ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > クロアゲハ

クロアゲハ(くろあげは)

最終更新:2015-10-11 07:09 - gutenmrgen
基本情報
アゲハチョウ科に分類されるチョウの一種

比較的大型のチョウで翅は表裏とも黒色。4月から8月ごろまで年に2-4回発生する。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

クロアゲハ(黒揚羽、学名Papilio protenor)は、チョウ目・アゲハチョウ科に分類されるチョウの一種。
成虫の前翅長は45-70mmほどである。翅の表裏とも黒色で、裏面には後翅外縁に赤斑が並び、日本産のものには尾状突起がある。オスには後翅前縁に白い帯が見られる。この白い帯は時間と共に黄味をおびる。春型は夏型よりも小形で、赤斑が発達し、色もより濃い黒色をしている。4月から8月ごろまで年に2-4回発生する。ジャコウアゲハやオナガアゲハ、カラスアゲハなどと比べて尾状突起が短い。幼虫はナミアゲハと似ているが、やや茶色味が強い。
台湾、中国からヒマラヤにかけて広く分布し、日本においては、ssp.demetriusが本州以南の都市近郊や山地に生息している。
幼虫の食草は、カラタチ、ユズ、サンショウ、ミヤマシキミなどの柑橘類の葉である。

「クロアゲハ」 に関連する記録(最新3件)

東海
  18    16 
2017年05月23日(日帰り)
金剛山・岩湧山
  46    27 
2017年05月21日(日帰り)
東海
  56    20  4 
ken222, その他2人
2017年05月21日(日帰り)
ページの先頭へ