また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3535195 全員に公開 ハイキング 伊豆・愛鷹

愛鷹山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年09月20日(月) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
裾野市須山大沢 山神社駐車場 6時ちょうどに到着した時点では私が3台目でした
お昼に下山時は駐車場が溢れ、路駐も10台ほど・・・
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
14分
合計
4時間54分
S愛鷹山荘06:4306:50富士見峠07:01黒岳展望広場07:06黒岳07:0907:15黒岳展望広場07:24富士見峠07:50鋸岳展望台07:5108:21富士見台08:56愛鷹山09:0109:35高場所尾根への分岐09:3609:52呼子岳10:03割石峠10:0411:09大沢橋11:1211:14割石峠・前岳分岐(東沢)11:37須山愛鷹登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログスタートを忘れてました・・・神社駐車場スタート6:15です
コース状況/
危険箇所等
 当初、鋸岳〜位牌岳もルートに入れておりましたが、ヤマケイオンライン上で同ルートに×が付いていることに気づき、ヤマレコ・オンライン・ヤマップの情報を見てソロでの事故のリスクより、割石峠からの下山を選択しました。
 但し、割石峠からの大沢沿いの下り道も特に上部は土砂崩れが激しく、沢沿いの涼やかな登山道に戻るまでは数年はかかるだろうなと想像しました。下ることはできますが、1000Mくらいから上は沢も土砂に埋もれて楽しめませんでした。1000Mくらいから下流方向は比較的影響は「出合」の砂防ダム崩壊個所以外落ち着いています。
その他周辺情報コンビニは高速インター近辺でなるべく早く入る方が良いです。近場には須山集落までありません。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

富士見峠の手前に「山荘・避難小屋・無人・無料」とありました。通過時どなたかいらしゃいました。中はきれいなのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見峠の手前に「山荘・避難小屋・無人・無料」とありました。通過時どなたかいらしゃいました。中はきれいなのかな?
1
快晴で林が美しいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴で林が美しいです
1
富士見峠、右に黒岳。眺望が良いとの情報があったのでピストンで寄りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見峠、右に黒岳。眺望が良いとの情報があったのでピストンで寄りました。
1
右の裾野は自衛隊の演習場が広がってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の裾野は自衛隊の演習場が広がってます
2
富士見峠から黒岳への尾根は立派な杉の巨木が並んでいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見峠から黒岳への尾根は立派な杉の巨木が並んでいます
1
鋸岳展望台 この先が崩壊個所です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳展望台 この先が崩壊個所です
1
鋸岳遠望
これだけでは厳しさは正直わかりませんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳遠望
これだけでは厳しさは正直わかりませんでした
2
この体裁の道標がずっとあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この体裁の道標がずっとあります
1
富士見台から呼子岳の間の尾根は苔がたくさん繁殖していてきれいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台から呼子岳の間の尾根は苔がたくさん繁殖していてきれいです
1
富士見台からの富士山は昭和13年の紙幣の図案だとか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台からの富士山は昭和13年の紙幣の図案だとか
1
美しいです
越前岳から先に進むと富士山は小さくしか見えなくなるので、見納めです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しいです
越前岳から先に進むと富士山は小さくしか見えなくなるので、見納めです
3
越前岳到着
想像以上にステキな鳥瞰が広がってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越前岳到着
想像以上にステキな鳥瞰が広がってました
1
振り返ると隠れがちながらも最後の富士が小さく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると隠れがちながらも最後の富士が小さく
1
西は南アルプス
冠雪しないとよくわかりません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西は南アルプス
冠雪しないとよくわかりません
1
富士宮・富士の町
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮・富士の町
1
三保の松原・清水の町・静岡市内・浜岡に続く海岸が肉眼でも判別できました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三保の松原・清水の町・静岡市内・浜岡に続く海岸が肉眼でも判別できました
2
左には沼津の原と駿河トラフを挟んで西伊豆も
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左には沼津の原と駿河トラフを挟んで西伊豆も
2
尾根なのに1か所大きなヌタ場
猪だか鹿の足跡も残ってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根なのに1か所大きなヌタ場
猪だか鹿の足跡も残ってました
1
呼子峠、この先5歩で
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
呼子峠、この先5歩で
1
行き止まり(鋸岳へのルートではない?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行き止まり(鋸岳へのルートではない?)
1
割石峠から西の方向はこんな狭隘な谷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割石峠から西の方向はこんな狭隘な谷
1
南に蓬莱山(鋸岳〜位牌岳方面の通行禁止区間へ)
東に登山口駐車場へ通じる大沢ルート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南に蓬莱山(鋸岳〜位牌岳方面の通行禁止区間へ)
東に登山口駐車場へ通じる大沢ルート
1
いきなり土砂崩れで谷が死んでます・・・
標高1,000Mほどまで「沢」がほぼ無く、痛々しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり土砂崩れで谷が死んでます・・・
標高1,000Mほどまで「沢」がほぼ無く、痛々しい
1
1時間ほど下ると突然に
「大杉」が1本だけ広葉樹の林の中に立ってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間ほど下ると突然に
「大杉」が1本だけ広葉樹の林の中に立ってます
1
枝ぶりが力強い・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝ぶりが力強い・・・
1
昔の村はここで薪などを取っていたのでしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔の村はここで薪などを取っていたのでしょうか
1
水も澄んできれいな沢で小休止
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水も澄んできれいな沢で小休止
1
右手の沢が砂防ダムを超え土砂崩れ
左手に虎ロープで誘導があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手の沢が砂防ダムを超え土砂崩れ
左手に虎ロープで誘導があります
1
ここから先は治水されています
きれいな堰の上部から1枚パチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先は治水されています
きれいな堰の上部から1枚パチリ
1
下に降りると2段で涼しげ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に降りると2段で涼しげ
1
コンクリート舗装が剥がれた林道モドキが続きます
歩きにくいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンクリート舗装が剥がれた林道モドキが続きます
歩きにくいです
1
1か所渡渉して300Mほど歩くと駐車場ですが、溢れて路駐ができていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1か所渡渉して300Mほど歩くと駐車場ですが、溢れて路駐ができていました
1

感想/記録

台風一過の前日はぬかるんでいるかもと二日目の実施としました。
自衛隊の富士演習場からの火砲、富士スピードウェイからのマシンの音が聞こえ、時折立地環境を思い起こさせてくれます。
8月末の西丹沢で炎天下で水切れを起こした記憶が強く、今回は十二分な量を持参するも、季節は進み1Lの消費に終わる(^^;
朝は長袖シャツでちょうど良し。
事前の計画では鋸岳〜位牌岳・前岳を経由して下る予定でしたが、湿った草付きでセルフビレイが要るようなルートとの情報を他の媒体で入手して、私のスキル上回避すべきと判断して割石峠から素直に下山しました。
3年ほど静岡勤務した際に、愛鷹山は認識していたはずなのに、駿河湾がこんなに美しく見晴らせるとの想定できていなかったため、期待以上の眺望が得られ満足。
唯一、どこの山もこのところの異常気象のせいか山が荒れているのに心が痛む。コロナ禍での山小屋支援と土砂崩れや雨裂の拡大は登山を趣味とするみんなで何とかしたい、何とかしなければいけない問題だと思った次第です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:151人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ