また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3576117 全員に公開 ハイキング 日光・那須・筑波

安戸山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年09月29日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
アグリパル塩原(地図では道の駅)無料駐車場
※休日は混雑する
経路を調べる(Google Transit)
GPS
03:23
距離
12.9 km
登り
833 m
下り
823 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間18分
休憩
7分
合計
3時間25分
S道の駅アグリパル塩原12:3112:38鷹八幡宮登山口12:59送電鉄塔・沼原線 No.3813:06林道出合13:10林道分岐13:36906m地点13:3713:41安戸山登山道入口13:4214:15安戸山14:1814:35安戸山分岐15:09蟇沼登山口分岐15:13蟇沼登山口15:54道の駅アグリパル塩原15:5615:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鉄塔巡視路や作業用の林道の分岐が多いので地図を確認しながら進む。
登りは鷹八幡宮から、下りは蟇沼方面に降りた。

序盤はジメジメした森の中を進む。
主要な箇所に標識がある。
中盤はやや広い林道になる。
林道終点でようやく安戸山登山道になる。
登山道は稜線沿いに登り、途中少しアップダウンがある箇所がある。

山頂は眺望はない。広くもなく座ってゆっくりするような場所もない。

下山は蟇沼方面。
少し稜線沿いに進むとロープが取り付けられた急坂になる。
ロープを掴まなくても何とか下れるくらいの道。
さらに稜線沿いに進むと分岐があり下る方へ曲がる。
一応、真っすぐ方向は枝が置いてあった。

下りは落ち葉で歩きやすい明瞭な道が続く。途中作業道との分岐がいくつかあり、分かりにくいところがあるので注意。

沢に降りたところで渡渉ポイントがある。
神社裏の道に出るので道沿いに進むと民家の横を通り道路に出る。
蟇沼側は登山口近くに車が停められるような場所はない。
道の駅の駐車場までは道路沿いを40分程度歩く。
車の通行があるので注意する。
その他周辺情報道の駅にはレストランや、直売所、田んぼアート展望台あり
過去天気図(気象庁) 2021年09月の天気図 [pdf]

写真

道の駅
平日なので人はまばら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅
平日なので人はまばら
神社前の道を進む
舗装路から未舗装路に代わるポイント
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社前の道を進む
舗装路から未舗装路に代わるポイント
分岐ポイントの標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐ポイントの標識
林道途中に卸野立所碑の標識あり
調べると昭和天皇が安戸山に登った時の記念碑とのこと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道途中に卸野立所碑の標識あり
調べると昭和天皇が安戸山に登った時の記念碑とのこと
稜線に向かう登山道の標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に向かう登山道の標識
安戸山山頂
あまり広くなく、座れるような岩もない。
眺望もない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安戸山山頂
あまり広くなく、座れるような岩もない。
眺望もない
1
山頂近くの急坂
ロープが設置されている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近くの急坂
ロープが設置されている。
分岐ポイント
下る方向に折れる
まっすぐ進む道もあり八汐(やしお)ダム方面に稜線沿いに進むルートがある。弥太郎山まで行けるようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐ポイント
下る方向に折れる
まっすぐ進む道もあり八汐(やしお)ダム方面に稜線沿いに進むルートがある。弥太郎山まで行けるようだ。
気持ちの良い道が続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い道が続く
林道との合流地点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道との合流地点
歩きやすい道が続く
手入れされている森は歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい道が続く
手入れされている森は歩きやすい
神社の裏から下ってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の裏から下ってきた
登山口には小さいが標識がある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口には小さいが標識がある
道路のT字路にも標識有
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路のT字路にも標識有
物々しい施設だと思ったら研究所の実験場でした
碍子が非常に長い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物々しい施設だと思ったら研究所の実験場でした
碍子が非常に長い

感想/記録

サクッと登れると思ったが、少々林道歩きがめんどくさかった。
山頂も眺望はなくゆっくりできるような場所ではなかったのですぐ下った。
山頂付近の登山道に猿が座っていたが声を出してどいてもらう。サルの群れが生息している模様。

当初ピストンを計画していたが、曇りで気温も低かったので、蟇沼方面に降りて車道を歩くことにした。
蟇沼からの登山道の方が、落ち葉がクッションになるので歩きやすい。

帰りの道の駅までの車道はのどかな田舎の風景といったところで牛舎が多い。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:285人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 渡渉 サル ピストン 鉄塔巡視路
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ