また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4191454 全員に公開 ハイキング 近畿

段ヶ峰〜フトウガ峰〜達磨ヶ峰 (兵庫県)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年04月20日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
気温:17〜22度
アクセス
利用交通機関
車・バイク
生野高原CCの手前、段ヶ峰登山口第一駐車場に車を停めてスタート。第二駐車場もあります。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:26
距離
12.3 km
登り
863 m
下り
860 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間42分
休憩
39分
合計
5時間21分
S生野高原登山口08:2709:20達磨ヶ峰09:2310:39フトウガ峰10:4411:16段ヶ峰11:4312:19フトウガ峰12:2213:21達磨ヶ峰13:2213:48生野高原登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
生野の登山口から、達磨ヶ峰〜フトウガ峰を越えて段ヶ峰に至る尾根道。よく歩かれているようで、明瞭で歩きやすい一本道です。
その他周辺情報■ トイレ事情
駐車場の傍に、バイオトイレがあります。
過去天気図(気象庁) 2022年04月の天気図 [pdf]

装備

備考 トップス:ミレー/ドライナミックメッシュ_NS、パタゴニア/キャプリーンデイリー、Wic.ZEO
ボトムス:TNF/アルパインライトパンツ
シューズ:タイオガブーツ、ショートスパッツ、トレッキングソックス、
その他:マムート/リチウムプロ28

写真

生野高原、段ヶ峰登山口、ここから出発です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生野高原、段ヶ峰登山口、ここから出発です。
3
このあたりは、葉が落ちたままで見通しがいいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは、葉が落ちたままで見通しがいいです。
2
東方面、山座特定できません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東方面、山座特定できません。
2
達磨の肩、厳しい登りはほぼ終わったようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達磨の肩、厳しい登りはほぼ終わったようです。
2
眼下にゴルフ場、左奥は笠形山か(自信なし)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下にゴルフ場、左奥は笠形山か(自信なし)。
3
達磨ヶ峰、三等三角点(勝負沢)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達磨ヶ峰、三等三角点(勝負沢)
3
進行方向、真正面がフトウガ峰、左奥が段ヶ峰。非常に見通しのよい縦走路です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向、真正面がフトウガ峰、左奥が段ヶ峰。非常に見通しのよい縦走路です。
4
左へパン、左奥が平石山、中央やや右に千町ヶ峰、その右奥は大段山かなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左へパン、左奥が平石山、中央やや右に千町ヶ峰、その右奥は大段山かなぁ。
2
第二峰、達磨ヶ峰の第二峰ということでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二峰、達磨ヶ峰の第二峰ということでしょう。
2
最低コル、ここから登りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最低コル、ここから登りです。
3
正面奥に暁晴山、右端が千町ヶ峰(だと思う)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面奥に暁晴山、右端が千町ヶ峰(だと思う)。
2
四等三角点(倉谷)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四等三角点(倉谷)
3
フトウガ峰、到着。ただっぴろい高原台地。左奥に段ヶ峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フトウガ峰、到着。ただっぴろい高原台地。左奥に段ヶ峰。
5
辛うじて氷ノ山が見えていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辛うじて氷ノ山が見えていました。
4
左に行くと、長い林道に降りるようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に行くと、長い林道に降りるようです。
3
四輪車のような轍。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四輪車のような轍。
2
二等三角点(段ヶ峰)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二等三角点(段ヶ峰)
3
段ヶ峰、二回目。見晴らしはよいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段ヶ峰、二回目。見晴らしはよいです。
6
たぶん、大段山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶん、大段山。
2
左のコブが杉山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左のコブが杉山。
2
左がフトウガ峰、その奥が達磨ヶ峰になろうかと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左がフトウガ峰、その奥が達磨ヶ峰になろうかと。
3
段ヶ峰山頂の様子。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段ヶ峰山頂の様子。
2
帰途、東方面。フトウガ峰三角点辺りより。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰途、東方面。フトウガ峰三角点辺りより。
3
さらに東へ。達磨ヶ峰、第二峰辺りより。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに東へ。達磨ヶ峰、第二峰辺りより。
2
左から平石山、中央右に千町ヶ峰、右奥は大段山のような気がしてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から平石山、中央右に千町ヶ峰、右奥は大段山のような気がしてきた。
2
正面に段ヶ峰、その右がフトウガ峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に段ヶ峰、その右がフトウガ峰。
2
達磨ヶ峰まで戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達磨ヶ峰まで戻ってきました。
2
せまっ苦しいところで生きる樹木。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せまっ苦しいところで生きる樹木。
3
戻ってきました、第一駐車場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきました、第一駐車場。
2
フトウガ峰と段ヶ峰の間で拾得しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フトウガ峰と段ヶ峰の間で拾得しました。
2
駐車場のトイレの柱にくくりつけておきました。底に水抜きの穴を開けるのを忘れてます。「忘れ物」と書いていますが、正確には「落し物」でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場のトイレの柱にくくりつけておきました。底に水抜きの穴を開けるのを忘れてます。「忘れ物」と書いていますが、正確には「落し物」でした。
3
道の駅(銀の馬車道)で、ソフトをほおばります。250円也。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅(銀の馬車道)で、ソフトをほおばります。250円也。
3

感想/記録

宍粟50の復習、一山に続き二座めは段ヶ峰、当然二回めです。前回は千町ヶ峰〜千町峠から登り、杉山〜笠杉山のほうへ縦走しました。メインルートのひとつ、生野からの尾根歩きをしたくてやってきました。
フトウガ峰は何度か好評を聞いていたので楽しみにしていました。多少殺風景でしたが、爽やかで展望はよかったです。判りやすいピークが少ないのは少々残念な点でした。
那岐山〜滝山に比べて静か、蒜山三座に比べてアップダウンが楽、朝鍋鷲ヶ山〜毛無山に比べて風通しがよい。単調ですが、のんびり歩くには適地かと。ただ自宅からは遠い、車での往復に6時間、歩きが往復で6時間、気楽に来るには遠すぎます。

前日のてんくらに寄ると、段ヶ峰山頂の気温は10〜12度くらいということでした。念のため防寒具を用意しておきましたが、実際には20度を越えていて、荷物になっただけでした。それはともかく、道中は涼しい風が吹きぬけて、心地よく歩きとおせました。
もう少し暖かくなると、ヒルが出てくるそうです。その時は「ヒル下がりのジョニー」をひと吹き、一発撃退です。

フトウガ峰と段ヶ峰の間でモンベルの座布団(トレールクッション)を拾いました。どうしようかと思いましたが、駐車場まで持ち帰っておきました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:233人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 三角点 コル 縦走 てんくら
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ