また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 39310 全員に公開 沢登り丹沢

湯河原幕岩→雨天のためモミソ沢転進(県連L学校補講)

日程 2009年05月24日(日) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー4人
天候雨時々曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

小田原駅8:30=
新茅橋11:20
11:27モミソ沢出合
13:00モミソ沢大棚
14:00モミソ沢左岸尾根
15:00新茅橋
=湯花楽(入浴)
=渋沢駅踏み切り近く「さつま茶屋」飲み会
コース状況/
危険箇所等
■モミソ沢
  ・遡行グレード1級
ファイル 20090524yugawaramakuiwa.xls (更新時刻:2009/05/22 21:36)
過去天気図(気象庁) 2009年05月の天気図 [pdf]

写真

新茅橋を出発
何だか雨も小降りになってきた
2009年05月24日 11:20撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新茅橋を出発
何だか雨も小降りになってきた
モミソ沢出合にあるモミソ岩(懸垂岩)
2009年05月24日 11:23撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミソ沢出合にあるモミソ岩(懸垂岩)
モミソ沢へ
2009年05月24日 11:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミソ沢へ
小滝が続く
2009年05月24日 11:30撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝が続く
モミソ沢の水量は左の支沢からほとんど流入する
本流(右)はほとんどなし
2009年05月24日 11:49撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミソ沢の水量は左の支沢からほとんど流入する
本流(右)はほとんどなし
両門がそれぞれ15m壁となったところは右壁へ
2009年05月24日 12:14撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両門がそれぞれ15m壁となったところは右壁へ
右壁高巻き
2009年05月24日 12:14撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右壁高巻き
ゴルジュ内に入る
2009年05月24日 12:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュ内に入る
ゲロゲ〜ロ
2009年05月24日 12:30撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲロゲ〜ロ
大棚15m
2009年05月24日 13:02撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚15m
大棚をリードする
2009年05月24日 13:11撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚をリードする
核心は落ち口で元蕕らい
2009年05月24日 13:12撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心は落ち口で元蕕らい
大棚を登る
2009年05月24日 13:31撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚を登る
大棚を登る
2009年05月24日 13:33撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚を登る
大棚を登る
2009年05月24日 13:45撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚を登る
午後の日差しが森を照らす
2009年05月24日 13:55撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後の日差しが森を照らす
この辺から左岸尾根に這い上がった
2009年05月24日 13:55撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から左岸尾根に這い上がった
モミソ沢左岸尾根
2009年05月24日 14:02撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミソ沢左岸尾根
左岸尾根を下り水無川本谷へ降りる
2009年05月24日 14:56撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸尾根を下り水無川本谷へ降りる
新茅橋の上で戸川林道へ
2009年05月24日 15:01撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新茅橋の上で戸川林道へ
モミソ沢を仰ぐ
2009年05月24日 15:04撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミソ沢を仰ぐ

感想/記録
by kamog

余程の悪天でもない限り「現地で判断しましょう」を合言葉に
小田原駅に予定通り集合。
山は意外にも現地に行ってみなければわからない。
それにも増して、その山行に参加表明したメンバーのそれぞれのモチベーションや
思い出になるであろう、その時そのときのメンバーシップを
リーダーの独断性で踏み潰してしまってはならない。
現地へ行って、力量を越えるようなリスクが想定されるなら
その場で中止したってよい。
中には高いモチベーションを持ったメンバーだっているのだから
パーティ全員で現地判断するのが僕の信条のひとつでもある。

だがエリア全面時折強い雨が降っており、岩場は絶望的。
そんな時に代替案として準備していた、普段は水量のほとんどない
表丹沢/モミソ沢へ、メンバー全員の意思固めを行い
現地まで行ってみることにする。
見れば水量は普段より少し多い程度で、雨もあまり降っていない。
クライミングシューズを沢靴に履き替えていざ入渓。
この流域にしては深いゴルジュの短い沢を何だかんだと満喫した。
下降は一般登山道を使うことは滅多にしないkamogの予定していた
モミソ沢左岸尾根を下降して、渋沢の湯花楽で汗と沢臭さを落とす。
その後、渋沢駅近くの後藤定番の居酒屋「さつま茶屋」にて
失った水分補給をしました。

こんな悪条件だからこそ経験できるものがある。
悪条件を経験するからこそリスクイメージが作られ
それが積み重なれば真の安全登山につながるものだと思っている。
ただし予想されるリスクが自分たちの力量を越える可能性があるならば
もちろん中止することは当たり前。
現地に集まる意義の一番はパーティ内のFaceToFaceコミュニケーションだ。
それが次にもつながる。
訪問者数:2052人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ