また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3433117 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

六甲山・油コブシから有馬(トレーニング登山)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年08月11日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候薄曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
炭屋道の分岐点から六甲有馬ロープウェイ有馬温泉駅への登山道。一時は通行可になっていたが、今日訪れると来年の3月末日まで通行止め。
過去天気図(気象庁) 2021年08月の天気図 [pdf]

写真

油コブシ方面への登山口。
2021年08月11日 09:00撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
油コブシ方面への登山口。
灘の浜からポートアイランド方面。
2021年08月11日 09:01撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灘の浜からポートアイランド方面。
今回であった花。フサフジウツギ。
2021年08月11日 09:13撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回であった花。フサフジウツギ。
1
渦森台方面(高羽道)と油コブシ方面の分岐。
2021年08月11日 09:23撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渦森台方面(高羽道)と油コブシ方面の分岐。
油コブシの展望台(625.5m)。
2021年08月11日 09:48撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
油コブシの展望台(625.5m)。
油コブシ・ゆるい道ときつい道の合流点。
2021年08月11日 09:54撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
油コブシ・ゆるい道ときつい道の合流点。
油コブシからの登山道とケーブル山上駅への車道の合流点。ここからしばらく車道を歩く。
2021年08月11日 10:14撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
油コブシからの登山道とケーブル山上駅への車道の合流点。ここからしばらく車道を歩く。
ガーデンテラスから見た六甲アイランド方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガーデンテラスから見た六甲アイランド方面。
いつもの山メシはおにぎりかカップ麺。今日はガーデンテラスでジンギスカン丼。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの山メシはおにぎりかカップ麺。今日はガーデンテラスでジンギスカン丼。
1
白石谷出合の河原にもフサフジウツギ。
2021年08月11日 12:36撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石谷出合の河原にもフサフジウツギ。
炭屋道の分岐点から六甲有馬ロープウェイ有馬温泉駅への登山道。一時は通行可になっていたが、今日訪れると来年の3月末日まで通行止め。
2021年08月11日 12:52撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炭屋道の分岐点から六甲有馬ロープウェイ有馬温泉駅への登山道。一時は通行可になっていたが、今日訪れると来年の3月末日まで通行止め。

感想/記録

コロナ感染爆発で、「県を跨いでの移動」の自粛が出されたため遠出はできず、近場でトレーニング登山。
 JR六甲道駅界隈は100%クマゼミ。六甲ケーブル下の登山道当たりでミンミンゼミと気の早いツクツクボウシ。油コブシ展望台あたりではアブラゼミとミンミンゼミ。ガーデンテラスあたりではエゾゼミ。紅葉谷を有馬方面に下っていくと、谷あいで薄暗いせいもあってヒグラシ。炭屋道分岐当たりではニイニイゼミとアブラゼミ。有馬温泉はちょっと覚えていない。
 神戸の市街地では午前中ほぼ100%クマゼミ。午後に少しアブラゼミが鳴いている程度。今回はクマゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、アブラゼミ、エゾゼミ、ヒグラシ、ニイニイゼミとセミの多様性に気づいた山行きであった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:113人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ