また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 391659 全員に公開 沢登り丹沢

世附川水系 荷干沢左俣(カワゴノ沢)

日程 2014年01月05日(日) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
 hitomaru(SL)
天候小雪時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
浅瀬
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

浅瀬7:40−
9:10地蔵平9:30−
9:40富士見橋−
荷干沢入渓−
10:20白石沢との二俣−
11:22二俣−
左俣(カワゴノ沢)へ−
15:10菰釣山南東部15:20−
シキリ尾根(イデン沢・カワゴノ沢界尾根)下降−
16:27忍橋林道−
富士見林道−
17:20地蔵平−
19:10浅瀬
コース状況/
危険箇所等
■荷干(にぼし)沢〜カワゴノ沢

 遡行グレード:1級

|安湖から世附方面に入り終点ゲート30m手前に4台程度駐車可。
 釣りのシーズンには山側の路肩に多数の駐車が見受けられる。
 300m手前にはトイレ、自販機のある駐車場もある。

 浅瀬ゲートを脇から入り10分弱で大又沢林道と水の木林道の分岐。
 右の大又沢林道を延々2時間近く歩くと、昭和40年代まで集落のあった
 地蔵平に着く。
 栄華の時を偲びながら、今は広い平地になってしまったこの地に寝転ぶ。
 入口の山側に小さな社だけがひっそりと今も佇んでいる。

 地蔵平入口から左折して富士見林道へ進むとすぐに富士見橋が
 バケモノ沢に架かっている。
 さらに10分ほどで再び分岐。
 左には白水ノ沢橋。
 橋は渡らず分岐を真っ直ぐに沢の左岸沿いに進む。
 2つ目の堰堤辺りから入渓。
 この堰堤を越えると右が白水ノ沢、左が荷干沢の二俣だ。
 水量比は2:1で荷干沢の方が多い。

荷干沢は全体的に大きな滝があるわけでもなく
 時折ナメが見受けられる至って平凡な沢だ。

 標高715mで白石沢との二俣。
 水量比は2:1でやはり左の荷干沢の方が多い。

 途中ナメ床を堪能していくと、標高790mで水量比1:1二俣。
 これが荷干沢自体の二俣であろう。
 右はフジモク沢と名を変え、一見平凡なゴーロ沢だが、
 左俣は奥に小滝が見えるので今回はあまり記録のない左俣(カワゴノ沢)
 へ入ってみる。

 すると1.5m小滝、3m滝、2段2条7m(2+5)滝、そして
 ナメと案外楽しい。
 極力水に濡れないよう遡ることができるので、夏なら楽勝か。
 (せいぜい教蕁棔銑卦蕁檗

C老楚泙鮓ると忍橋林道の終点が沢になっているのだが
 林道は見受けられなかった。
 平凡な沢を進み、2条3mナメ滝を越えてしばらくで
 標高1000mの三俣。
 右沢は涸れ、左沢には2条2m滝が架かっている。
 菰釣山から流れ出す本流は真ん中の沢なので、そちらに進む。
 次第に谷は緩やかなV字状となり、水も涸れ、西北西から
 東南東へ向きを変える。
 積雪も20cmくらいになり、地形図を見てもこの先は急峻なので
 東南東へ向きを変えて50mほどのところで右岸尾根へ逃げた。
 順当ならば菰釣山南東部でシキリ尾根に合流するはず。
 読図はあっていたが、このシキリ尾根(イデン沢とカワゴノ沢の界尾根)
 の支尾根は密度は薄いながらスズタケの藪漕ぎとなる。

げ執澆魯轡リ尾根を使えば、下半部で忍橋林道と合流するはずである。
 シキリ尾根は上半部が多少スズタケの藪が覆いかぶさる箇所もあるが
 薄らと踏み跡も付いている。
 注意するのは標高1100mでそのまま南東尾根に行かず、北東尾根に乗ること。
 そしてさらに標高1050mで南東側に進むこと。
 標高1000mは左の東尾根に乗れば、明瞭は忍橋林道が尾根を横切っている
 ので林道を右へ下る。
 ほとんど使われていない林道なので荒れているが歩行には問題はなし。
 シキリ沢沿いとなり、左岸から右岸に林道が渡れば
 程なく富士見林道へ合流する。
 左へ行くと地蔵平に戻れる。
過去天気図(気象庁) 2014年01月の天気図 [pdf]

写真

浅瀬を出発
2014年01月05日 07:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅瀬を出発
1
大又沢林道途中にある千鳥ダム
2014年01月05日 08:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大又沢林道途中にある千鳥ダム
1
路面が少し凍結している
2014年01月05日 08:46撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路面が少し凍結している
1
あ、テンだ
2014年01月05日 09:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ、テンだ
2
テンが立った!
2014年01月05日 09:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テンが立った!
4
地蔵平入口に今もひっそりと佇む社
2014年01月05日 09:12撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵平入口に今もひっそりと佇む社
1
地蔵平は以前たくさんの集落や分校があった
2014年01月05日 09:12撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵平は以前たくさんの集落や分校があった
1
富士見林道へ
2014年01月05日 09:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見林道へ
一部崩壊している
2014年01月05日 09:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部崩壊している
白水ノ沢橋
2014年01月05日 09:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白水ノ沢橋
2つ目の堰堤を越える
2014年01月05日 09:49撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つ目の堰堤を越える
手前が白水ノ沢、右がフジモク沢
2014年01月05日 09:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前が白水ノ沢、右がフジモク沢
堰堤を左から巻く
2014年01月05日 09:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を左から巻く
そろそろ河原に積雪
2014年01月05日 10:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ河原に積雪
冬は水が澄んでいる
2014年01月05日 10:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬は水が澄んでいる
1
標高1000m二俣
2014年01月05日 11:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1000m二俣
左俣へ進むと小滝
2014年01月05日 11:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣へ進むと小滝
7m滝の上段5m滝
2014年01月05日 11:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7m滝の上段5m滝
トナカイの角?
2014年01月05日 11:39撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トナカイの角?
1
2条3mナメ滝
2014年01月05日 12:49撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2条3mナメ滝
これ以上詰めても急峻だし積雪もあるので
2014年01月05日 13:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ以上詰めても急峻だし積雪もあるので
標高1100mあたりで右岸尾根へ逃げる
ここから登山靴に履き替えた
2014年01月05日 13:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1100mあたりで右岸尾根へ逃げる
ここから登山靴に履き替えた
初級雪山編
2014年01月05日 14:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初級雪山編
1
鹿径を追って登った
2014年01月05日 14:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿径を追って登った
沢と雪山・・・一粒で二度おいしい
2014年01月05日 14:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢と雪山・・・一粒で二度おいしい
2
薄いがスズタケの藪漕ぎ
2014年01月05日 14:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄いがスズタケの藪漕ぎ
シキリ尾根下降開始
2014年01月05日 15:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シキリ尾根下降開始
上部は時折藪漕ぎ
2014年01月05日 15:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部は時折藪漕ぎ
忍橋林道に出た
2014年01月05日 16:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
忍橋林道に出た
富士見林道と合流
2014年01月05日 16:49撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見林道と合流
地蔵平ではヘッデンになってしまった
2014年01月05日 17:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵平ではヘッデンになってしまった
1
小雪舞う浅瀬に着♪
2014年01月05日 19:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雪舞う浅瀬に着♪
1

感想/記録
by kamog

積雪と長距離で2014年沢初めは時間食った〜
訪問者数:2013人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ