また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3934546 全員に公開 雪山ハイキング 六甲・摩耶・有馬

六甲縦走路・その⑤ 残雪残る山歩き。六甲最高峰から荒地山の経路にある下りはスリリング!(六甲山・なかみ山・荒地山)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年01月22日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:46
距離
13.7 km
登り
473 m
下り
1,194 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

先週に続いて六甲、山の部は3回目。
雪はそれほど解けることなく残っている六甲。
寒さは相変わらずだけど、晴れ間が多く、天気は良かった。
予定通り、六甲最高峰まで東に進路をとり、そこから南へ下り、芦屋川駅への帰路を。次回で六甲縦走は、一巡できそうです。
さあ、振り返りましょう。

今回は阪急六甲の最寄に車を止め、バスで六甲ケーブル下駅へ。ケーブルカーで登頂し、六甲最高峰へ向かいました。

六甲最高峰迄は、車道を並行に、またクロスしながら、ガーデンテラスを経て進みます。
最高峰ののち、一軒茶屋でカレーライスを。
そのあとの下りは、荒地山を経由するルートを選択したけど、このルートに注意点。
荒地山南にあるロックセクションの下りが大変でした。

(注意)岩梯子なるものあり。そこを下る必要が。。。

南からの登りルートだと、一本道から手前に岩梯子、その奥に迂回ルートが見えるので、選択と検討は可能。けど、北からの下りの場合、この危険箇所、見晴らしが大変良い。→下りのルートは垂直に下るのみ。だから見晴らし良い。となります。
梯子は、降りるのは怖い場合、ありますよね。
岩梯子の上に来て、その上から絶望的な下りを目の当たりにしたり、岩梯子以外の下り経路で道の無いところに出たりと少し迷いやすいかと。初心者の方はホント注意して。
私は岩梯子にはたどり着かず、誤ったルートを下ろうとし、断念し、違うルートを探すといったやりとりをしています。
北からの下りの場合の選択は、下山方向を見て左手・東からのアプローチで迂回側になります。3点支持を心掛けて、ゆっくりとそして十分にご注意を。落ち着いて行けば、大丈夫です。
色々考えながらの下りになったので、この件を含め、荒地山経由は歩いた感のあるルートになりました。途中、このポイントでお会いした親子のパーティも、無事下り切ることができたようで何より。

あとは装備の懸案。
この日の山頂付近の東方向への移動は、車道を迂回するように設けられた歩道の起伏と、六甲最高峰からの帰路初めの下り坂にある雪が足元の注意を敏感にさせます。中でも日陰にある残雪が凍ってもいるんですね。
滑ることはなかったけど、ノーマルな靴底では正直、不安を感じながら変な力を使った歩きになっていたかと。
帰ってからは、チェーンスパイクをポチって、その気を紛らわせておりました。
こちらは次回、お試しを予定。

帰りは、久しぶりに汗流して帰ります。
湊山温泉へ。
昨春にきたきりで、だいぶ開いてしまってたけと、変わらず、しっかりの温泉です。
リラックスできました。

さあ、次は最後になる六甲縦走。
寒くてもいいので、天気がいい日を選びたい。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:113人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アプローチ ケーブルカー 温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ