ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > イソヒヨドリ

イソヒヨドリ(いそひよどり) / 磯鵯

最終更新:2016-03-11 14:48 - 12tarobats
基本情報
スズメ目ツグミ科 23cmn
日本では磯や港など海岸周辺に生息。甲殻類・昆虫類・トカゲ等いろいろな小動物を捕食する。

関連する写真リスト

イソヒヨドリ
イソヒヨドリ
イソヒヨドリ
イソヒヨドリ
イソヒヨドリ

山の解説 - [出典:Wikipedia]

イソヒヨドリ(磯鵯) Monticola solitarius は、スズメ目、ツグミ科に分類される鳥の一種。アフリカとユーラシア大陸に広く分布する鳥で、和名どおり海岸や岩山などで多く見られる。磯や岩場に多く生息していて、ヒヨドリに似ていることからこの和名がついているが、分類上はヒヨドリ科ではなくツグミ科でまったく別の鳥である。

「イソヒヨドリ」 に関連する記録(最新3件)

奥多摩・高尾
  50    10 
2017年05月28日(日帰り)
葛城高原・二上山
  74    13 
nimuchan, その他1人
2017年05月08日(日帰り)
屋久島
  47     26  2 
2017年05月06日(日帰り)
ページの先頭へ