また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3920378 全員に公開 雪山ハイキング 谷川・武尊

谷川岳 ポカポカの冬日和に誘われて

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年01月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
【行き】
上野6:42(新幹線)7:52上毛高原8:05(バス)8:50天神平RW
【帰り】
天神平RW15:10(バス)16:00上毛高原16:15(新幹線)17:22上野
経路を調べる(Google Transit)
GPS
04:22
距離
8.4 km
登り
1,026 m
下り
1,031 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間15分
休憩
1時間8分
合計
4時間23分
S天神平09:4910:11天神平・天神峠分岐点10:1110:36熊穴沢避難小屋10:4011:04天狗の留まり場11:0811:25天神ザンゲ岩11:2711:41谷川岳・肩の小屋11:4211:46トマノ耳11:4911:57谷川岳12:1412:17富士浅間神社奥の院12:3412:39谷川岳12:3912:50トマノ耳12:5012:54谷川岳・肩の小屋13:0813:12天神ザンゲ岩13:1213:19天狗の留まり場13:2213:32熊穴沢避難小屋13:3513:50天神平・天神峠分岐点13:5014:11天神平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし。
入山者多くトレース明瞭。
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

おはようございます。
新幹線とバスとRWで谷川岳へ。
2022年01月16日 07:56撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます。
新幹線とバスとRWで谷川岳へ。
大勢のスキー客と登山客。発券に20分待ち、乗場で15分待ち。許容範囲か。
2022年01月16日 09:16撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大勢のスキー客と登山客。発券に20分待ち、乗場で15分待ち。許容範囲か。
3
RWで天神平へ
2022年01月16日 09:39撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
RWで天神平へ
快晴の天神平。
凄い登山者の数。
2022年01月16日 09:42撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の天神平。
凄い登山者の数。
3
のっけから急登が始まる。雪が柔らかく潜りまくり体力消耗。
2022年01月16日 09:55撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のっけから急登が始まる。雪が柔らかく潜りまくり体力消耗。
ドーンと谷川岳
2022年01月16日 10:04撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドーンと谷川岳
3
天神峠を巻くようにトラバース
2022年01月16日 10:05撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神峠を巻くようにトラバース
気持ちのいい天神尾根を進む
2022年01月16日 10:10撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい天神尾根を進む
皆さん楽しそうに歩いています
2022年01月16日 10:17撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さん楽しそうに歩いています
時々こんな感じで渋滞発生
2022年01月16日 10:28撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々こんな感じで渋滞発生
1
爼倉(まないたぐら)が見えてきた
2022年01月16日 10:31撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爼倉(まないたぐら)が見えてきた
1
完全に雪で埋まった熊穴沢避難小屋。僅かに煙突が見える。
2022年01月16日 10:37撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完全に雪で埋まった熊穴沢避難小屋。僅かに煙突が見える。
小屋を過ぎると勾配が増し渋滞が至る所で発生。ストレスを感じる程ではない。
2022年01月16日 10:43撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋を過ぎると勾配が増し渋滞が至る所で発生。ストレスを感じる程ではない。
爼倉。昨年登山道整備されたので今年は登ってみたい。
2022年01月16日 10:58撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爼倉。昨年登山道整備されたので今年は登ってみたい。
2
天狗の溜まり場からは広大な雪の斜面を登る。帰りはこの斜面を駆け下りよう。
2022年01月16日 11:11撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の溜まり場からは広大な雪の斜面を登る。帰りはこの斜面を駆け下りよう。
西黒尾根の登山者も見えてきた。ゴールは近い。
2022年01月16日 11:30撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根の登山者も見えてきた。ゴールは近い。
1
小屋への急登のショートカット発見。行ってみよう!
2022年01月16日 11:34撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋への急登のショートカット発見。行ってみよう!
1
登り詰めるとひょっこり稜線に出た
2022年01月16日 11:40撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り詰めるとひょっこり稜線に出た
2
エビのしっぽ
2022年01月16日 11:41撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビのしっぽ
2
谷川岳山頂(トマの耳)に到着
2022年01月16日 11:47撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳山頂(トマの耳)に到着
5
トマ耳よりオキ耳を俯瞰
2022年01月16日 11:49撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマ耳よりオキ耳を俯瞰
オキ耳へ
2022年01月16日 11:51撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキ耳へ
谷川岳山頂(オキの耳)に到着
2022年01月16日 12:00撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳山頂(オキの耳)に到着
4
トマ耳と赤城山(左)
2022年01月16日 12:02撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマ耳と赤城山(左)
オキ耳からの上越国境の山並み。トマ耳からと見え方が違う。
2022年01月16日 12:03撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキ耳からの上越国境の山並み。トマ耳からと見え方が違う。
3
爼倉(手前)と浅間山(中央奥)
2022年01月16日 12:04撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爼倉(手前)と浅間山(中央奥)
4
苗場山(中央)
2022年01月16日 12:05撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山(中央)
2
赤城山
2022年01月16日 12:05撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城山
一ノ倉岳(右)と茂倉岳(左)。
もう少し先まで行ってみよう。
2022年01月16日 12:08撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳(右)と茂倉岳(左)。
もう少し先まで行ってみよう。
1
巻機山
2022年01月16日 12:10撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山
1
燧ヶ岳(左)と至仏山(右)
2022年01月16日 12:12撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳(左)と至仏山(右)
2
先週登った武尊山(中央)。日光白根山(左)と皇海山(右)も見える。
2022年01月16日 12:13撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週登った武尊山(中央)。日光白根山(左)と皇海山(右)も見える。
今年は巨大な雪庇が見られない
2022年01月16日 12:13撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は巨大な雪庇が見られない
2
富士浅間神社奥の院。
思いがけない初詣となった笑。
2022年01月16日 12:17撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士浅間神社奥の院。
思いがけない初詣となった笑。
1
真上から一ノ倉沢を俯瞰。怖くてこれ以上前に進めず。
2022年01月16日 12:17撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真上から一ノ倉沢を俯瞰。怖くてこれ以上前に進めず。
2
トマ耳は大賑わい
2022年01月16日 12:44撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマ耳は大賑わい
これより下山開始
2022年01月16日 12:50撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これより下山開始
肩の小屋でスノーシュー装着
2022年01月16日 13:06撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋でスノーシュー装着
1
まず一面のシュカブラ斜面を気持ち良く下る
2022年01月16日 13:08撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず一面のシュカブラ斜面を気持ち良く下る
そしてお楽しみはこの大斜面。BCのシュプールに負けないぞ。
2022年01月16日 13:10撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてお楽しみはこの大斜面。BCのシュプールに負けないぞ。
ふかふかズンズン駆け下りる
2022年01月16日 13:11撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふかふかズンズン駆け下りる
ゴールの天狗の溜まり場。自分の刻んだ軌跡を振り返る
2022年01月16日 13:20撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールの天狗の溜まり場。自分の刻んだ軌跡を振り返る
3
穏やかな天神尾根を下る
2022年01月16日 13:24撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穏やかな天神尾根を下る
谷川岳を振り返る
2022年01月16日 13:35撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳を振り返る
1
表層雪崩発生!
2022年01月16日 13:39撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表層雪崩発生!
2
予報通り雲行きが怪しくなってきた。不気味な表情の谷川岳。
2022年01月16日 14:02撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予報通り雲行きが怪しくなってきた。不気味な表情の谷川岳。
1
天神平へ無事下山。
お疲れさまでした。
2022年01月16日 14:08撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平へ無事下山。
お疲れさまでした。
2

感想/記録

一時的に冬型が緩んだ週末。今日は南高北低の気圧配置。上信越の山は風穏やかな晴天で気温も上がる必勝パターン。先週の武尊に続き今週も懲りずに谷川方面へ。
快晴の天神平。ここ数日で1m超の降雪。先行者ラッセルのお陰で苦労せずステップ付トレースを辿る。入山者多く時々渋滞発生するもストレスは感じず。
今日は厳冬期と思えないポカポカな冬日和。気温は-5〜0℃まで上昇。登りでかなり汗をかく。途中ミドルレイヤーを全て脱ぎTシャツの上にハードシェルのみで登った。
トマとオキの双耳峰で大パノラマを満喫した後、鳥居のある富士浅間奥ノ院まで足を伸ばす。そういえば初詣まだ行ってなかったな。思いもよらない参拝を済ませ下山開始。
下山のお楽しみは山頂直下の大斜面。ふかふかズンズン駆け下りBCのシュプールに負けない自分の軌跡を刻むこと。肩の小屋でスノーシューを装着し戦攻めのように一気に天狗の溜まり場へ。最高に気持ちが良かった。その後もスノーシューを履いたまま快調に天神平へ下山した。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1417人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ