また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3493821 全員に公開 ハイキング 中国山地東部

最後の最後にモヤモヤ泉山(中国百遠征その2)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年09月06日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
バイクを大神宮原登山口駐車場に駐輪
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間17分
休憩
13分
合計
3時間30分
Sスタート地点10:5811:12泉山大神宮原登山口11:1312:17中央峰12:2112:34泉山12:4113:30泉山笠菅峠登山口13:3113:39笠菅峠14:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備されている。
大神宮原登山道、笠菅峠登山道いずれも尾根直登で急登箇所あり。
その他周辺情報ふもとに道の駅奥津温泉と奥津温泉郷。
9/6現在岡山県の緊急事態宣言を受けほとんど休業中か時短営業。

写真

駐車場。広い。先客一台。まずは林道泉山線(舗装路)を登ります。
2021年09月06日 10:53撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場。広い。先客一台。まずは林道泉山線(舗装路)を登ります。
10
ナツアカネ。胸や鼻先まで赤くなる赤とんぼは意外と少ない。アキアカネも腹部だけ。
2021年09月06日 11:10撮影 by NIKON D500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナツアカネ。胸や鼻先まで赤くなる赤とんぼは意外と少ない。アキアカネも腹部だけ。
24
ようやく登山口。
2021年09月06日 11:12撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく登山口。
8
ひたすら直登! 花もなく鳥の声はソウシチョウくらい。黙々と登る。トレーニングにはいいね
2021年09月06日 11:23撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら直登! 花もなく鳥の声はソウシチョウくらい。黙々と登る。トレーニングにはいいね
11
最後はロープ場になってる急登
2021年09月06日 12:05撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はロープ場になってる急登
12
ヒーコラ登って中央峰。泉山の右手には氷ノ山、那岐山かな
2021年09月06日 12:13撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒーコラ登って中央峰。泉山の右手には氷ノ山、那岐山かな
27
津山市街のはるか向こうにでかい山。剣山かな?
2021年09月06日 12:17撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
津山市街のはるか向こうにでかい山。剣山かな?
18
稜線上にはカワラナデシコがたくさん残ってました
2021年09月06日 12:26撮影 by NIKON D500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上にはカワラナデシコがたくさん残ってました
26
気持ちいい風が吹き抜ける泉山山頂。心地よい疲れ
2021年09月06日 12:37撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちいい風が吹き抜ける泉山山頂。心地よい疲れ
24
大山方面のはずなんだけど今日はお隠れになっているようです
2021年09月06日 12:40撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山方面のはずなんだけど今日はお隠れになっているようです
8
ミヤマサナエ登場。すぐに飛んでった
2021年09月06日 12:50撮影 by NIKON D500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマサナエ登場。すぐに飛んでった
12
生「泉山」どーん! 振り返らずに見るために大神宮原登山道を選んだのです
2021年09月06日 12:56撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生「泉山」どーん! 振り返らずに見るために大神宮原登山道を選んだのです
33
笠菅峠登山道、広い!
2021年09月06日 13:04撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠菅峠登山道、広い!
9
こちらも尾根直登の登りっぱなし。最後は階段
2021年09月06日 13:29撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも尾根直登の登りっぱなし。最後は階段
9
登山口には杖あり
2021年09月06日 13:31撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口には杖あり
7
笠菅峠登山口駐車場。大神宮原よりは狭い
2021年09月06日 13:38撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠菅峠登山口駐車場。大神宮原よりは狭い
6
ヒカゲノカズラの胞子嚢、初めて見ました。ついでにいままでコケ類だと思ってましたがシダ植物だったんですね
2021年09月06日 13:54撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒカゲノカズラの胞子嚢、初めて見ました。ついでにいままでコケ類だと思ってましたがシダ植物だったんですね
12
林道から泉山を見上げる。右から三つ目のピークが反射板なんで、泉山は一番右の大きいピークか
2021年09月06日 14:01撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から泉山を見上げる。右から三つ目のピークが反射板なんで、泉山は一番右の大きいピークか
16
ウラギンシジミ
2021年09月06日 14:08撮影 by NIKON D500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラギンシジミ
21
茂みから子猫たちが飛び出してきた! ズボンを這い上がってきたりザックに登ったりしてさかんにおねだり。食べ物は行動食の干し芋だけ、飲み物は水だけ。走って逃げるが随分追いかけてきた。一匹だけなら麓に降ろしてやることもできたけど五匹はどうにもならん。すまんのう
2021年09月06日 14:08撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂みから子猫たちが飛び出してきた! ズボンを這い上がってきたりザックに登ったりしてさかんにおねだり。食べ物は行動食の干し芋だけ、飲み物は水だけ。走って逃げるが随分追いかけてきた。一匹だけなら麓に降ろしてやることもできたけど五匹はどうにもならん。すまんのう
29
最後の最後にもやもやが残ったけどとりあえずゲザーン!
2021年09月06日 14:36撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の最後にもやもやが残ったけどとりあえずゲザーン!
21
道の駅は時短営業なので飲み物だけ飲んですぐに帰宅
2021年09月06日 14:56撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅は時短営業なので飲み物だけ飲んですぐに帰宅
17

感想/記録

遠征でないと登れない東中国山地の中国百名山その2は三ヶ上からすぐ南の泉山。
朝降った雨もすっかり乾いて強い日差しが照り付けますが、林内は涼しく、稜線上も風が吹いていい塩梅。

がっつり直登の想像よりハードな登山道でしたが、思ったよりは足が残ってて人並みには登れました。
各ピークからの眺望は最高。大山は見えませんでしたが、遠く四国山地も望めて朝雨が降ったのが信じられないほど。

「泉山」の刈込も楽しんでルンルンで車道を下っていると茂みから子猫たちが飛び出してきて鳴きながらまとわりついてくる。
野良猫には餌をやらない派ですが、なんか捨てられたっぽい雰囲気。不憫に思うがどうすることもできず逃げるように下山。100mくらい追いかけてきた子もおり、やはり野良猫の子というわけではなさそう。

岡山県動物愛護センターに問い合わせてみたが、自分の足で歩ける年齢の猫は保護の対象外とのこと。捨て猫の物証(段ボール箱とか)があれば犯罪として警察も動いてくれるそうだが、残念ながらそういうものは見なかった気がする。

最後の最後になんともやりきれない気分になった遠征でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:389人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/25
投稿数: 7603
2021/9/7 20:42
こんばんは もみじさん

欲張りですねー
一日に二つも登るなんて
前日も歩かれているのに

体力、気力がないとできません 参った
登録日: 2017/9/27
投稿数: 1854
2021/9/8 10:18
olddreamerさんおはようございます。
こちらにもありがとうございます。

東中国山地の山々は往復400〜500kmなのでどっちかというと行き帰りが仕事です
一応累積標高の合計を計算して日帰り縦走で収まるように山を選んでますが、やっぱり登り直しはしんどいですね
登録日: 2017/12/15
投稿数: 1653
2021/9/8 19:21
momijiさん、こんばん和😁
遅コメですが、最後の子猫ちゃん達に色々手を尽くされたシーンに感心しました😊

5匹は大変ですが、似たような場面で呉の愛護センターに問い合わせたコトあります。
飼い主が見つからない場合は人間用語で安楽○・・・との返答を覚えてます。
まるで牢屋の犯罪者みたいな現実に何とも言えないモヤモヤが残ってます。
あの時は明日の見えぬ野良生活の方がマシかもと思いましたが・・・。

面倒をみてやるとも言えないのですが、雨ニモマケズ・・・のように心配だけでもしてあげたい。。と思います。
momijiさん、やさしいですね😇

追:愛護センターのスタッフさんらが誰より仔猫ちゃん達を愛されてるコトも感じました。。
登録日: 2017/9/27
投稿数: 1854
2021/9/8 22:29
えんなさんこんばん和。
コメントありがとうございます。

子猫とかの鳴き声は保護欲を掻き立てるとどこかで聞いたことがありますが本当ですね。
しかも×5

たとえ保護されても飼い主が見つからなければ、そうなる運命なのですね
5匹のうちかなり活発な2,3匹は里親が見つかりそうですが・・・それなら自然の生存競争に任せた方がいいのでしょうか。
保護センターなどには直の持ち込みも多いでしょうから苦悩はより大きそうですね。好きでないとできない仕事でしょうし。

一番悪いのは無責任な飼い主とか避妊も受けさせずに野良猫に餌をやる人たちなのですが、こっちが悪いことをしてる気分になるのが困りものです
登録日: 2011/10/30
投稿数: 2621
2021/9/10 20:17
ようこそ、ここ、春にはお花いっぱいなんですよ(*^^*)
登録日: 2017/9/27
投稿数: 1854
2021/9/11 11:41
あおいとりさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

そうそう、サラサドウダンの木は確認したのですが、他にもいっぱい咲くんですね。
全ての山をベストな季節に登れれば最高なんですが、そういうときのヤマレコ
皆様の写真で楽しむことにします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ