また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3417246 全員に公開 ハイキング 妙高・戸隠・雨飾

天狗原山[テングハラヤマ] … 高山植物と妙高三山、北信五岳、後立山連峰の眺め

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年08月06日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴/晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
妙高山麓の笹ヶ峰キャンプ場から林道妙高小谷線に入り、乙見峠を越えて4kmほど進むと右側に金山登山口の標識が現れ、そのすぐ先の左側に5台分ほどの駐車スペースがあります。
笹ヶ峰キャンプ場から先の林道妙高小谷線は未舗装路ではあるものの凹凸が少なく普通車でも走れます。また、キャンプ場から乙見峠までは11kmほどです。
公衆トイレは付近には無く、笹ヶ峰キャンプ場の広い駐車場にあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間19分
休憩
2時間11分
合計
8時間30分
S金山登山口06:4007:42水場07:5008:27・174108:2808:45<休憩>1,810m付近09:1009:55・194910:1010:31<休憩>1,960m付近10:4111:25<休憩>2,130m付近11:3511:57天狗原山12:2012:33<休憩>2,140m付近12:3812:52<休憩>2,050m付近12:5713:15<休憩>1,920m付近13:2013:30・194913:47<休憩>1,870m付近13:5214:09<休憩>1,720m付近14:1414:20<休憩>1,690m付近14:2314:34水場14:4515:10金山登山口15:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1,949mピークへの直下はザレ場の急斜面でロープが無いところもあり、慎重さが求められました。
登山ポストは見当たりませんでした。
過去天気図(気象庁) 2021年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 レジャーシート 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

林道妙高小谷線の金山登山口に到着。駐車スペースには既に5台が駐車していて満杯のため手前の路肩に駐車しました。
2021年08月06日 06:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道妙高小谷線の金山登山口に到着。駐車スペースには既に5台が駐車していて満杯のため手前の路肩に駐車しました。
1
6時40分、金山登山口から登山を開始。
2021年08月06日 06:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時40分、金山登山口から登山を開始。
1
登り始めは緩やかな登りでしたが、直ぐに急なジグザグ登りとなりました。
2021年08月06日 06:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めは緩やかな登りでしたが、直ぐに急なジグザグ登りとなりました。
1
登山道脇にエゾアジサイ(蝦夷紫陽花)が咲いていました。
2021年08月06日 06:49撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇にエゾアジサイ(蝦夷紫陽花)が咲いていました。
3
急な登りの中でエゾアジサイ(蝦夷紫陽花)が目につきます。
2021年08月06日 07:01撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な登りの中でエゾアジサイ(蝦夷紫陽花)が目につきます。
1
傾斜が緩くなって山腹登りから稜線登りに変わると、
2021年08月06日 07:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜が緩くなって山腹登りから稜線登りに変わると、
1
水場に着きました。
2021年08月06日 07:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場に着きました。
1
水場からはブナ林の緩やかな道が続き、
2021年08月06日 08:02撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場からはブナ林の緩やかな道が続き、
2
枝沢のような小沢を越えると、
2021年08月06日 08:05撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝沢のような小沢を越えると、
1
1,741mピークへの登りに掛かりました。
2021年08月06日 08:18撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,741mピークへの登りに掛かりました。
1
ホツツジ(穂躑躅)が沢山咲いていたので少しアップで。
2021年08月06日 08:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホツツジ(穂躑躅)が沢山咲いていたので少しアップで。
2
ホツツジ(穂躑躅)。
2021年08月06日 08:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホツツジ(穂躑躅)。
1
ヒメシャジン(姫沙参)が咲いています。
2021年08月06日 08:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメシャジン(姫沙参)が咲いています。
2
1,741mピークの南側は岩壁となっていて、常に下方から涼風が吹き上げてきていました。
2021年08月06日 08:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,741mピークの南側は岩壁となっていて、常に下方から涼風が吹き上げてきていました。
1
そこから南東方向に黒姫山〜乙妻山が見えています。高妻山は乙妻山の後方で見えません。
2021年08月06日 08:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこから南東方向に黒姫山〜乙妻山が見えています。高妻山は乙妻山の後方で見えません。
2
1,741mピークを過ぎ、
2021年08月06日 08:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,741mピークを過ぎ、
1
ロープのある急な道を登ると、
2021年08月06日 08:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープのある急な道を登ると、
1
道は沢の中に入りました。
2021年08月06日 08:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は沢の中に入りました。
1
沢の幅が狭くなって傾斜も増してきました。
2021年08月06日 08:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の幅が狭くなって傾斜も増してきました。
1
モミジカラマツ(紅葉唐松)が咲いています。
2021年08月06日 08:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ(紅葉唐松)が咲いています。
1
その後も標高1,820m付近まで沢の中を歩くことが続きました。
2021年08月06日 09:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後も標高1,820m付近まで沢の中を歩くことが続きました。
2
サンカヨウ(山荷葉)の実が生りかけています。
2021年08月06日 09:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウ(山荷葉)の実が生りかけています。
1
モミジカラマツ(紅葉唐松)。
2021年08月06日 09:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ(紅葉唐松)。
2
タケシマラン(竹縞蘭)の実がなっています。
2021年08月06日 09:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タケシマラン(竹縞蘭)の実がなっています。
3
タケシマラン(竹縞蘭)の実。
2021年08月06日 09:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タケシマラン(竹縞蘭)の実。
1
ミズバショウ(水芭蕉)の葉が出てきて、もっとずっと大きな葉が密集しているところもありました。
2021年08月06日 09:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミズバショウ(水芭蕉)の葉が出てきて、もっとずっと大きな葉が密集しているところもありました。
2
ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)が咲いています。
2021年08月06日 09:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)が咲いています。
1
ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)とモミジカラマツ(紅葉唐松)。
2021年08月06日 09:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)とモミジカラマツ(紅葉唐松)。
2
沢状の道から脱し稜線上の道となりました。
2021年08月06日 09:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢状の道から脱し稜線上の道となりました。
1
1,949mピークへの登りから後立山連峰の唐松岳〜白馬岳〜朝日岳が見えました。
2021年08月06日 09:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,949mピークへの登りから後立山連峰の唐松岳〜白馬岳〜朝日岳が見えました。
3
朝日岳(中央左)を少しアップで。
2021年08月06日 09:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳(中央左)を少しアップで。
1
白馬三山をアップで。
2021年08月06日 09:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山をアップで。
4
蓮華岳〜針ノ木岳〜鹿島槍ヶ岳も見えています。
2021年08月06日 09:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳〜針ノ木岳〜鹿島槍ヶ岳も見えています。
1
蓮華岳〜唐松岳をアップで。五竜岳は木の陰で見えません。蓮華岳手前の双耳峰は爺ヶ岳です。
2021年08月06日 09:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳〜唐松岳をアップで。五竜岳は木の陰で見えません。蓮華岳手前の双耳峰は爺ヶ岳です。
1
ヤマハハコ(山母子) が咲いています。
2021年08月06日 09:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ(山母子) が咲いています。
3
シナノナデシコ(信濃撫子)も咲いています。
2021年08月06日 09:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノナデシコ(信濃撫子)も咲いています。
2
ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)も。
2021年08月06日 09:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)も。
1
南方向に戸隠連峰の西岳が見えました。戸隠山は乙妻山の後方で見えません。
2021年08月06日 09:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方向に戸隠連峰の西岳が見えました。戸隠山は乙妻山の後方で見えません。
2
1,949mピークへの急な登りに入りました。
2021年08月06日 09:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,949mピークへの急な登りに入りました。
1
ミヤマコウゾリナ(深山剃刀菜)が咲いています。
2021年08月06日 09:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマコウゾリナ(深山剃刀菜)が咲いています。
1
ナンテンハギ(南天萩)も。
2021年08月06日 09:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナンテンハギ(南天萩)も。
2
ナンテンハギ(南天萩)。
2021年08月06日 09:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナンテンハギ(南天萩)。
1
クガイソウ(九蓋草)? ヤマルリトラノオ(山瑠璃虎の尾)?判別できませんでした。
2021年08月06日 09:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クガイソウ(九蓋草)? ヤマルリトラノオ(山瑠璃虎の尾)?判別できませんでした。
2
白いヤマホタルブクロ(山蛍袋)が咲いています。
2021年08月06日 09:49撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いヤマホタルブクロ(山蛍袋)が咲いています。
2
タカネナデシコ(高嶺撫子)も咲いています。
2021年08月06日 09:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ(高嶺撫子)も咲いています。
1
タカネナデシコ(高嶺撫子)。
2021年08月06日 09:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ(高嶺撫子)。
3
南東〜南方向に岩菅山〜西岳が見えました。
2021年08月06日 09:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東〜南方向に岩菅山〜西岳が見えました。
2
四阿山と浅間山をアップで。
2021年08月06日 09:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四阿山と浅間山をアップで。
2
ロープの無い1,949mピーク手前の急なザレ場が滑り易くて最も慎重さが必要でした。
2021年08月06日 09:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープの無い1,949mピーク手前の急なザレ場が滑り易くて最も慎重さが必要でした。
2
オニシモツケ(鬼下野)が咲いています。
2021年08月06日 09:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オニシモツケ(鬼下野)が咲いています。
2
1,949mピークに到着。
2021年08月06日 09:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,949mピークに到着。
1
1,949mピークからは緩やかな下りとなりました。
2021年08月06日 10:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,949mピークからは緩やかな下りとなりました。
1
天狗原山が見えるようになってきましたが、頂上は見えません。
2021年08月06日 10:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原山が見えるようになってきましたが、頂上は見えません。
1
オニアザミ(鬼薊)が咲いています。
2021年08月06日 10:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オニアザミ(鬼薊)が咲いています。
1
ミヤマコウゾリナ(深山剃刀菜)も。
2021年08月06日 10:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマコウゾリナ(深山剃刀菜)も。
1
キヌガサソウ(衣笠草)も。
2021年08月06日 11:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キヌガサソウ(衣笠草)も。
2
頂上から南方向に伸びる稜線が見えてきました。
2021年08月06日 11:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から南方向に伸びる稜線が見えてきました。
南方向に伸びる稜線に出ると東〜北東方向に妙高山(中央・右端間)、火打山(中央・左端間)が見えました。
2021年08月06日 11:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方向に伸びる稜線に出ると東〜北東方向に妙高山(中央・右端間)、火打山(中央・左端間)が見えました。
3
妙高山をアップで。
2021年08月06日 11:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高山をアップで。
1
火打山・影火打をアップで。
2021年08月06日 11:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火打山・影火打をアップで。
3
火打山の西側の焼山も見えています。
2021年08月06日 11:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火打山の西側の焼山も見えています。
3
焼山をアップで。
2021年08月06日 11:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山をアップで。
1
ピンボケとなってしまったハクサンフウロ(白山風露)。
2021年08月06日 11:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンボケとなってしまったハクサンフウロ(白山風露)。
4
天狗原山頂上が見えて来て、頂上までお花畑となりました。
2021年08月06日 11:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原山頂上が見えて来て、頂上までお花畑となりました。
2
コオニユリ(小鬼百合)が咲いています。葉が互生しているので見分けられました。
2021年08月06日 11:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コオニユリ(小鬼百合)が咲いています。葉が互生しているので見分けられました。
3
ゴゼンタチバナ(御前橘)も。
2021年08月06日 11:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ(御前橘)も。
3
ウサギギク(兎菊)も。
2021年08月06日 11:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギギク(兎菊)も。
3
稜線東側斜面のお花畑です。
2021年08月06日 11:49撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線東側斜面のお花畑です。
3
東南東〜南東方向に斑尾山〜黒姫山〜飯綱山が見え、眼下には乙見湖が見えました。
2021年08月06日 11:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東南東〜南東方向に斑尾山〜黒姫山〜飯綱山が見え、眼下には乙見湖が見えました。
2
黒姫山と乙見湖をアップで。
2021年08月06日 11:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒姫山と乙見湖をアップで。
2
頂上に向かって稜線の東側を進んで行くと、左側のお花畑の中に一見外人さんのように見える石仏がありました。
2021年08月06日 11:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に向かって稜線の東側を進んで行くと、左側のお花畑の中に一見外人さんのように見える石仏がありました。
2
頂上が近づいてきて、
2021年08月06日 11:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上が近づいてきて、
1
クルマユリ(車百合)が咲いていました。葉が輪生しているので見分けられました。
2021年08月06日 11:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマユリ(車百合)が咲いていました。葉が輪生しているので見分けられました。
3
11時57分、5時間以上も掛かって天狗原山頂上に到着。三角点は見当たりませんでした。
2021年08月06日 11:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時57分、5時間以上も掛かって天狗原山頂上に到着。三角点は見当たりませんでした。
2
頂上からの焼山(中央・右端間)と金山(中央・左端間)です。
2021年08月06日 11:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からの焼山(中央・右端間)と金山(中央・左端間)です。
1
戸隠連峰の本院岳、西岳1峰〜3峰をアップで。
2021年08月06日 12:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸隠連峰の本院岳、西岳1峰〜3峰をアップで。
2
高妻山が見えるようになったので高妻山(左のピーク)、乙妻山(右隣のピーク)をアップで。
2021年08月06日 12:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高妻山が見えるようになったので高妻山(左のピーク)、乙妻山(右隣のピーク)をアップで。
1
頂上標識の脇で記念にセルフで。
2021年08月06日 12:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上標識の脇で記念にセルフで。
4
ヨツバシオガマ(四葉塩竃)が咲いています。
2021年08月06日 12:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ(四葉塩竃)が咲いています。
1
ヨツバシオガマ(四葉塩竃)。
2021年08月06日 12:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ(四葉塩竃)。
1
南東〜南方向に高妻山や西岳、1峰〜3峰を見ながら天狗原山頂上直下のお花畑を下ります。
2021年08月06日 12:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東〜南方向に高妻山や西岳、1峰〜3峰を見ながら天狗原山頂上直下のお花畑を下ります。
1
南西方向には槍ヶ岳〜鹿島槍ヶ岳〜白馬岳〜雪倉岳が見えました。
2021年08月06日 12:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西方向には槍ヶ岳〜鹿島槍ヶ岳〜白馬岳〜雪倉岳が見えました。
2
蓮華岳〜白馬岳をアップで。
2021年08月06日 12:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳〜白馬岳をアップで。
2
お花畑を少しアップで。
2021年08月06日 12:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑を少しアップで。
2
下山途中の樹間から西北西方向に雨飾山が見えました。
2021年08月06日 12:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中の樹間から西北西方向に雨飾山が見えました。
1
1,741mピークを下った南側岩壁の1,690m付近は涼風が吹き続けているのでまたまた休憩しました。
2021年08月06日 14:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,741mピークを下った南側岩壁の1,690m付近は涼風が吹き続けているのでまたまた休憩しました。
1
登山口が見えてきて、
2021年08月06日 15:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口が見えてきて、
1
15時10分に下山しました。
2021年08月06日 15:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15時10分に下山しました。
2
撮影機材:

感想/記録

かって妙高山や火打山からなだらかな山容の金山、天狗原山を眺め、妙高山から雨飾山までの縦走も考えたことのあった植物の宝庫である金山、天狗原山に登ってそこからの妙高三山を眺めてみることにしました。

小谷経由だと遠回りのため妙高山麓の笹ヶ峰から林道妙高小谷線を通って乙見峠の先の金山登山口に向かいましたが、笹ヶ峰キャンプ場から先は殆どが未舗装で路面の凹凸は少ないものの予想以上に長く感じて時間が掛かりました。
登山口の駐車スペースに着くとスペースには既に5台が駐車していて停められず、手前の路肩に駐車して6時40分より登山を開始しました。

計画作成段階で1時間のミスをしてしまったこと、及び連日の猛暑で冷たいものを飲み過ぎて体調が思わしくなかったため、登山開始時点より金山は諦めて天狗原山までの往復に決めました。

登り始めると歩き易くはあるものの予想以上の急登で、水場の手前から緩やかな道となり、1,741mピークを越えて沢の中の道を登っている時に体調が悪くなり1,810m付近で大休憩をとりました。
治まらなければ下山することにしましたが、幸いにも回復したので登山を続けましたが、今度は暑さでバテ気味になりました。
しかし、色々な植物や周辺の山々・北アルプス等の眺望の良さに励まされ天狗原山頂上に辿り着くことができました。

頂上までのお花畑や周囲の山々の眺望、そして天狗原山側からの妙高三山の眺め等々、素晴らしい山行となりました。
頂上に着いた時点で金山まで行こうかとも思いましたが、金山頂上に日影は無いようで、天狗原山頂上も日影が全く無くて暑く、三角点を見つけられなかったこともあって天狗原山から下山にかかりました。

午後の日差しは強くて暑さでバテバテとなり、時折吹いてくる涼風を浴びる度に歩く気がしなくなって休憩しました。
そのため登山口まで7回も休憩することになってしまいましたが、1,741mピークを越えた岩壁の脇は常に涼風が吹いていて助かりました。

体調は良く有りませんでしたが植物の豊富さと眺望の良さ、その割には登山者が少なくて静かな山という点で天狗原山は良い山でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:174人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ