また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 406314 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

難所が滝は凍っているか?

日程 2014年02月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
宇美町昭和の森キャンプ場駐車場
http://www14.plala.or.jp/ja6dbs/shinrin/showamori/showamori.html



経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

11:10 昭和の森駐車場 
12:20 難所が滝(昼食)
14:40 宝満山
15:45 難所が滝
16:45 昭和の森駐車場 
過去天気図(気象庁) 2014年02月の天気図 [pdf]

写真

宇美町昭和の森キャンプ場の先にある駐車場(現在地印)から登山道は始まりますが、登山口の標記がなく、この地図では初めての人には分かりづらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宇美町昭和の森キャンプ場の先にある駐車場(現在地印)から登山道は始まりますが、登山口の標記がなく、この地図では初めての人には分かりづらい。
砂利道を進むと「立入禁止」と阻まれるが気にせず進むこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂利道を進むと「立入禁止」と阻まれるが気にせず進むこと。
さらに「立入禁止」ゲートが出てくるが門の脇を抜けるべし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに「立入禁止」ゲートが出てくるが門の脇を抜けるべし。
谷川を渡るとようやく登山道らしくなる。増水時の渡河には注意を要する。僕は一度、落ちた(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川を渡るとようやく登山道らしくなる。増水時の渡河には注意を要する。僕は一度、落ちた(笑)。
1
思ったより雪がないなぁ。ここ数日の寒波に期待を寄せていたが、これでは…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思ったより雪がないなぁ。ここ数日の寒波に期待を寄せていたが、これでは…。
足元はぬかるみ泥だらけ。ロングスパッツにしておいて良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元はぬかるみ泥だらけ。ロングスパッツにしておいて良かった。
標高が上がるにつれ雪は少し増えた。ミニ雪ダルマがお出迎えしてくれていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がるにつれ雪は少し増えた。ミニ雪ダルマがお出迎えしてくれていた。
2
ばっちり凍っていればこんな姿のハズ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ばっちり凍っていればこんな姿のハズ。
でも実際は、こんな感じ。氷がゼロではなかっただけ、良かったとするか(笑)。登山客は結構いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも実際は、こんな感じ。氷がゼロではなかっただけ、良かったとするか(笑)。登山客は結構いました。
1
たぶん昨日の方が育っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶん昨日の方が育っていた。
1
1月中旬は結構、育っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1月中旬は結構、育っていた。
1
なんか、無い髪の毛を必死に残しているような空しさ感が漂っている(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか、無い髪の毛を必死に残しているような空しさ感が漂っている(笑)。
4
というわけで難所が滝はそこそこに、川原谷コースを登ることにした。おお?結構積もっていますよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
というわけで難所が滝はそこそこに、川原谷コースを登ることにした。おお?結構積もっていますよ。
1
縦走路を歩くと気持ちいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路を歩くと気持ちいい。
2
宝満山まで来たけど、ガスガスで何も見えず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝満山まで来たけど、ガスガスで何も見えず。
1
帰りにはミニ雪ダルマが増えていました(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りにはミニ雪ダルマが増えていました(笑)。

感想/記録

1月中旬にはそれなりの氷柱が育っていたらしい「難所が滝」。福岡で氷瀑が拝めるスポットとして知られており、冬季の低山登山の人気コースだ。2月になって春を思わせる陽気が続いたため氷柱は消滅していたのだが、数日前に寒気が戻ったので(もしや)と思っていたところに、スケジュールの都合がついた。

朝イチの仕事を済ませて登山口となる昭和の森駐車場に着いたとき(10:30)には既にほぼ満車の状態。スペースを見つけて駐車するも、登山口がどこなのか良く分からない(笑)。案内板(画像参照)を見ても、いまひとつ分からないのだ。うーん、と考え込んでいると声をかけられた。

「あのー、難所が滝へ登るのはこの道でいいんですかね?」とのこと。
僕も良く分からないんですが、たぶんそうでしょう。今からですか?
「いやあ、小雨模様だし、初めてだし、どうしようかと悩んでいるんですよ。おたくは?」
僕はこれから登るつもりです。
「そうですか、お気をつけて」

そんなやり取りをした後に準備を進めていると、続々と下山者が降りてくる。ああ、こっちが登山道なんだな、とようやく分かった。あ、声かけられた人にはウソ言っちゃってるなぁ…。そんな事を思いつつ、気持ちよく登りました(笑)。難所が滝は氷柱もほぼ無いに等しいほどのものでしたが、しっかり育てば見応えあるものだろうと分かるもので、来季の楽しみが増えました。

軽く昼食をとったあと、宝満山まで登ることに。縦走路に出た辺りでは雪もしっかり残り、なかなかに美しい景色でした。これで晴れていれば言うことなしなのですが。いやいや、それは欲が深すぎますね。今日は雨にならなければそれで良し、と思っていたはずなのに。山歩きをするといつも、自分が身勝手で欲の深い人間だと自省させられます(笑)。

山はいいなぁ。頭がからっぽになって、心がいっぱいになる。
さて来週は20年ぶりの六甲全山縦走です。楽しんできます。
訪問者数:624人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ