また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 339802 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

賀郎の大滝で燃え尽き 三ツドッケを巻く

日程 2013年08月31日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東日原駐車場利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

7:33東日原駐車場-10:08横篶窪10:27-11:23賀郎の大滝12:34-13:26モノレール-
14:25板形ノ頭14:40-14:58一杯水避難小屋(水汲みと休憩)15:17-16:54東日原駐車場
コース状況/
危険箇所等
・賀郎の大滝まで
序盤は巨樹コースを行くので問題ない。巨樹コースを離れてからは、崩壊地や崩土で埋まった所が数多く出現し気を使う。
特に横篶窪手前の崩壊地は本気でヤバイ。カロー谷に出てからは道も良くなる。しかし、分岐には道標が一切無いので、充分な下調べが必要。
・賀郎の大滝からハンギョウ尾根
引き続き確りした道だったが、標高1260m辺りの小さな平坦地で途切れてしまった。水平にトラバースする怪しい踏み跡を辿ったが、もしかするとそれは獣道で、別にちゃんとした道が在ったのかも知れない。ハンギョウ尾根に乗ってからはモノレールに沿って登るだけ。
過去天気図(気象庁) 2013年08月の天気図 [pdf]

写真

巨樹コースを行く。
2013年08月31日 21:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨樹コースを行く。
開いていたのでそのままにしたが、良かったんだろうか。
2013年08月31日 22:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開いていたのでそのままにしたが、良かったんだろうか。
三ツドッケへのサブルート分岐。
2013年08月31日 22:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツドッケへのサブルート分岐。
巨樹コースとはここでお分かれ。
2013年08月31日 22:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨樹コースとはここでお分かれ。
倒木が多い。
2013年08月31日 22:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木が多い。
崩土で道が埋まってる。これも多く見られた。
2013年08月31日 22:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩土で道が埋まってる。これも多く見られた。
折り返しの所でデカい倒木。無理矢理越えるか根元の所をよじ登る。
2013年08月31日 22:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折り返しの所でデカい倒木。無理矢理越えるか根元の所をよじ登る。
崩壊地は3〜4箇所在ったかな。
2013年08月31日 22:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地は3〜4箇所在ったかな。
大部分は良い道なんだけど…
2013年08月31日 22:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大部分は良い道なんだけど…
ハンギョウ尾根だと思う。眺望が得られたのはここだけ。
2013年08月31日 22:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハンギョウ尾根だと思う。眺望が得られたのはここだけ。
この崩壊地だけはヤバイ。下のやや渡り易い所へ回避して登り返した。
2013年08月31日 22:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この崩壊地だけはヤバイ。下のやや渡り易い所へ回避して登り返した。
カロー谷の道と合流。上段を下って来たが、こうして見ると道に見えないな。
2013年08月31日 22:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カロー谷の道と合流。上段を下って来たが、こうして見ると道に見えないな。
直ぐ先の横篶窪に橋が架かっている。上流に見える橋を通っても賀郎の大滝へ行けるらしい。
2013年08月31日 22:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐ先の横篶窪に橋が架かっている。上流に見える橋を通っても賀郎の大滝へ行けるらしい。
経木小屋跡。
2013年08月31日 22:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経木小屋跡。
この橋は渡らない。
2013年08月31日 22:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋は渡らない。
右岸へ移る。
2013年08月31日 22:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸へ移る。
再び左岸へ。
2013年08月31日 22:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び左岸へ。
長い九十九折れでガンガン標高を稼ぎ、その後賀郎の大滝までトラバースするイメージ。
2013年08月31日 22:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い九十九折れでガンガン標高を稼ぎ、その後賀郎の大滝までトラバースするイメージ。
丁字にぶつかる。右が横篶窪で分かれた道。左へ。
2013年08月31日 22:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丁字にぶつかる。右が横篶窪で分かれた道。左へ。
分岐が在った。左(水平道)へ。右は何処へ行くんだろうか。
2013年08月31日 22:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐が在った。左(水平道)へ。右は何処へ行くんだろうか。
橋を渡る。
2013年08月31日 22:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡る。
右上に白く見えるのが賀郎の大滝。滝壺までの50m位はピストン。
2013年08月31日 22:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右上に白く見えるのが賀郎の大滝。滝壺までの50m位はピストン。
水量はイマイチだった。
2013年08月31日 23:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量はイマイチだった。
2
風に乗って飛沫が飛んで来る。心地良い。
2013年08月31日 23:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風に乗って飛沫が飛んで来る。心地良い。
5
ハンギョウ尾根に向けて出発。
2013年08月31日 23:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハンギョウ尾根に向けて出発。
掛小屋。
2013年08月31日 23:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掛小屋。
ここにも分岐。右へ。
2013年08月31日 23:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも分岐。右へ。
モノレールに着いた。
2013年08月31日 23:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレールに着いた。
後はこれに沿って登るだけ。
2013年08月31日 23:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後はこれに沿って登るだけ。
1500mの標識地点でたまらず休憩。暑過ぎる!!
2013年09月01日 17:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1500mの標識地点でたまらず休憩。暑過ぎる!!
こんなのが3匹まとわり着いてきた。怖過ぎる!!
2013年09月01日 18:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなのが3匹まとわり着いてきた。怖過ぎる!!
2
やっと終点。板形ノ頭は目前。
2013年08月31日 23:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと終点。板形ノ頭は目前。
縦走路に出た。
2013年08月31日 23:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路に出た。
一応板形ノ頭を踏んどく。
2013年08月31日 23:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応板形ノ頭を踏んどく。
残りの水はこれだけ。一杯水が出てなかったら死ねる。
2013年08月31日 23:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残りの水はこれだけ。一杯水が出てなかったら死ねる。
1
三ツドッケに登る気力無し。
2013年08月31日 23:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツドッケに登る気力無し。
1
避難小屋を通過して
2013年08月31日 23:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋を通過して
一杯水へ。助かった! 勢い良く出てる。
2013年08月31日 23:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水へ。助かった! 勢い良く出てる。
3
避難小屋へ戻り、ベンチで休憩。
2013年08月31日 23:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋へ戻り、ベンチで休憩。
何の騒ぎだ?と、思ったら、枯れた木の目印だった。そのうち切り倒されるんだろう。
2013年08月31日 23:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の騒ぎだ?と、思ったら、枯れた木の目印だった。そのうち切り倒されるんだろう。
実は横篶山から下は歩いた事が無い。ここでやっと着いたと思ったら、まだ結構残ってた。まさに地獄。
2013年08月31日 23:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実は横篶山から下は歩いた事が無い。ここでやっと着いたと思ったら、まだ結構残ってた。まさに地獄。
集落が見えて来た。長かったー。
2013年08月31日 23:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集落が見えて来た。長かったー。
1

感想/記録

別の山を狙っていたのだが、天気予報が芳しくないので変更して奥多摩に向かった。目標を以前から一度行ってみたかった賀郎の大滝にし、ネットで拾った興味有る道と合わせて行ってみた。

一ヶ月振りの登山なんでやはり体が重い。しかもぶり返した猛暑で、奥多摩でも耐えられない暑さだ。賀郎の大滝へ着いた時には燃え尽きてしまい、なかなか先へ進む気になれなかった。昼食休憩を摂り、何とか気持ちを持ち直してハンギョウ尾根へ登った。尾根上は風が良く通り涼しかった。但し、それはあくまで休憩中の事。歩行中はそれこそ滝の様な汗が滴る暑さだった。

板形ノ頭へ着いたときには飲み水が残り僅か。もちろん、一杯水が在るんで気楽に飲んだ結果だけど、これで一杯水が出てなかったらどうしよう。三ツドッケは登る気力がなくてパス。ここ迄来て巻いたのは初めてだな。一杯水に着くと大学生っぽいグループが休憩してた。空きペットボトル2本にたっぷり詰め込み、避難小屋へ戻ってゆっくり休憩した。

ヨコスズ尾根のハイキングコースで下った。夕方に近付いても暑さは相変わらずで、むしろ標高が下がるに従い余計に暑く感じた。風が凪いでしまい、休憩してても暑い。駐車場へ着いた時には補充した水を殆んど飲み切ってた。

訪問者数:1381人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ