また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4223637 全員に公開 ハイキング 甲信越

里山めぐり 子檀嶺岳+十観山+夫神岳(青木村)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年04月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候ガスのち晴れ 気温3℃〜8℃(山頂)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
〔子檀嶺岳(こまゆみだけ)〕
青木村道の駅の手前、大法寺三重塔に向かう舗装林道を直進、突当りに登山口。
登山口直近に5〜6台分の駐車スペースあり。
200mくらい手前に登山者休憩所小屋と駐車場もあり、こっちに停めるのが正解かも。長野市内から45辧1時間。

〔十観山(じっかんざん)〕
子檀嶺岳登山口から10卆省、信州昆虫資料館の駐車場に駐車。
手前の横手キャンプ場に登山者用駐車場とトイレがあるようです。
山頂直下にもトイレが設置されています。

〔夫神岳(おかみだけ)〕
十観山登山口から7.5卞酖譟△泙襪戮蝓璽ートキャンプ場内に登山者用駐車場とトイレあります。

〔青木三山トレッキングマップ(PDF)↓〕
http://www.vill.aoki.nagano.jp/asset/00032/kanko/kankoukyoukai/aruku/trekimge/trek_map.pdf
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:10
距離
14.6 km
登り
1,436 m
下り
1,410 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間36分
休憩
1時間53分
合計
8時間29分
S当郷管社登山口06:1406:39強清水06:4406:56岳の平07:30子檀嶺岳07:5708:15岳の平08:1608:23強清水08:2408:40当郷管社登山口09:55十観山10:1211:42信州まるべりーオートキャンプ場11:4312:17月波の泉13:01夫神岳14:0114:22月波の泉14:2314:43信州まるべりーオートキャンプ場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報(立ち寄り湯)
下山後、沓掛温泉の「小倉の湯」へ。
日帰り専用の共同浴場で内風呂のみ、石鹸類なし。お湯はぬるめで長湯できます。入浴料200円。
ほかにも近郊に田沢温泉などの温泉が多数あります。
(青木村HP↓)
http://www.vill.aoki.nagano.jp/assoc/hotsprig/hotspring2.html
過去天気図(気象庁) 2022年04月の天気図 [pdf]

写真

道の駅の裏手に聳える子檀嶺岳(こまゆみだけ)。
山頂は雲の中。眺めは期待薄…
2022年04月30日 05:44撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅の裏手に聳える子檀嶺岳(こまゆみだけ)。
山頂は雲の中。眺めは期待薄…
11
青木村の道の駅から4キロ弱で登山口。
直近の草地に駐車してスタートします。
2022年04月30日 06:05撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青木村の道の駅から4キロ弱で登山口。
直近の草地に駐車してスタートします。
5
動物避けのゲートを開けて登山道へ。
2022年04月30日 06:12撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動物避けのゲートを開けて登山道へ。
5
雰囲気の良い竹林の中を通過して、
2022年04月30日 06:15撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気の良い竹林の中を通過して、
10
しばらくは林道のような幅広な道が続きます。
傾斜はそれほどでもありません。
2022年04月30日 06:48撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは林道のような幅広な道が続きます。
傾斜はそれほどでもありません。
5
45分程で林道を外れて登山道に取り付きます。
2022年04月30日 06:55撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
45分程で林道を外れて登山道に取り付きます。
5
旧鳥居跡を通過。
2022年04月30日 06:57撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧鳥居跡を通過。
7
たぶんこれが旧鳥居。
倒れたままの形で残っています。
2022年04月30日 06:57撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶんこれが旧鳥居。
倒れたままの形で残っています。
7
旧鳥居跡を過ぎると徐々に斜度アップ。
黙々と登って、
2022年04月30日 07:06撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧鳥居跡を過ぎると徐々に斜度アップ。
黙々と登って、
5
山頂尾根に乗りました。
だんだんガスが濃くなってきたぞ…
2022年04月30日 07:28撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂尾根に乗りました。
だんだんガスが濃くなってきたぞ…
6
山頂尾根からひと登り。
1223mの子檀嶺岳山頂に到着。
2022年04月30日 07:30撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂尾根からひと登り。
1223mの子檀嶺岳山頂に到着。
16
山頂には立派な祠がありました。
2022年04月30日 07:30撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には立派な祠がありました。
13
それにしても真っ白や…
2022年04月30日 07:31撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても真っ白や…
4
雲の切れ間を待ちますが、これが精いっぱい。
2022年04月30日 07:31撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の切れ間を待ちますが、これが精いっぱい。
15
祠の横の木製ベンチで朝ごはん。
信州味噌のオニギリにほうれん草のお味噌汁。
ニッポン人の正しい朝食。
さらに野沢菜があれば言うことありません。
2022年04月30日 07:36撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠の横の木製ベンチで朝ごはん。
信州味噌のオニギリにほうれん草のお味噌汁。
ニッポン人の正しい朝食。
さらに野沢菜があれば言うことありません。
23
食べてるうちに晴れるかと思いましたが、天気は変わらず。
あきらめて下山開始です。
2022年04月30日 07:59撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食べてるうちに晴れるかと思いましたが、天気は変わらず。
あきらめて下山開始です。
6
麓近くまで降りてきました。
なんだか陽が射してきたような。
2022年04月30日 08:33撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓近くまで降りてきました。
なんだか陽が射してきたような。
6
おっ青空。
下山するとね…まぁいつものことですな。
2022年04月30日 08:40撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ青空。
下山するとね…まぁいつものことですな。
12
登山口着。では次の山へ向かいます。
2022年04月30日 08:42撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口着。では次の山へ向かいます。
5
麓へ移動中に眺めた子檀嶺岳の山容。
さっきまで雲の中だったのに?
一時間足らずの間にすっかり晴れました。
2022年04月30日 08:52撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓へ移動中に眺めた子檀嶺岳の山容。
さっきまで雲の中だったのに?
一時間足らずの間にすっかり晴れました。
16
道の駅を通過して、西隣の十観山(じっかんざん)へ。
田沢温泉の手前から舗装林道に入ります。
2022年04月30日 08:57撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅を通過して、西隣の十観山(じっかんざん)へ。
田沢温泉の手前から舗装林道に入ります。
8
横手キャンプ場の先、信州昆虫資料館の駐車場に駐車させてもらいました。
十観山の標高は1300ⅿ近くありますが、この地の標高は約千メートル。
ちょっとズルしてしまったような後ろめたさを感じます。
2022年04月30日 09:10撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横手キャンプ場の先、信州昆虫資料館の駐車場に駐車させてもらいました。
十観山の標高は1300ⅿ近くありますが、この地の標高は約千メートル。
ちょっとズルしてしまったような後ろめたさを感じます。
7
車道を200ⅿくらい戻ってT字路を右へ。
ここから山頂までは約2キロの行程。
2022年04月30日 09:14撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を200ⅿくらい戻ってT字路を右へ。
ここから山頂までは約2キロの行程。
6
15分くらい林道を歩くと、左手に山頂への標識が出てきます。
2022年04月30日 09:29撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分くらい林道を歩くと、左手に山頂への標識が出てきます。
4
落葉した広葉樹の明るく広い尾根の登りが続き、
2022年04月30日 09:38撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落葉した広葉樹の明るく広い尾根の登りが続き、
6
駐車場から一時間かからずに山頂着。
山頂台地は公園かキャンプ場のような広さ。
2022年04月30日 09:56撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から一時間かからずに山頂着。
山頂台地は公園かキャンプ場のような広さ。
11
眺望はなかなか。遠くに浅間山連峰も望めます。
2022年04月30日 09:56撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望はなかなか。遠くに浅間山連峰も望めます。
18
さっき登ってきた子檀嶺岳が目の前に。
奥に薄っすら見えるのは四阿山のようです。
2022年04月30日 09:57撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっき登ってきた子檀嶺岳が目の前に。
奥に薄っすら見えるのは四阿山のようです。
14
眼下にはミニチュアのような青木村の集落が望めます。
2022年04月30日 09:58撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下にはミニチュアのような青木村の集落が望めます。
10
広場の奥の方に山頂標もありました。
2022年04月30日 09:59撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場の奥の方に山頂標もありました。
9
明るい落葉の道をすたこら下っていきます。
きつい急登もなく、雰囲気の良い里山でした。
2022年04月30日 10:14撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい落葉の道をすたこら下っていきます。
きつい急登もなく、雰囲気の良い里山でした。
7
車を停めた昆虫資料館の裏手に出てきました。
駐車場を使わせていただいたので、入館料300円を払って見学。
昆虫標本や書籍が多数。見応えありました。
2022年04月30日 10:38撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車を停めた昆虫資料館の裏手に出てきました。
駐車場を使わせていただいたので、入館料300円を払って見学。
昆虫標本や書籍が多数。見応えありました。
6
またまた車で南東方向へ移動。
正面の山が、次に登る夫神岳(おかみだけ)。
2022年04月30日 11:31撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた車で南東方向へ移動。
正面の山が、次に登る夫神岳(おかみだけ)。
10
まるべりーオートキャンプ場の最奥に、登山者用駐車場。
10台以上は停められそうな広さ。奥にトイレもあります。
2022年04月30日 11:43撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるべりーオートキャンプ場の最奥に、登山者用駐車場。
10台以上は停められそうな広さ。奥にトイレもあります。
5
動物避けの柵を通り抜けて歩きはじめます。
新緑が良い感じ。
2022年04月30日 11:47撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動物避けの柵を通り抜けて歩きはじめます。
新緑が良い感じ。
6
エンゴサクみたいな花?
と思ったら、この先の群落に「けまんそう(むらさき)」と書かれた札が置かれていました。
2022年04月30日 11:48撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エンゴサクみたいな花?
と思ったら、この先の群落に「けまんそう(むらさき)」と書かれた札が置かれていました。
12
こっちはネコノメソウの群落。
2022年04月30日 12:06撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちはネコノメソウの群落。
13
ヤマブキの花は至るところで咲いてます。
2022年04月30日 12:08撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマブキの花は至るところで咲いてます。
15
祠のある場所から林道を外れて右手の登山道へ。
2022年04月30日 12:17撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠のある場所から林道を外れて右手の登山道へ。
4
道は細くなり、傾斜も徐々に増してきます。
2022年04月30日 12:23撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は細くなり、傾斜も徐々に増してきます。
4
残り600ⅿ。この辺りから急登が始まります。
2022年04月30日 12:33撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残り600ⅿ。この辺りから急登が始まります。
4
100ⅿごとに残り距離の標識が出てきて励まされますが、息も絶え絶え。
2022年04月30日 12:57撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100ⅿごとに残り距離の標識が出てきて励まされますが、息も絶え絶え。
4
やっと着いた…
2022年04月30日 13:00撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと着いた…
13
標高1250ⅿの夫神岳に到着。
今日登った中ではこの山が一番きつかったかも。
2022年04月30日 13:00撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1250ⅿの夫神岳に到着。
今日登った中ではこの山が一番きつかったかも。
9
ここも山頂部は広場のよう。
祠と丸太のベンチがありました。
2022年04月30日 13:01撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも山頂部は広場のよう。
祠と丸太のベンチがありました。
12
ここからの眺望も素晴らしい!
丸太のベンチに座ると青木村の街並みが一望。
子檀嶺岳の奥には、火打山などの頚城山塊や飯縄山も見えました。
2022年04月30日 13:01撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの眺望も素晴らしい!
丸太のベンチに座ると青木村の街並みが一望。
子檀嶺岳の奥には、火打山などの頚城山塊や飯縄山も見えました。
12
山頂からは木の陰になって見えませんが、少し尾根を進んだ先からは北アルプスの稜線もチラリと見えます。
2022年04月30日 13:06撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からは木の陰になって見えませんが、少し尾根を進んだ先からは北アルプスの稜線もチラリと見えます。
16
最後の山がこんなにきつかったとは。
完全に舐めてました。
靴も脱いでガッツリ休んでいきましょう。
2022年04月30日 13:28撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の山がこんなにきつかったとは。
完全に舐めてました。
靴も脱いでガッツリ休んでいきましょう。
13
お湯を沸かして天ぷらそば。
塩分摂取します。うまかった〜(^^)
2022年04月30日 13:28撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お湯を沸かして天ぷらそば。
塩分摂取します。うまかった〜(^^)
14
山頂独り占めで眺望満喫しました。
これにて下山開始です。
2022年04月30日 14:03撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂独り占めで眺望満喫しました。
これにて下山開始です。
5
駐車場手前の動物避けゲートに戻ってきました。
キャンプ場のにぎやかな声が響いています。
2022年04月30日 14:43撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場手前の動物避けゲートに戻ってきました。
キャンプ場のにぎやかな声が響いています。
4
駐車場前の広場でヤギさんがくつろぎ中。
子ども達から「ユキちゃん」と呼ばれてました。
2022年04月30日 14:50撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場前の広場でヤギさんがくつろぎ中。
子ども達から「ユキちゃん」と呼ばれてました。
15

感想/記録

上田市近郊の青木村にある青木三山(子檀嶺岳(こまゆみだけ)、十観山(じっかんざん)、夫神岳(おかみだけ))をセットで登ってきました。
と言っても、車移動をふんだんに使った最短距離のピストン行程でしたが。

登る順番を、子檀嶺岳→十観山→夫神岳としましたが、最後の夫神岳がなかなかの難敵。山頂に近づくほど急な登りになる山で、疲労困憊となりました。その分達成感もありましたが。
子檀嶺岳と夫神岳を先に登り、最後にサクッと十観山に登り麓で温泉に浸かって〆、というのが正しい三山歩きの姿かと思われます。まあ人それぞれですかね。

朝のうちは期待できないと思われた天気も、最後はすっかり回復。
終わりよければ全て良し、な山行でした。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:288人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ