また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

スミナガシ(すみながし)

最終更新:2019-08-18 12:46 - gutenmrgen
基本情報
タテハチョウ科のチョウの一種。
黒地に青緑色を帯びた模様の翅が特徴。

関連する写真リスト

ボロボロのスミナガシ
今日はスミナガシdayでした
スミナガシに出会う 何か吸ってます。
スミナガシの舌って真っ赤なんですね。^^;)
沢を出て上の登山道ではスミナガシがいっぱい飛んでた

山の解説 - [出典:Wikipedia]

スミナガシ(墨流、 Dichorragia nesimachus) は、チョウ目(鱗翅目)・タテハチョウ科に分類されるチョウの一種。日本からヒマラヤまでを含む東南アジアに分布する森林性のチョウで、成虫の翅は黒地に青緑色を帯びた独特の模様をしている。

「スミナガシ」 に関連する記録(最新3件)

日光・那須・筑波
  126   25 
2021年06月09日(日帰り)
奥多摩・高尾
  56     61 
2021年05月29日(2日間)
霊仙・伊吹・藤原
  47    37 
2021年05月14日(日帰り)
ページの先頭へ