また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4236433 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

嵯峨小倉山のルート開拓

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年05月03日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)
GPS
04:01
距離
7.4 km
登り
437 m
下り
367 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

一の井堰(葛野大堰)に西高瀬川の起点がある。
2022年05月03日 10:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の井堰(葛野大堰)に西高瀬川の起点がある。
展望台から見える船。遡上してるが、近くの岩を回って反転した。
2022年05月03日 10:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から見える船。遡上してるが、近くの岩を回って反転した。
1
展望台の休憩所。小倉山へ向かう道に展望台は少なくとも三つあった。
2022年05月03日 10:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台の休憩所。小倉山へ向かう道に展望台は少なくとも三つあった。
左へ行きます。看板には「嵐山公園はここまでです」とある。
2022年05月03日 10:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左へ行きます。看板には「嵐山公園はここまでです」とある。
さらに道が分かれる。メインでないほうの道、左へ。枝が横に渡してあるのは無視。
2022年05月03日 10:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに道が分かれる。メインでないほうの道、左へ。枝が横に渡してあるのは無視。
迷いようもない一本道。
2022年05月03日 10:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷いようもない一本道。
立派なキノコ。裏はヒダです。名前はわかりません。
2022年05月03日 11:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なキノコ。裏はヒダです。名前はわかりません。
1
古いレールを切って柵にしているが、何のためなのかさっぱり。
2022年05月03日 11:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古いレールを切って柵にしているが、何のためなのかさっぱり。
レール柵近くの砂防堤。だが、上に柵がある。
2022年05月03日 11:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レール柵近くの砂防堤。だが、上に柵がある。
気になって登ってみたが、何もない。
2022年05月03日 11:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気になって登ってみたが、何もない。
高くなるとともに視界がひらけてくる。向かいの山は広葉樹と針葉樹できっちり色分け。
2022年05月03日 11:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高くなるとともに視界がひらけてくる。向かいの山は広葉樹と針葉樹できっちり色分け。
小倉山山頂に到達。貞信公(藤原忠平)の和歌がぺったり貼り付け。
2022年05月03日 11:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉山山頂に到達。貞信公(藤原忠平)の和歌がぺったり貼り付け。
山頂、296m。ヤマレコは289mとか言ってました。
2022年05月03日 11:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂、296m。ヤマレコは289mとか言ってました。
1
山頂から下りてメインのルートに合流したところ。
2022年05月03日 12:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から下りてメインのルートに合流したところ。
ぐるっと柵に囲まれている。植林している気配もあまり感じられず。
2022年05月03日 12:05撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐるっと柵に囲まれている。植林している気配もあまり感じられず。
北側に下りて行くように見えた林道。元の道に戻っただけでした。
2022年05月03日 12:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側に下りて行くように見えた林道。元の道に戻っただけでした。
林道にご臨終のモグラ、一匹。
2022年05月03日 12:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道にご臨終のモグラ、一匹。
1
街中へ降りるにはフェンスに沿って急坂を進むしかない。網はビニル製で頼りない。
2022年05月03日 12:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
街中へ降りるにはフェンスに沿って急坂を進むしかない。網はビニル製で頼りない。
1
蛇籠の砂防堤。この下のほうに街がある。
2022年05月03日 12:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇籠の砂防堤。この下のほうに街がある。
祠の台と屋根のみが残る。すぐ裏に民家がある。
2022年05月03日 12:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠の台と屋根のみが残る。すぐ裏に民家がある。
振り返って蛇籠砂防堤を見たところ。
2022年05月03日 12:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って蛇籠砂防堤を見たところ。
鳥居の火床に向かう。山中立入りを禁ず山主。
2022年05月03日 13:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居の火床に向かう。山中立入りを禁ず山主。
火床まではすぐだけど、自分の記憶より距離があった。
2022年05月03日 13:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火床まではすぐだけど、自分の記憶より距離があった。
鳥居の火床に到着。これを登らなければ。
2022年05月03日 13:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居の火床に到着。これを登らなければ。
1
低い山だけど見晴らしはいい。
2022年05月03日 13:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低い山だけど見晴らしはいい。
火床はきれいに清掃されてて、燃え残りは別のところに集められている。火災予防のためか。
2022年05月03日 13:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火床はきれいに清掃されてて、燃え残りは別のところに集められている。火災予防のためか。
青空の下の火床。世界文化遺産級の美しいフォルム。このあとは観空寺谷林道へ向かう。
2022年05月03日 13:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の下の火床。世界文化遺産級の美しいフォルム。このあとは観空寺谷林道へ向かう。
竹林に下りたところ。前にも来てるはずなのに、まるで記憶にない。
2022年05月03日 14:05撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹林に下りたところ。前にも来てるはずなのに、まるで記憶にない。
分流した農業用水。きれいな水で手を洗わせてもらいました。
2022年05月03日 14:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分流した農業用水。きれいな水で手を洗わせてもらいました。
小倉山ルートの足跡図。これで感想で書いたことの意味は一目瞭然かと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉山ルートの足跡図。これで感想で書いたことの意味は一目瞭然かと。
1
撮影機材:

感想/記録

嵯峨の小倉山を通る道はいくつか分岐しながら、川へ下りる道を除き、元の道に戻っている。北東へ向かって府道や街中へ下りるルートがない。

いくつかルート探索することにしました。が、一本下りたところでへばってしまった。

地理院地図に点線で表示されている一つのルートは、張られている柵のルート。崖の脇の急坂をビニルの網とプラの杭をつかみながら下りるというのは、危なっかしくてとても人にオススメできない。

可能性のある残りのルート探索は一旦保留とした。このあと、やる気になれるかどうかはなんとも。

観空寺谷林道へ向かう途中、GPSの示す位置が50メートルほどずれていることに気づいた。元に戻すため、一旦終了してから再開させた。が、再開後のルートは消えていた。

バグらしいが、半日たって見ると、表示されてました。よくわからん。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:99人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 モグラ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ