また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3901536 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

御前山から数馬へ 寒い真冬の奥多摩。あったかい温泉に癒される。

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年01月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
6:33 武蔵五日市駅発
7:03 小沢バス停着
経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:06
距離
17.9 km
登り
1,624 m
下り
1,299 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
浅間尾根駐車場での休憩時間がない。その前の行程に含まれているのかな。
コース状況/
危険箇所等
危険なところはない。
一部惣岳山からの下りと、その先のピークからの急坂の下りはザレてて滑りやすい。
その他周辺情報蛇の湯温泉たから荘
1000円
お風呂は広くはないので、4、5人が限界
バスをのんびり待たせていただいた
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

今日は御前山へ。
ここへの道端にまだまだ白いものが残っていたので、これからの道中、凍結とかちょっと心配。一応、チェーンスパイクは持っては来ているが。
2022年01月09日 07:03撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は御前山へ。
ここへの道端にまだまだ白いものが残っていたので、これからの道中、凍結とかちょっと心配。一応、チェーンスパイクは持っては来ているが。
少し戻ったところの赤い橋を渡る
2022年01月09日 07:03撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し戻ったところの赤い橋を渡る
この民家の右脇の道からスタート。
2022年01月09日 07:07撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この民家の右脇の道からスタート。
朝日が差してきてきもちいい。
2022年01月09日 07:25撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が差してきてきもちいい。
初っ端の急登を登り少し落ち着く。
2022年01月09日 07:27撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初っ端の急登を登り少し落ち着く。
途中少し大きな岩を乗り越えるところあり。そんなに危なくないが、1箇所左側が切れ落ちているところは特に慎重に。
2022年01月09日 07:51撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中少し大きな岩を乗り越えるところあり。そんなに危なくないが、1箇所左側が切れ落ちているところは特に慎重に。
富士山が見えてきた。
なんか手前の木々でよく見えないけど。
2022年01月09日 08:01撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が見えてきた。
なんか手前の木々でよく見えないけど。
こんな気持ちいい尾根道を進む。
2022年01月09日 08:01撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな気持ちいい尾根道を進む。
展望のいい場所にでた。
富士山くっきり。
2022年01月09日 08:15撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望のいい場所にでた。
富士山くっきり。
2
ここを右行ったら大岳山。
もともとは、そちら方面から馬頭刈尾根から下山の計画だったが、ちょっと早く帰ろうかと、浅間尾根側に回ることに変更。
2022年01月09日 09:04撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを右行ったら大岳山。
もともとは、そちら方面から馬頭刈尾根から下山の計画だったが、ちょっと早く帰ろうかと、浅間尾根側に回ることに変更。
あと少しで山頂ぽい。
2022年01月09日 09:10撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少しで山頂ぽい。
御前山山頂到着。
ここでしっかり食べることにする。
2022年01月09日 09:11撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山山頂到着。
ここでしっかり食べることにする。
山頂を後にして惣岳山に向かうとすぐに、富士山がよく見える展望場所へ。ベンチもあるし、人もいないし、ここでご飯食べてもよかったかな。
2022年01月09日 09:44撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を後にして惣岳山に向かうとすぐに、富士山がよく見える展望場所へ。ベンチもあるし、人もいないし、ここでご飯食べてもよかったかな。
2
惣岳山山頂到着。
ここから小河内峠方面に進む。
2022年01月09日 09:53撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惣岳山山頂到着。
ここから小河内峠方面に進む。
いきなりの急坂。滑りやすいので注意。
でもその先に富士山が見える。
2022年01月09日 09:56撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりの急坂。滑りやすいので注意。
でもその先に富士山が見える。
1
途中、←巻道岩場↑という表示が貼ってあって、せっかくだから岩場へと思い、ちょっとしたピークまで登り切ると、とても素晴らしい景色が待っていた。
2022年01月09日 09:59撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、←巻道岩場↑という表示が貼ってあって、せっかくだから岩場へと思い、ちょっとしたピークまで登り切ると、とても素晴らしい景色が待っていた。
と思いきや、そこからの下りが結構大変。
急坂でザレていて、踏み跡を探しながら下る。途中で、振り返ってみたところ。
2022年01月09日 10:03撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思いきや、そこからの下りが結構大変。
急坂でザレていて、踏み跡を探しながら下る。途中で、振り返ってみたところ。
途中のピーク
2022年01月09日 10:28撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中のピーク
こういう気持ちいい尾根道が続くところも。
2022年01月09日 10:30撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう気持ちいい尾根道が続くところも。
1
ちょっと登って月夜見第2駐車場
2022年01月09日 10:54撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと登って月夜見第2駐車場
ちょっと登って月夜見山山頂。
でもここにきて登り、結構疲れる。
2022年01月09日 11:07撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと登って月夜見山山頂。
でもここにきて登り、結構疲れる。
途中、奥多摩周遊道路と交錯しながら進むのだが、山道に入るところを間違い、危うくこんなヤバげなところを下りそうになった。
2022年01月09日 11:19撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、奥多摩周遊道路と交錯しながら進むのだが、山道に入るところを間違い、危うくこんなヤバげなところを下りそうになった。
道路からもなかなか景色がいい。
写真じゃ厳しいが、スカイツリーまでよく見える。
2022年01月09日 11:21撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路からもなかなか景色がいい。
写真じゃ厳しいが、スカイツリーまでよく見える。
ここから山道へ戻る
2022年01月09日 11:22撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから山道へ戻る
三頭山には行かずに、この写真の左にいく。
ここから3キロ少々で三頭山か。こないだ行ったし、今日はやめる。気持ちはだいぶ温泉に....
2022年01月09日 11:33撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭山には行かずに、この写真の左にいく。
ここから3キロ少々で三頭山か。こないだ行ったし、今日はやめる。気持ちはだいぶ温泉に....
たぶんここを間違えた。
数馬の文字に引かれてしまったが、ここはまっすぐ行かないと山道を歩けない。
結果、奥多摩周遊道路をだいぶ歩くことになった。
2022年01月09日 11:33撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶんここを間違えた。
数馬の文字に引かれてしまったが、ここはまっすぐ行かないと山道を歩けない。
結果、奥多摩周遊道路をだいぶ歩くことになった。
この駐車場に降りてきてしまった。
2022年01月09日 11:36撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この駐車場に降りてきてしまった。
のんびり車道を歩きつつ。
大岳山がよく見える。
2022年01月09日 11:44撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびり車道を歩きつつ。
大岳山がよく見える。
ここで休憩。
2022年01月09日 11:49撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで休憩。
甘い菓子パンと、コーヒー。
風もあまりなく、のんびりできた。
2022年01月09日 11:57撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甘い菓子パンと、コーヒー。
風もあまりなく、のんびりできた。
さて、最後の帰り道へ。
浅間尾根に入る。
2022年01月09日 12:15撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、最後の帰り道へ。
浅間尾根に入る。
ここから下山。
数馬までのこの道、結構な斜度だし、歩きにくい。ここから登るのはだいぶしんどいのではないかな。
2022年01月09日 12:31撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから下山。
数馬までのこの道、結構な斜度だし、歩きにくい。ここから登るのはだいぶしんどいのではないかな。
しんどそうな道だなと思いながらも30分ほどで、民家脇の登山口まで降りてきた。
2022年01月09日 12:55撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しんどそうな道だなと思いながらも30分ほどで、民家脇の登山口まで降りてきた。
看板と石段と、風情のある入り口だなと
2022年01月09日 12:55撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板と石段と、風情のある入り口だなと
数馬の湯に行こうかどうしようか、バスも20分後に出るからさくっと帰ろうか、とか悩んだ挙句、せっかくきたんだから、下山した時に見かけたこちらの「蛇の湯温泉たから荘」に寄ってみた。
先客の方と合わせて4名。静かだし、バスが出るまでの間、ゆっくりさせていただいた。
2022年01月09日 13:02撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数馬の湯に行こうかどうしようか、バスも20分後に出るからさくっと帰ろうか、とか悩んだ挙句、せっかくきたんだから、下山した時に見かけたこちらの「蛇の湯温泉たから荘」に寄ってみた。
先客の方と合わせて4名。静かだし、バスが出るまでの間、ゆっくりさせていただいた。
1

感想/記録

今日は、以前から、きれいな山容が気になっていた御前山へ。
もう山登り始めた頃に行って以来。
いろんなルートがある中で、今回は、小沢バス停からスタートしてみることに。
御前山までのアプローチが長いので、尾根歩きを楽しめるかなと。
そこから大岳山を回り、馬頭刈尾根から武蔵五日市の瀬音の湯に降りることを計画していたのだが、急遽、数馬の湯に降りてみようとバスの中で考え直した。単に短いからというのと、浅間尾根側に行ってみたい、あと、瀬音の湯が混んでそうだなと思ったから。

朝は、とにかく寒かった。
歩きだしは、足の指先が冷たくて、体もカチカチ。体を温めてやろうと、出だしの登りを必死に登る。

バスから見えた道端がまだまだ白く凍結しているところも多かったので、道中、ちょっと心配だった。しかし山に入ると、全く白いものもなく、凍結箇所もない。全く普通の山歩きができて助かった。

御前山とその周辺では、少し人とすれ違った。月夜見の駐車場から来られたのだろう。それ以外は、道中ほとんど人がおらず、静かに歩けて気持ちよかった。

帰りのお風呂も、秘湯の湯「蛇の湯温泉」に浸かることもできて、のんびりできた休日だった。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:157人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アプローチ 急登 ザレ 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ