また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3794158 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 御在所・鎌ヶ岳

入道ヶ岳〜鎌ヶ岳 宮妻峡時計回り 危険箇所調査

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年11月28日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:26
距離
10.8 km
登り
1,279 m
下り
1,271 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間2分
休憩
1時間19分
合計
6時間21分
S宮妻峡駐車場08:5509:46宮妻新道 林道・宮妻峡キャンプ場分岐09:4709:51通報ポイント北尾根1009:5210:02入道ヶ岳10:1310:14通報ポイント池ヶ谷1010:1410:19椿大神社奥宮10:50重ね岩10:5010:53仏岩10:5311:00イワクラ谷分岐11:0011:09磐座(イワクラ)尾根11:0911:15イワクラ尾根分岐11:1811:31水沢峠11:3111:51水沢岳12:0212:13キノコ岩12:1312:34鎌尾根5峰12:3412:39衝立岩12:5313:22県境縦走路・雲母峰道分岐13:2413:25岳峠13:2613:33鎌ヶ岳14:0814:16岳峠14:1714:28カズラ谷分岐14:2914:45水場14:4515:08カズラ滝15:0915:20宮妻峡駐車場15:2015:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
宮妻峡〜入道ヶ岳 急登
入道ヶ岳〜水沢岳 急登と水平移動、一部歩きにくい箇所あり
水沢岳〜岳峠 急登と水平移動の連続に加えて岩場歩きあり。一部歩きにくい箇所あり。
岳峠〜鎌ヶ岳 見た目ほどの難しさはない岩登り。
鎌ヶ岳〜宮妻峡 よく整備された樹林帯の登山道
過去天気図(気象庁) 2021年11月の天気図 [pdf]

写真

今日は8時半頃と遅めの到着。
駐車場はほぼ満車。
春に計画している鈴鹿七座テント泊縦走の下見を兼ね、入道ヶ岳〜水沢峠〜鎌ヶ岳にいってきます。
2021年11月28日 08:53撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は8時半頃と遅めの到着。
駐車場はほぼ満車。
春に計画している鈴鹿七座テント泊縦走の下見を兼ね、入道ヶ岳〜水沢峠〜鎌ヶ岳にいってきます。
2
まずは渡渉箇所。
水量が多いとどうかな。
2021年11月28日 08:57撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは渡渉箇所。
水量が多いとどうかな。
1
入道ヶ岳の草原まで来ました。
ここまては急登続き。
あまり多くの人は通っていない印象。
落ち葉でトレースが消えていたり。
2021年11月28日 09:51撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳の草原まで来ました。
ここまては急登続き。
あまり多くの人は通っていない印象。
落ち葉でトレースが消えていたり。
3
今日は霞が少なく遠望が効きます。
2021年11月28日 09:59撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は霞が少なく遠望が効きます。
4
結構人が多かった入道ヶ岳を後にします。
ここから今回の調査箇所が始まります。
2021年11月28日 10:15撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構人が多かった入道ヶ岳を後にします。
ここから今回の調査箇所が始まります。
早速急降下、下から見上げたところ。
南下での登攀ではスリップしやすく、かつ荷物の重さが効いてくる箇所。
2021年11月28日 10:27撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速急降下、下から見上げたところ。
南下での登攀ではスリップしやすく、かつ荷物の重さが効いてくる箇所。
1
危ないけど何とか直登も可能そう。左に巻道がありますが、、、
2021年11月28日 10:30撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危ないけど何とか直登も可能そう。左に巻道がありますが、、、
1
ロープがある狭くスリップしやすそうな箇所。
2021年11月28日 10:31撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープがある狭くスリップしやすそうな箇所。
写真写り悪いけど、下りではスリップしやすい道。
2021年11月28日 10:34撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真写り悪いけど、下りではスリップしやすい道。
入道ヶ岳直後から花崗岩に切り替わり、ここは花崗岩の露岩が風化してボールベアリングのようにザレている箇所。
南下での下りはスリップしやすい。
2021年11月28日 11:41撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳直後から花崗岩に切り替わり、ここは花崗岩の露岩が風化してボールベアリングのようにザレている箇所。
南下での下りはスリップしやすい。
1
雲母峰〜四日市〜入道ヶ岳
2021年11月28日 11:43撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲母峰〜四日市〜入道ヶ岳
1
水沢岳直下も急坂。
食事をとって、危険箇所に備えてヘルメット装着。
2021年11月28日 12:02撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢岳直下も急坂。
食事をとって、危険箇所に備えてヘルメット装着。
4
鎌ヶ岳への道のり。
2021年11月28日 12:03撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳への道のり。
1
きのこ岩、北側の露岩地帯。
嫌な滑り方をするのでチェーンアイゼン装着。
気持ちよいグリップ。

チェーンアイゼン装着は結局全行程でこの一箇所のみ。

南下での登攀では、凍結していなければ恐らく問題ない箇所。
2021年11月28日 12:12撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きのこ岩、北側の露岩地帯。
嫌な滑り方をするのでチェーンアイゼン装着。
気持ちよいグリップ。

チェーンアイゼン装着は結局全行程でこの一箇所のみ。

南下での登攀では、凍結していなければ恐らく問題ない箇所。
3
水沢岳と入道ヶ岳を振り返る。
2021年11月28日 12:19撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢岳と入道ヶ岳を振り返る。
2
鎌ヶ岳を見定める。
2021年11月28日 12:26撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳を見定める。
2
正面に難所の予感。
2021年11月28日 12:29撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に難所の予感。
1
あそこを登るのかと不安になる地形。
2021年11月28日 12:33撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこを登るのかと不安になる地形。
1
見た目ほどではありませんでしたが、狭い急勾配なので、テント装備だと歩きづらい。
2021年11月28日 12:37撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見た目ほどではありませんでしたが、狭い急勾配なので、テント装備だと歩きづらい。
1
花崗岩のザレも滑りやすい。
2021年11月28日 12:39撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花崗岩のザレも滑りやすい。
狭いから大型ザックはひっかかる。
2021年11月28日 12:41撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭いから大型ザックはひっかかる。
1
通ってきた稜線を振り返る。
2021年11月28日 12:42撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通ってきた稜線を振り返る。
雨乞岳〜イブネ〜御在所岳
2021年11月28日 12:44撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞岳〜イブネ〜御在所岳
ホールドがしっかりしていない鎖場。
鎖頼りだけれども、アンカーはしっかりしている。
2021年11月28日 13:15撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホールドがしっかりしていない鎖場。
鎖頼りだけれども、アンカーはしっかりしている。
鎌ヶ岳が近づいてくる。
2021年11月28日 13:17撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳が近づいてくる。
2
岳峠を過ぎ、鎌ヶ岳直下の岩壁。
2021年11月28日 13:24撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳峠を過ぎ、鎌ヶ岳直下の岩壁。
3
両手を使うけれども、登りも下りもストックをしまうほどではない。
しまった方がラク。
2021年11月28日 13:30撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両手を使うけれども、登りも下りもストックをしまうほどではない。
しまった方がラク。
鎌ヶ岳登頂。
雨乞岳をバックに。
2021年11月28日 13:37撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳登頂。
雨乞岳をバックに。
3
午後の方が霞が取れてきました。
セントレアも南アルプスも見えます。
富士山はわかりませんでした。
2021年11月28日 14:00撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後の方が霞が取れてきました。
セントレアも南アルプスも見えます。
富士山はわかりませんでした。
1
鎌ヶ岳からの下りはよく整備されて特筆することがない道。
可愛らしい滝がありました。
2021年11月28日 15:09撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳からの下りはよく整備されて特筆することがない道。
可愛らしい滝がありました。
1
麓の渡渉箇所1
増水しても通れそう。
2021年11月28日 15:13撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓の渡渉箇所1
増水しても通れそう。
麓の渡渉箇所2
こちらも増水しても通れそう。
2021年11月28日 15:15撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓の渡渉箇所2
こちらも増水しても通れそう。
1
勾配が急で、細かな難所が多く計画よりも時間がかかり、距離や獲得標高よりも疲労を感じましたが、無事戻ってきました。
結局危険マークがどこだったのか分からずじまい。
2021年11月28日 15:20撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勾配が急で、細かな難所が多く計画よりも時間がかかり、距離や獲得標高よりも疲労を感じましたが、無事戻ってきました。
結局危険マークがどこだったのか分からずじまい。
3

感想/記録

鈴鹿七座テント泊全縦走の下見の危険箇所調査に行ってきました。
危険マークを感じるほどの箇所はなかったものの、鈴鹿は勾配が急で狭い道が多いので、荷物の大きさ重さが効いてくる印象。
予想以上に展望がよく、是非快晴の日に登りたい山域ですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:186人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ