また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3335449 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 東北

太平山 (野田口→仁別口)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年07月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候小雨 のち 曇り
アクセス
利用交通機関
バス
■往路 (秋田に前泊)
バス 秋田駅西口7:10→野田7:48
※ 最寄りバス停は”野田”ではなく”登山口”でした。
■復路
バス クアドーム・ザ・ブーン前17:50→秋田駅西口18:25
夜行バス 秋田駅20:30→大宮駅5:39 (乗車率7割位)
経路を調べる(Google Transit)
GPS
09:28
距離
21.2 km
登り
1,473 m
下り
1,374 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間43分
休憩
45分
合計
9時間28分
S野田バス停07:5007:52登山口バス停08:57野田登山口09:39不動滝09:4110:01ウシバミ沢10:0510:37女人堂11:34剣岳11:46宝蔵岳11:4712:27太平山12:5713:27宝蔵岳15:13中岳15:1415:47前岳15:53女人堂16:0017:18クアドーム・ザ・ブーンG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆野田コース前半【沢】(野田登山口→尾根取付)
・沢歩き。不動滝あたりまでに4,5回渡河しました。
・最初は右岸に草刈りの跡があって進路分かりやすいのですが、やがて沢中を通るようになると、目印が少なめ(流された?)で、自分の才覚で渡河する感じに。
・直前までの降雨で水量多く、飛び石だけでは対応できず片足水に突っ込む羽目に。(せいぜい足首上程度の深さでしたが、靴に水入って😢)
・不動滝手前からは左岸を高巻き。(沢から離れて一安心) 最後にもう1度沢に下りて渡河し、川と川の合間から生じた尾根に取り付く。
・お花の類は見なかったです。

◆野田コース後半【尾根】(尾根取付→剣岳)
・前半が沢歩きで標高稼げぬ分、後半は登り一辺倒の急登続き。おまけに左右からヤブが進路上にかぶさってきて、ヤブ払いと急登のダブル攻撃で疲労倍増。(急登なので、前で邪魔する草が首の高さまで来てしまう) おまけに雨でヤブが濡れてて下半身はびしょ濡れ。アリや虫が服や手袋に侵入して何度か咬まれて涙目。
・進路は明瞭。ただ、女人堂(御手洗神社)の手前で左折すべき所を間違いかけました。
・剣岳付近 (山頂は不明瞭)で登りはひと段落。ただ一番ヤブが深く、ここだけは進路探しながらの藪漕ぎでした。(距離は短い。5〜10分)
・剣岳手前まで眺望はほぼ無し。また、花は見なかったです。

◆縦走コース (剣岳→中岳)
・尾根上ではなく、鶴ガ岳の北面を巻いていく道なので、アップダウンはないです。
・ただ、野田コースと同様に藪払いを強いられました。道幅が狭い(肩幅位)上に、路面が少し谷側に傾いてます。その上に草がかぶさって路面が見えにくく、踏み外さないよう神経使いました。
・進路は明瞭。

◆中岳→女人堂→クアドーム
・中岳より西は歩きやすい山道でした。
・仁別コースは、ヤマビルの巣窟という噂だったので、女人堂で忌避剤をたっぷりスプレーして臨みました。下山後、身動き取れなくなったのが一匹靴に張り付いてました。ということで、やっぱりいるようです。
過去天気図(気象庁) 2021年07月の天気図 [pdf]

写真

登山口バス停より北へ向かう
2021年07月11日 07:52撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口バス停より北へ向かう
1
バス停より5km, 1時間歩いて林道終点。ここから山道。
2021年07月11日 08:48撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停より5km, 1時間歩いて林道終点。ここから山道。
1
一応、鳥居のここが野田登山口かな?
2021年07月11日 08:57撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応、鳥居のここが野田登山口かな?
1
最初は沢歩き。
2021年07月11日 09:07撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は沢歩き。
1
さすが歴史ある道。こんなの沢のど真ん中に流されてる
2021年07月11日 09:30撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが歴史ある道。こんなの沢のど真ん中に流されてる
2
4,5回渡河を繰り返す。水量多くて、結局、左靴は水に浸かることに
2021年07月11日 09:32撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4,5回渡河を繰り返す。水量多くて、結局、左靴は水に浸かることに
1
不動の滝を見下ろす。落差4,5mくらいで大した滝ではないけれど、横に祠が祀られてる。この先、左側を高巻きする道に。
2021年07月11日 09:39撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動の滝を見下ろす。落差4,5mくらいで大した滝ではないけれど、横に祠が祀られてる。この先、左側を高巻きする道に。
1
最後に三叉路みたいな沢を渡って、ようやく沢を離れて尾根に取り付く。(ホッとした)
2021年07月11日 10:08撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に三叉路みたいな沢を渡って、ようやく沢を離れて尾根に取り付く。(ホッとした)
1
御手洗神社 (女人堂)
2021年07月11日 10:37撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御手洗神社 (女人堂)
1
笹薮が道に覆いかぶさり進みにくい
2021年07月11日 10:59撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹薮が道に覆いかぶさり進みにくい
1
右サイドに、今日初めて遠望が。あれが山頂かな?
2021年07月11日 11:03撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右サイドに、今日初めて遠望が。あれが山頂かな?
1
剣岳付近まで登り詰めると、上が開ける。
ただ、ヤブが濃くなる。
2021年07月11日 11:30撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣岳付近まで登り詰めると、上が開ける。
ただ、ヤブが濃くなる。
1
やっとまともな道に出た!(中岳からの縦走路に合流)
2021年07月11日 11:37撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとまともな道に出た!(中岳からの縦走路に合流)
1
足元に銀竜草のご家族。
2021年07月11日 11:53撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元に銀竜草のご家族。
1
一瞬青空。が、見上げてキツい (おまけにこれは山頂でなかった...)
2021年07月11日 11:53撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬青空。が、見上げてキツい (おまけにこれは山頂でなかった...)
1
鎖場の連続。疲れてるとこに結構こたえる
2021年07月11日 11:57撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場の連続。疲れてるとこに結構こたえる
1
稜線、トンボが乱舞。おかげでまとわりつく虫は少ない
2021年07月11日 13:11撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線、トンボが乱舞。おかげでまとわりつく虫は少ない
1
前方に山頂があるはずなんだが...
2021年07月11日 12:09撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に山頂があるはずなんだが...
1
白、黄のコンビの花 (同種ですよね?)と、
2021年07月11日 13:04撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白、黄のコンビの花 (同種ですよね?)と、
1
この花が道脇にたくさん咲いてました。ヒロハシラネガンピというらしい
2021年07月11日 12:16撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花が道脇にたくさん咲いてました。ヒロハシラネガンピというらしい
1
やっと着いた...
(パノラマ撮影のため、ちょっと歪んでます)
2021年07月11日 12:26撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと着いた...
(パノラマ撮影のため、ちょっと歪んでます)
3
神社と山頂小屋?
2021年07月11日 12:32撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社と山頂小屋?
2
雲多く、南東側がよく見えてこの程度。
2021年07月11日 12:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲多く、南東側がよく見えてこの程度。
1
来た道を舞い戻る。途中、南方面。割と下界は天気よい?
2021年07月11日 13:30撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を舞い戻る。途中、南方面。割と下界は天気よい?
1
分岐より中岳/前岳への縦走コースへ突入。
最初こそ、アップダウンなく、ヤブも野田コースより薄くマシと思ったが、
2021年07月11日 13:56撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐より中岳/前岳への縦走コースへ突入。
最初こそ、アップダウンなく、ヤブも野田コースより薄くマシと思ったが、
1
鶴ヶ岳の北面では、どっぷり藪漕ぎトラバース。
2021年07月11日 14:39撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶴ヶ岳の北面では、どっぷり藪漕ぎトラバース。
1
中岳。ここに至り、ようやく人心地着く。
2021年07月11日 15:13撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳。ここに至り、ようやく人心地着く。
1
中岳より。とことん眺望に恵まれないなー
2021年07月11日 15:12撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳より。とことん眺望に恵まれないなー
1
三角井戸。(飲めるかどうかは未確認)
2021年07月11日 15:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角井戸。(飲めるかどうかは未確認)
1
幽玄。(やっと山道を愛でる余裕が)
2021年07月11日 15:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幽玄。(やっと山道を愛でる余裕が)
1
前岳に到達。
2021年07月11日 15:47撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳に到達。
1
女人堂から、今日唯一の眺望らしい眺望。下界の街並みが見えてる。奥は海岸線?
2021年07月11日 15:58撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女人堂から、今日唯一の眺望らしい眺望。下界の街並みが見えてる。奥は海岸線?
1
最後は平らな道。ただ、この付近、ヤマビルが多いという噂なので、足を止めず急ぐ。(→正解だった)
2021年07月11日 16:47撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は平らな道。ただ、この付近、ヤマビルが多いという噂なので、足を止めず急ぐ。(→正解だった)
1
クアドームそばに下山。最終バスには間に合った。が、入浴する時間はなく、そのまま夜行バス→帰京するまでそのまま(涙
2021年07月11日 17:15撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クアドームそばに下山。最終バスには間に合った。が、入浴する時間はなく、そのまま夜行バス→帰京するまでそのまま(涙
1

感想/記録

・土曜に岩手の五葉山に登った後、秋田へ転戦。日帰りで太平山へ。

・旭又からのコースが一番穏当に登れるようでしたがバスがないので、否応なく、バスで行ける2つの登山口をつなぐ形で計画。行動時間が長く取れるように、始発バスが早く着く野田口から登り、最終バスが遅いクアドームに下ることにしました。

・が、これ、思ってたよりハードコースでした。登りの野田コースは、降雨直後で水量の多い沢をたどり、結局片足水にじゃぶん。げっそりしながら尾根に取りついたら、雨露だらけのヤブ漕ぎしながらの急登を強いられ、さらにアリやら虫やらに手や首筋を咬まれたりと、なかなかの苦行でした。下りの中岳縦走コースもアップダウンは穏やかなれど、登りに劣らぬヤブ漕ぎコース。皇海山のヤブ漕ぎが思い出されました。山頂含めて、眺望ほとんどずっとなかったし。この2コースはもうこりごりです…
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:392人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ