また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3818323 全員に公開 ハイキング 丹沢

檜洞丸(西丹沢ビジターセンターから周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年12月05日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー3人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西丹沢ビジターセンター駐車場(無料)
トイレあり
駐車場が満車になったら路駐不可
経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
11.9 km
登り
1,221 m
下り
1,203 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
1時間13分
合計
7時間23分
S西丹沢ビジターセンター08:0108:14ツツジ新道入口08:59ゴーラ沢出合10:49檜洞丸11:4513:35犬越路13:5214:52用木沢出合15:24西丹沢ビジターセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
橋が流されていて渡渉が何度もある

写真

西丹沢ビジターセンタに到着。標高545m。
駐車場はいっぱいで、小さな隙間に何とか車を突っ込む。
駐車場以外は路駐ができないように厳重に管理されている。
この駐車場を利用する際は、駐車場がいっぱいだった時のセカンドプランが必要そうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢ビジターセンタに到着。標高545m。
駐車場はいっぱいで、小さな隙間に何とか車を突っ込む。
駐車場以外は路駐ができないように厳重に管理されている。
この駐車場を利用する際は、駐車場がいっぱいだった時のセカンドプランが必要そうだ。
2
この辺りはキャンプ場がいくつかある。
もう12月だが多くのキャンパーで賑わっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはキャンプ場がいくつかある。
もう12月だが多くのキャンパーで賑わっている。
2
車道を少し歩くと登山口に到着する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を少し歩くと登山口に到着する。
久々の登山。もうすっかり冬の景色だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々の登山。もうすっかり冬の景色だ。
ところどころで、少しだけ紅葉が残っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころで、少しだけ紅葉が残っている。
1
ミツマタの群生地帯を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツマタの群生地帯を通過。
1
蕾が見られる。来年の春にはきれいに咲き誇るのだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕾が見られる。来年の春にはきれいに咲き誇るのだろう。
1
何らか工事を行っていて、資材運搬用のモノレールを避けるための橋がかけられている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何らか工事を行っていて、資材運搬用のモノレールを避けるための橋がかけられている。
一体、何の工事を行っているのだろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一体、何の工事を行っているのだろう?
1
標識に花が飾られている。よくよくみると造花だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識に花が飾られている。よくよくみると造花だ。
沢の渡渉。石の上を歩いて渡るが、子供たちは苦手なので時間がかかる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の渡渉。石の上を歩いて渡るが、子供たちは苦手なので時間がかかる。
1
白い河原を歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い河原を歩く。
ゴーラ沢出合。沢と沢の間の尾根を登って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーラ沢出合。沢と沢の間の尾根を登って行く。
1
道は結構、急斜面だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は結構、急斜面だ。
1
一際目立つ大木。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一際目立つ大木。
1
崩れ落ちそうな痩せ尾根。両側の丸太で砂利の流出を食い止めている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れ落ちそうな痩せ尾根。両側の丸太で砂利の流出を食い止めている。
展望台と記載された場所に到着する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台と記載された場所に到着する。
展望はほとんど広がらない。木の隙間から富士山でも見えるのだろうか?
本日は予報に反して空はどんよりとしている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望はほとんど広がらない。木の隙間から富士山でも見えるのだろうか?
本日は予報に反して空はどんよりとしている。
2
立派なブナの木。
後ろに登山者の姿が見えたので、息子がペースを上げる。
こうなると、全く付いていけない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なブナの木。
後ろに登山者の姿が見えたので、息子がペースを上げる。
こうなると、全く付いていけない。
1
標高を上げると霜柱が出てくる。地面が真っ白に染まっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げると霜柱が出てくる。地面が真っ白に染まっている。
傾斜が緩んで木道地帯になる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜が緩んで木道地帯になる。
1
真ん中に洞がある立派な木。
不思議な形の木なので、この木の存在はよく覚えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中に洞がある立派な木。
不思議な形の木なので、この木の存在はよく覚えている。
1
木の洞の中に地蔵があると息子がいうので、隙間から覗いてみる。
そう見えなくもないが、木の一部だろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の洞の中に地蔵があると息子がいうので、隙間から覗いてみる。
そう見えなくもないが、木の一部だろう。
1
檜洞丸の山頂に到着する。標高1601m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸の山頂に到着する。標高1601m。
1
標高が高いので気温は低い。カップラーメンを食べて体を温める。
寒い中、鳥がウロウロしている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が高いので気温は低い。カップラーメンを食べて体を温める。
寒い中、鳥がウロウロしている。
1
道は泥んこに見えるが、この形で凍りついている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は泥んこに見えるが、この形で凍りついている。
1
1時間ほど滞在したら、山頂を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間ほど滞在したら、山頂を出発。
1
下山を始めてすぐの場所で大展望が広がる。
奥の山が大室山で、その手前の犬越路まで稜線を歩く予定だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山を始めてすぐの場所で大展望が広がる。
奥の山が大室山で、その手前の犬越路まで稜線を歩く予定だ。
2
御正体山方面。少々雲が出ているのが残念だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御正体山方面。少々雲が出ているのが残念だ。
1
ところどころに登山者カウンターが設置されている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころに登山者カウンターが設置されている。
あちらこちらにある霜柱。10cmくらいまで成長している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちらこちらにある霜柱。10cmくらいまで成長している。
1
登山道は痩せ尾根のアップダウンが続く。
体力的には厳しいが、歩いていて楽しい道だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は痩せ尾根のアップダウンが続く。
体力的には厳しいが、歩いていて楽しい道だ。
2
切れ落ちた崖。遥か下方の沢を見下ろす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切れ落ちた崖。遥か下方の沢を見下ろす。
笹原の登山道。登りの道では見られなかった植生だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原の登山道。登りの道では見られなかった植生だ。
1
小さな瘤を何度も登り返しながら少しずつ下っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな瘤を何度も登り返しながら少しずつ下っていく。
2
鎖場。それなりに険しい道だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場。それなりに険しい道だ。
この鎖場は少々難しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鎖場は少々難しい。
陽の光を反射して、遠くの海がオレンジ色に光っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽の光を反射して、遠くの海がオレンジ色に光っている。
1
犬越路に到着。疲れたので、ここでおやつ休憩をとる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬越路に到着。疲れたので、ここでおやつ休憩をとる。
1
かつて大室山に登った時に歩いた道は閉鎖されている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かつて大室山に登った時に歩いた道は閉鎖されている。
1
犬越路避難小屋を覗いてみる。いつ見てもきれいに清掃されている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬越路避難小屋を覗いてみる。いつ見てもきれいに清掃されている。
1
15分ほど休憩したら、残りの下山を開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分ほど休憩したら、残りの下山を開始。
ここからは沢沿いの道。道が細く少々いやらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは沢沿いの道。道が細く少々いやらしい。
1
標高を落とすと、再び紅葉が見られる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を落とすと、再び紅葉が見られる。
白い河原に出てくる。背後に見えているのは、先ほど歩いた稜線だろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い河原に出てくる。背後に見えているのは、先ほど歩いた稜線だろう。
1
水の色は驚くほど美しい青色だ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水の色は驚くほど美しい青色だ
1
この辺りは2019年の台風19号の被害が大きかった。
橋が流された跡の残骸が残っている。
昔は橋がたくさんあったのだが、今はほとんどが流されて、何度も渡渉をする必要がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは2019年の台風19号の被害が大きかった。
橋が流された跡の残骸が残っている。
昔は橋がたくさんあったのだが、今はほとんどが流されて、何度も渡渉をする必要がある。
1
こちらの橋は無事だったみたいだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの橋は無事だったみたいだ。
1
巨大な堰堤。あちらこちらから水が流れ落ちている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大な堰堤。あちらこちらから水が流れ落ちている。
車道に到着。犬越路側には何も記載がなかったが、こちらには通行止めと記載されている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に到着。犬越路側には何も記載がなかったが、こちらには通行止めと記載されている。
1
崩壊した橋を渡る。歩行者のみ歩けるようになっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊した橋を渡る。歩行者のみ歩けるようになっている。
1
その先は歩行者含めた通行止と記載されている。
ちょうど通行止の裏から出てきた格好だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先は歩行者含めた通行止と記載されている。
ちょうど通行止の裏から出てきた格好だ。
1
キャンプ場地帯に突入。この辺りのコテージは昔、山友達と利用したことがある。
最後は車道をとぼとぼ歩いて駐車場に戻る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場地帯に突入。この辺りのコテージは昔、山友達と利用したことがある。
最後は車道をとぼとぼ歩いて駐車場に戻る。

感想/記録

7時間程度のコースタイムで、久々にガッツリと歩くことができた。
今回は駐車場になかなか車を停められずに苦労した。
駐車場はすぐいっぱいになって、路駐もできないので、
今後この山域に来るのは控えた方が良いかもしれない。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:227人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ