また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3369962 全員に公開 ハイキング 支笏・洞爺

イチャンコッペ山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年07月20日(火) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間29分
休憩
39分
合計
4時間8分
S幌美内展望台10:1110:16イチャンコッペ山登山口10:2211:59八合目12:20イチャンコッペ山12:5213:05八合目14:16イチャンコッペ山登山口14:1714:19幌美内展望台G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
いやー今日は、凄く時間が掛かった。風も全くなく、暑さでフラフラしながら、休みながら無理せずに登ったからでしょうが。でも、倒れなくて良かった。
コース状況/
危険箇所等
危険なところは、木がお日様を遮ってくれない場所。(直射日光の当たる場所)

装備

備考 凍らしておいたお茶のペットボトル(500ml)×2本

写真

駐車場は、ガラガラ。この時点で3台。
2021年07月20日 01:09撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は、ガラガラ。この時点で3台。
1合目は最初の急坂の半分くらいかな。
2021年07月20日 01:28撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1合目は最初の急坂の半分くらいかな。
2合目は最初の急坂登り切ったあたりかな。
2021年07月20日 01:45撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2合目は最初の急坂登り切ったあたりかな。
トラバースに移る頃には、偽ピークが見えてきます。
2021年07月20日 01:59撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースに移る頃には、偽ピークが見えてきます。
トラバース終了した所で3合目。ヘビさんの色と空の色が全く同じで同化してます。
2021年07月20日 02:00撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース終了した所で3合目。ヘビさんの色と空の色が全く同じで同化してます。
4合目は倒木に付いてました。この下をくぐって直進。
2021年07月20日 02:09撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4合目は倒木に付いてました。この下をくぐって直進。
5合目の看板は、登山道からやや逸れた場所にありましたが、分かりました。(でも、帰りは、この5合目の看板だけ見つけられず。)
2021年07月20日 02:20撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目の看板は、登山道からやや逸れた場所にありましたが、分かりました。(でも、帰りは、この5合目の看板だけ見つけられず。)
6合目の看板は凄い凝ってるよ。何と足と触覚が飛び出している3Dの看板でした。
2021年07月20日 02:26撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目の看板は凄い凝ってるよ。何と足と触覚が飛び出している3Dの看板でした。
エニーがこんにちは してます。
2021年07月20日 02:37撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エニーがこんにちは してます。
7合目の看板は、偽ピークに登りだして、左に直角に曲がる所にありました。
2021年07月20日 02:41撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7合目の看板は、偽ピークに登りだして、左に直角に曲がる所にありました。
偽ピーク上にて、8合目のうさちゃん看板がご愛敬。この笑顔を見た瞬間、登って来た辛さが吹っ飛びました。実はこの急登の最中、クラクラ、ふらふらし出して、吐き気をもよおしてしまいました。きっと熱中症寸前だったと思います。辛かった!
2021年07月20日 02:58撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
偽ピーク上にて、8合目のうさちゃん看板がご愛敬。この笑顔を見た瞬間、登って来た辛さが吹っ飛びました。実はこの急登の最中、クラクラ、ふらふらし出して、吐き気をもよおしてしまいました。きっと熱中症寸前だったと思います。辛かった!
うさちゃんは、樽前・風不死岳方面を向いて待ってます。そう真っ正面から登山者が顔出して来るのを出迎えてるんです。なかなか良い演出です。
2021年07月20日 02:58撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うさちゃんは、樽前・風不死岳方面を向いて待ってます。そう真っ正面から登山者が顔出して来るのを出迎えてるんです。なかなか良い演出です。
最後のひと登りを始める頃、9合目の看板がありました。
2021年07月20日 03:09撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のひと登りを始める頃、9合目の看板がありました。
何とか やっと、山頂に到着しました。暑かっった−!
2021年07月20日 03:20撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか やっと、山頂に到着しました。暑かっった−!
1
キツネとタヌキとお花。とっても楽しい看板を設置して下さった方。本当に有り難うございます。これでイチャンコッペ山は全国区に名乗りを上げるのかも!? 楽しい合目看板のある山と言うことで。いや、景色も最高の山です!
2021年07月20日 03:20撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キツネとタヌキとお花。とっても楽しい看板を設置して下さった方。本当に有り難うございます。これでイチャンコッペ山は全国区に名乗りを上げるのかも!? 楽しい合目看板のある山と言うことで。いや、景色も最高の山です!
オマケに木のベンチまでもがあるでは無いですか。
2021年07月20日 03:29撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オマケに木のベンチまでもがあるでは無いですか。
1
山頂には誰もいませんでしたので、勿論、木陰に置いてあるベンチを独り占めで使わせて頂きました。アリガタや〜。
ここで30分ほど食事と休憩でクールダウンしてから、下山開始しました。
2021年07月20日 03:29撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には誰もいませんでしたので、勿論、木陰に置いてあるベンチを独り占めで使わせて頂きました。アリガタや〜。
ここで30分ほど食事と休憩でクールダウンしてから、下山開始しました。
下山時、偽ピークから恵庭岳を見ると、頭の上に雲がかなり湧いて出てきてました。
2021年07月20日 04:06撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時、偽ピークから恵庭岳を見ると、頭の上に雲がかなり湧いて出てきてました。
ちょっとインパクトのあるタッチで撮影。
2021年07月20日 04:06撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとインパクトのあるタッチで撮影。
エニ−の上に黒雲が溜まって来て、それから少しして、ゴロゴロし出して来ました。急いで、下山して戻って来ました。
2021年07月20日 04:43撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エニ−の上に黒雲が溜まって来て、それから少しして、ゴロゴロし出して来ました。急いで、下山して戻って来ました。

感想/記録
by mu-san

下山時、最後の急斜面を下り始めると、雷のゴロゴロする音が聞こえだしたと思ったら、その鳴る頻度がどんどん増えてきて、あっという間にゴロゴロ大合唱状態になった。途中、下から登って来た若い3人さんに、8合目から先は高い木が生えてないので、雷には気をつけた方が良い旨伝えて下りてきたけど、どうやら戻った様で何よりだ。登山に無理は厳禁です。山はいつでも、そこに有ります!また挑戦して下さい。見られなかった看板を、どうぞ ここで見て下さいな。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:54人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ