ヤマレコ

ツクツクボウシ(つくつくぼうし) / つくつく法師、寒蝉

最終更新:2015-10-11 07:28 - gutenmrgen
基本情報
晩夏から初秋に発生するセミであり、警戒心が強く動作も素早いため捕獲が難しい。
以下の特徴的な鳴き声をもつ。
「ジー…ツクツクツク…ボーシ!ツクツクボーシ!」と始まり、以後「ツクツクボーシ!」を十数回ほど繰り返しながらだんだん速度が早くなる。次に「ツクツウイヨース!」を数回、最後に「ジー…」と鳴き終わる。

関連する写真リスト

細めの道です。 帰りにこの付近で遠くからツクツクボウシの鳴き声が聞こえました。11月に、驚きです。
湖より周りの景色がすばらしかった。なんとこの近くでツクツクボウシが鳴いていました!
ツクツクボウシが摑まったようです
ツクツクボウシが良く鳴いてました。もう夏も終わりなんかな〜
でももう一度登って休憩。 ツクツクボウシがまだ鳴いてた。 雰囲気に浸っていつまでもここに居たかったが、 帰途に就く。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ツクツクボウシ(つくつく法師、寒?、Meimuna opalifera )はカメムシ目(半翅目)・ヨコバイ亜目(同翅亜目)・セミ科に分類されるセミの一種。晩夏から初秋に発生するセミで、特徴的な鳴き声をもつ。ツクツクホーシオーシンツクと呼ばれることもある。

「ツクツクボウシ」 に関連する記録(最新3件)

房総・三浦
  40    15  4 
2017年09月18日(日帰り)
近畿
  37    8 
2017年09月18日(日帰り)
四国
  5    7 
2017年09月12日(日帰り)
ページの先頭へ