また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

ナキウサギ(なきうさぎ)

最終更新:2014-10-20 16:28 - tomoe
基本情報
アジア・北アメリカおよび東ヨーロッパの一部の、寒冷な気候の土地に分布する。
多くの種は、隠れ家となる割れ目の多く見られる山地の岩場に棲息する

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ナキウサギ(鳴兎、鳴兔、啼兎、啼兔、英:, )は、ウサギ目(重歯目)ナキウサギ科 に分類される動物の総称。現生するものは1科1属で、同科には ナキウサギ属 のみが属する。長らく14種とされてきたが、その後の研究により、30種まで増えている。総じて耳介は小さく、一見ハムスターのような姿だが、(狭義の)ウサギ類の近縁種である。その名のとおり、高い警戒音でよく鳴く。
属名の は、モンゴル語の または に由来する。また、英名の はツングース語の に由来するため、本来は(ピカ)と読むのが正しいが、そのスペリングから (パイカ)と読まれることが多い。
日本には、北海道にキタナキウサギ (, ) の亜種、エゾナキウサギ が棲息する。

「ナキウサギ」 に関連する記録(最新3件)

大雪山
  22    23 
2022年05月13日(日帰り)
日高山脈
  43    52  2 
2022年05月09日(日帰り)
大雪山
  25    35 
2022年05月09日(日帰り)
ページの先頭へ