもりだった倉掛山も、時間の余裕がありそうだったので予定通りピストンできた。山頂の眺望はなかったが、手前の林道は開けていて周囲の山々がよく見えた。

御前山山頂付近は植生保護の柵があったものの、期待していたカタクリの姿は付近に見当たらず、これについては期待外れだったが、途中にあった八重桜は見事に満開だったので、これで良しとしよう。御前山からの下山に当たっては普通だったら巻くであろうモーテ山や仏岩の頭なども立ち寄ってみたが、ぱっとしない山頂ばかりでもう行くことはないだろう。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:149人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ