また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3385931 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

市道山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年07月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
28分
合計
4時間28分
S醍醐川上流端05:1606:40市道山07:0007:23ウルシガヤノ頭07:2507:38独標734m08:24醍醐丸08:3008:40醍醐峠09:18ババアコロガシ09:32醍醐川上流端09:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ににく沢林道からの登山道は不明瞭
その他周辺情報特記なし
過去天気図(気象庁) 2021年07月の天気図 [pdf]

装備

備考 行動食を車に忘れて非常食で凌いだ

写真

醍醐林道入り口のゲートから出発。いつもなら自転車でスルリと抜けるとこ。早朝5時過ぎでは、気温もまだそれほど上がらず快適。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
醍醐林道入り口のゲートから出発。いつもなら自転車でスルリと抜けるとこ。早朝5時過ぎでは、気温もまだそれほど上がらず快適。
ゲートからすぐ、ににく沢林道が分岐。コンクリの新しい舗装路。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートからすぐ、ににく沢林道が分岐。コンクリの新しい舗装路。
10分ほどで地理院地図の歩道入り口。一見立派な歩道の様だが、この先すぐに路肩崩壊。帰宅して調べたら林道をもっと詰めたところから歩道に入るルートがあるらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほどで地理院地図の歩道入り口。一見立派な歩道の様だが、この先すぐに路肩崩壊。帰宅して調べたら林道をもっと詰めたところから歩道に入るルートがあるらしい。
崩壊を迂回して何とか前進。この後も、数カ所崩壊地をクリア。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊を迂回して何とか前進。この後も、数カ所崩壊地をクリア。
だんだん沢筋が細くなってくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん沢筋が細くなってくる。
沢の左手に赤テープを発見。それらしい踏み跡もあるのでシダをこぎわけて前進。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の左手に赤テープを発見。それらしい踏み跡もあるのでシダをこぎわけて前進。
上に向かう作業路を時々見失いながら、ひたすら上を目指す。気温も上がってきて汗だく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上に向かう作業路を時々見失いながら、ひたすら上を目指す。気温も上がってきて汗だく。
小一時間ほどで稜線のシルエットが現れ、もう一踏ん張り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小一時間ほどで稜線のシルエットが現れ、もう一踏ん張り。
尾根筋の登山道に到着。振り返ると登ってきたルートを示す赤テープあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋の登山道に到着。振り返ると登ってきたルートを示す赤テープあり。
市道山へ向かう登山道。杉並木?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市道山へ向かう登山道。杉並木?
山百合を発見。今回見つけた目立った花はこれだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山百合を発見。今回見つけた目立った花はこれだけ。
市道山と入山峠方面の分岐。鳥切はトッキリと読むらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市道山と入山峠方面の分岐。鳥切はトッキリと読むらしい。
市道山。五日市方面はガスで見えず。他は木に遮られ展望なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市道山。五日市方面はガスで見えず。他は木に遮られ展望なし。
醍醐丸に向かう途中のピーク。手作り看板あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
醍醐丸に向かう途中のピーク。手作り看板あり。
登山路は整備されており所々に立派な道標あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山路は整備されており所々に立派な道標あり。
醍醐丸北面のブナ林。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
醍醐丸北面のブナ林。
醍醐丸も人影なし。ここまで一人も登山者に会わなかったのは、朝早いせいか(まだ8時過ぎ)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
醍醐丸も人影なし。ここまで一人も登山者に会わなかったのは、朝早いせいか(まだ8時過ぎ)。
醍醐丸から醍醐林道に下るショートカットの入り口。ガードレールの残骸などが残っていて、昔の林道の跡のよう。しっかりした踏み跡もついているのでこれを下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
醍醐丸から醍醐林道に下るショートカットの入り口。ガードレールの残骸などが残っていて、昔の林道の跡のよう。しっかりした踏み跡もついているのでこれを下る。
林道はさらに先に続いているが、下に向かう踏み跡に沿って右に下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道はさらに先に続いているが、下に向かう踏み跡に沿って右に下る。
醍醐林道の工事箇所で合流。今日は休工のよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
醍醐林道の工事箇所で合流。今日は休工のよう。
林道のカーブミラーでセルフィーを一枚。
2021年07月24日 09:03撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道のカーブミラーでセルフィーを一枚。
いつもはヒイコラ言いながら自転車で登るを林道を歩く。途中でマウンテンバイクと登山者とすれ違った(本日出会ったのはこの二人だけ)。
2021年07月24日 09:11撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもはヒイコラ言いながら自転車で登るを林道を歩く。途中でマウンテンバイクと登山者とすれ違った(本日出会ったのはこの二人だけ)。
見上げると夏山の緑が眩しいが、舗装した林道を一時間下るのはシンドかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると夏山の緑が眩しいが、舗装した林道を一時間下るのはシンドかった。
撮影機材:

感想/記録
by Osmium

早朝のウチは涼しかったが直ぐに気温が上がり始めて汗ダクだった。次に来るのは秋か早春にしようと思う。アプローチには自転車がいいかも。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:112人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ