また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3905579 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 塩見・赤石・聖

聖岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年01月08日(土) ~ 2022年01月10日(月)
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ続きながら風強し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
芝沢ゲート前駐車場
経路を調べる(Google Transit)
GPS
20:39
距離
30.0 km
登り
3,640 m
下り
3,620 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間23分
休憩
36分
合計
7時間59分
S芝沢ゲート07:0108:34易老渡08:3409:05便ヶ島09:0710:20西沢渡10:4413:16大木の広場13:2114:15苔平14:2015:00宿泊地
2日目
山行
7時間37分
休憩
33分
合計
8時間10分
宿泊地04:3806:24薊畑分岐06:5008:49小聖岳08:4910:08聖岳10:1511:10小聖岳11:1012:22薊畑分岐12:2212:50苔平
3日目
山行
3時間42分
休憩
28分
合計
4時間10分
苔平04:4905:05大木の広場05:0806:15西沢渡06:3607:24便ヶ島07:2507:48易老渡07:4808:54芝沢ゲート08:5708:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
薊畑までは薄いトレースがあり(ほぼ動物の足跡のみ)
それ以降は、ルートファインディング+ラッセル状態。
その他周辺情報コロナ再流行もあり、直帰
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

芝沢ゲート
先客三台あり。一台の三人は先行するも、光岳方面へ。と言うことで聖岳方面へは一番手で進む。
2022年01月08日 06:57撮影 by X-T20, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝沢ゲート
先客三台あり。一台の三人は先行するも、光岳方面へ。と言うことで聖岳方面へは一番手で進む。
1
便ヶ島から登山開始。
ここまで車道は特に問題なく、通行止め解除してほしいなぁ。
下山時、見回りの車の轍が付いていました。車が通れること間違いなし!
2022年01月08日 09:13撮影 by X-T20, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
便ヶ島から登山開始。
ここまで車道は特に問題なく、通行止め解除してほしいなぁ。
下山時、見回りの車の轍が付いていました。車が通れること間違いなし!
3
登山道の雪の様子
この後、苔平でテントを張りました。
2022年01月08日 12:45撮影 by X-T20, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の雪の様子
この後、苔平でテントを張りました。
次の日、朝4:30から登り始め、薊畑着。
上河内岳を望む。
2022年01月09日 06:36撮影 by OPPO Reno3 A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の日、朝4:30から登り始め、薊畑着。
上河内岳を望む。
2
日の出はまだ
2022年01月09日 06:36撮影 by OPPO Reno3 A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出はまだ
朝日を浴びる聖岳
トレースの無い雪面を進みます。
2022年01月09日 07:00撮影 by OPPO Reno3 A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を浴びる聖岳
トレースの無い雪面を進みます。
2
日の登った上河内岳。
2022年01月09日 08:03撮影 by OPPO Reno3 A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の登った上河内岳。
1
抜けるような青空とタップリの雪
2022年01月09日 08:03撮影 by OPPO Reno3 A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜けるような青空とタップリの雪
聖岳の登りにかかると強風で写真なし。
やっとのことで山頂着。
山頂は更に爆風。
富士山から駿河湾まで、一望。
海まで見えるんだ〜!
2022年01月09日 10:11撮影 by OPPO Reno3 A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳の登りにかかると強風で写真なし。
やっとのことで山頂着。
山頂は更に爆風。
富士山から駿河湾まで、一望。
海まで見えるんだ〜!
4
登頂の証
色々している余裕なし。
2022年01月09日 10:11撮影 by OPPO Reno3 A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂の証
色々している余裕なし。
3
下山時
聖岳から小聖へ向けた難所。向こうに上河内岳。
危なく見えるけど慎重に行けば通れた。
2022年01月09日 10:50撮影 by OPPO Reno3 A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時
聖岳から小聖へ向けた難所。向こうに上河内岳。
危なく見えるけど慎重に行けば通れた。
3
聖の斜面に富士山
2022年01月09日 10:51撮影 by OPPO Reno3 A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖の斜面に富士山
1
振り返ると聖見納め
2022年01月09日 12:04撮影 by OPPO Reno3 A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると聖見納め
2
上河内岳も見納め。
これだけ雄大な姿を見せられたら、行かないわけには行かないですよね。
後は苔平まで下りて、2泊目。
2022年01月09日 12:04撮影 by OPPO Reno3 A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上河内岳も見納め。
これだけ雄大な姿を見せられたら、行かないわけには行かないですよね。
後は苔平まで下りて、2泊目。
2
3日目
朝早くから下山。
林道まで下りて、遠く朝日を浴びた聖岳を望む。
昨日あそこに居たんだ〜
2022年01月10日 07:45撮影 by X-T20, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目
朝早くから下山。
林道まで下りて、遠く朝日を浴びた聖岳を望む。
昨日あそこに居たんだ〜
1
駐車場着。
車がまだら模様に。イタズラされていました。
審議の結果、鹿が舐めた跡と判定。
塩カルが付いてるので塩分補給なのでしょう。
こんなに汚いもの舐めて鹿は大丈夫?
2022年01月10日 08:59撮影 by X-T20, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場着。
車がまだら模様に。イタズラされていました。
審議の結果、鹿が舐めた跡と判定。
塩カルが付いてるので塩分補給なのでしょう。
こんなに汚いもの舐めて鹿は大丈夫?
6
オマケ
日本のチロルとして売出中の「下栗の里」
2022年01月10日 09:28撮影 by X-T20, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オマケ
日本のチロルとして売出中の「下栗の里」
2

感想/記録

真冬の3000m峰、聖岳にまさか登れるとは思っていませんでした。同行頂いたメンバーのおかげです。ありがとう!

成人式の三連休、私でも行ける南アルプス3000m峰ということで、聖岳を計画しました。
正月までの冬型から一転穏やかな天候の予報でGO!

まず、芝沢ゲートをスタート。車は三台ありましたが、2台は車の中で休憩中。1台は三人先行されましたが、光岳方面へ。と言うことで、ラッセル確定です。
しかし、1日目は、苔平でテントを張るまでラッセルは無し。踏み跡は何となく人の歩いた跡があり、そこを鹿やウサギが歩いた跡が残っている状態。慎重に行けば大丈夫でした。
2日目
朝3時起きで4時30分スタート。
木々が強風でざわついています。この時点では、強風で登頂は無理かなぁと思いながら進む。
途中、昨日の2台の車の方と思われるテントを発見。まだテント内に居られるようなので、やっぱりラッセル確定。
薊畑までは、暗い中でルートを見極めながら進む。薊畑で視界が開け雄大な南アルプスが眼前に。意外と風が弱い!行けるかもということで、ワカンを装着してラッセル開始。
一番の若手がドンドンラッセルで登ってくれました。ペナントを探しながらのラッセルはチョー大変。そこは最強の若手どんどん行きます。
小聖の手前で、休憩してラッセル交代。少しだけラッセル体験させて頂きました。
ペナントを探して、何となくこっちかな〜という方向に進むのですが、登山道を外すと途端にハイマツの上でズポズポ沈む。慎重にルートを見極めながら進みました。
聖岳の上りはきつい登りと強風で辛かった〜。途中で、富士山と駿河湾が見えたのが幸いして、何とか頑張れました。
山頂は、更に風が強まり爆風に。証拠写真のみ撮ってサッサと下山しました。
3日目
やっぱり3時に起きて下山。
林道歩きが辛かった。
便ヶ島までぜひ車OKにして下さい!
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:838人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テント ハイマツ 林道 テン 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ