また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4288803 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 近畿

熊野古道小辺路(152歳余高齢夫婦二人歩きの結末は・・・) 22023

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年05月08日(日) ~ 2022年05月11日(水)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目(5/ 8) 晴時々曇り 風:0〜2m/s、時々3〜4m/s
        気温:13〜14℃(12:30頃、体感)
2日目(5/ 9) 晴後曇り後雨(11:30頃から小雨、15:00頃から本降りに)
        風:0〜2m/s、時々3m/s前後 
        気温:12〜13℃(10:30頃、体感)
3日目(5/10) 曇り・ガス 風:0〜2m/s、時々3〜4m/s
        気温:5〜6℃(10:00頃、体感)
4日目(5/11) 曇り・ガス後小雨(8:30〜13:00)
        風:0〜1m/s、時々2〜4m/s
        気温:10℃前後(11:15頃、体感)
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
往路(5/ 8):泉北 ⇒ 高野山駅(南海電鉄・ケーブル) ⇒ 千手院橋(バス)
復路(5/11):熊野本宮大社前 ⇒ JR紀伊田辺駅(バス) ⇒
       JR三国ヶ丘駅(JR) ⇒ 泉北(南海電鉄)
経路を調べる(Google Transit)
GPS
80:00
距離
58.0 km
登り
3,627 m
下り
4,348 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

【1日目(5/8)】
9:09 千手院橋バス停出発 ー(16分)ー 9:35 ろくろ峠 9:39 ー(35分)ー 10:15 薄峠 10:25 ー(37分)ー 11:04 御殿川橋 11:07 ー(14分)ー 11:25 大滝 11:38 ー(32分)ー 12:12 高野龍神スカイライン出合 12:14 ー(23分)ー 12:42 水ヶ峰分岐 12:58 ー(11分)ー 13:10 林道分岐 13:12 ー(70分)ー 14:46 平辻 14:49 ー(49分)ー 大股バス停着 15:48
歩行時間:4時間47分(9:09〜15:48)
歩行距離:17.4
登高速度:+279m/h −323m/h
累積標高:+752m   −885m
消費エネルギー:1830kcal

【2日目(5/9)】
6:44 大股バス停出発 ー(43分)ー 7:36 萱小屋跡 7:45 ー(47分)ー 8:36 檜峠 8:42 ー(29分)ー 9:15 伯母子岳分岐 9:19 ー(16分)ー 9:36 伯母子峠 9:44 ー(14分)ー 9:59 伯母子岳 10:09 ー(15分)ー 10:25 伯母子峠 10:35 ー(45分)ー 11:29 上西旅籠跡 11:35 ー(42分)ー 12:23 水ヶ元茶屋跡 12:28 ー(62分)ー 13:37 待平屋敷跡 13:40 ー(32分)ー 14:23 伯母子岳登山口 14:28 ー(12分)ー 三浦口バス停着 14:51
歩行時間:5時間57分(6:44〜14:51)
歩行距離:16.9
登高速度:+321m/h − 298m/h
累積標高:+874m   −1182m
消費エネルギー:2188kcal

【3日目(5/10)】
7:24 三浦口バス停出発 ー(31分)ー 8:10 吉村家跡防風林 8:12 ー(38分)ー 8:58 三十丁石 9:00 ー(35分)ー 9:46 三浦峠 9:52 ー(19分)ー 10:16 古矢倉跡 10:18 ー(20分)ー 10:44 出店跡 10:45 ー(57分)ー 11:55 矢倉観音堂 11:58 ー(38分)ー 西中バス停着 12:54
歩行時間:3時間58分(7:24〜12:54)
歩行距離:12.0
登高速度:+324m/h −337m/h
累積標高:+756m   −888m
消費エネルギー:1585kcal

【4日目(5/11)】
7:11 蕨尾口バス停そば松乃家出発 ー(14分)ー 7:30 果無峠登山口 7:32 ー(35分)ー 8:15 果無集落 8:18 ー(45分)ー 9:19 天水田 9:27 ー(44分)ー 10:15 観音堂 10:27 ー(37分)ー 11:11 果無峠 11:16 ー(90分)ー 13:13 七色分岐 13:23 ー(48分)ー 八木尾バス停着 14:23
歩行時間:5時間13分(7:11〜14:23)
歩行距離:10.7km
登高速度:+277m/h −341m/h
累積標高:+934m −979m
消費エネルギー:2037kcal
コース状況/
危険箇所等
道の状況:
 危険個所はありませんが、ガレ・ザレ・落葉の急登・急坂や片側が切れた狭い道が随所にあり、特に濡れた石畳・石段は登り下りともに滑り易いので足元には注意が必要です。伯母子峠から上西旅籠跡にかけての迂回路は崩壊個所修復済みのために本道を歩くことができます(伯母子岳山頂には迂回路表示が残ったままになっています)。なお、その付近では落石が発生し易いので頭上要注意です(筆者の目の前で握り拳2個程度の石が落ちてきました。小動物か風の仕業だと思います)。高野龍神スカイラインほか車道又は舗装林道歩きが多いので、通行車両への注意のほか履物への配慮が要求されます。

登山ポスト:
 大股バス停・伯母子岳登山口・果無峠登山口などにあります。
その他周辺情報温泉・飲食店・宿泊施設等:
 1泊目の野迫川温泉・3泊目の十津川温泉では関連施設が多数あるので殆ど問題ありませんが、2泊目の五百瀬・三浦口には収容人数が少ない農家民宿が2軒しかありません。交通手段も少ないので宿泊先の手配に注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

写真

2022年度ツバメ第一陣の雛が誕生(数は未確認)した本日は・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2022年度ツバメ第一陣の雛が誕生(数は未確認)した本日は・・・、
2
相方の○○歳記念日です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相方の○○歳記念日です。
2
相方所望の熊野古道小辺路歩きにトライします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相方所望の熊野古道小辺路歩きにトライします。
1
出発日を2日前倒ししたので、本日は青空のもとを歩けそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発日を2日前倒ししたので、本日は青空のもとを歩けそうです。
1
『くまの本宮より十七里』の丁石に見送られ・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『くまの本宮より十七里』の丁石に見送られ・・・、
1
御殿川(おどがわ)のルビがある赤い鉄橋を渡り・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿川(おどがわ)のルビがある赤い鉄橋を渡り・・・、
1
登り返して出合った車道を右折(左は高野龍神スカイラインへ)して急登を詰めると大滝の集落です。車道を離れて左手の公衆便所・休憩所へ向かい一服します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返して出合った車道を右折(左は高野龍神スカイラインへ)して急登を詰めると大滝の集落です。車道を離れて左手の公衆便所・休憩所へ向かい一服します。
1
最終民家前から山道を進むと・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終民家前から山道を進むと・・・、
3
半時間後には高野龍神スカイラインに出合います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半時間後には高野龍神スカイラインに出合います。
2
水ヶ峰分岐まで約1.5kmの車道歩きが続きますが・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水ヶ峰分岐まで約1.5kmの車道歩きが続きますが・・・、
1
右手の山並を見たり・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手の山並を見たり・・・、
3
猛スピードの車両に驚いたりしている内に・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猛スピードの車両に驚いたりしている内に・・・、
1
水ヶ峰入口標識に出合い・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水ヶ峰入口標識に出合い・・・、
1
伊勢神宮式鳥居横のベンチでランチタイムです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊勢神宮式鳥居横のベンチでランチタイムです。
1
怖がりの相方もこの道幅なら・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
怖がりの相方もこの道幅なら・・・。
2
タイノ原林道へ上がるとハシリドコロが群生していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タイノ原林道へ上がるとハシリドコロが群生していました。
2
嘗て集落があり、旅籠も多数あったそうですが・・・。
タイノ原林道は地道と舗装路が交互に現れ・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嘗て集落があり、旅籠も多数あったそうですが・・・。
タイノ原林道は地道と舗装路が交互に現れ・・・、
1
出合いたくない熊さんの看板も彼方此方に立っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合いたくない熊さんの看板も彼方此方に立っています。
1
護摩壇山方面のビューポイントです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
護摩壇山方面のビューポイントです。
2
舗装路・山道交互歩きに少しうんざりしていると林道開設記念碑に出合いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路・山道交互歩きに少しうんざりしていると林道開設記念碑に出合いました。
2
記念碑前から15分前後歩いて出合った標識『平辻』には(たいらつじ)とあり、再び入る山道の足元には・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念碑前から15分前後歩いて出合った標識『平辻』には(たいらつじ)とあり、再び入る山道の足元には・・・、
1
2体の地蔵さんが・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2体の地蔵さんが・・・。
2
綺麗な白馬童子が密集しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な白馬童子が密集しています。
1
山道から車道へ出たと思ったら直ぐに左の山道への案内があり・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道から車道へ出たと思ったら直ぐに左の山道への案内があり・・・、
2
半時間弱で本日のゴール・大股バス停に到着しました。便所・自販機・電話・登山ポストなどがあります。宿へ送迎依頼の電話をするとビックリするほど早く車が現れ・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半時間弱で本日のゴール・大股バス停に到着しました。便所・自販機・電話・登山ポストなどがあります。宿へ送迎依頼の電話をするとビックリするほど早く車が現れ・・・、
2
5分ほどで今夜のお宿・民宿かわらび荘に到着しました。荷物を下ろして直ぐに野迫川温泉・ふるさと山の交流館(温泉)へ送ってもらい(車で数分)汗を流しましたが、入湯料600円のところを400円で利用できました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5分ほどで今夜のお宿・民宿かわらび荘に到着しました。荷物を下ろして直ぐに野迫川温泉・ふるさと山の交流館(温泉)へ送ってもらい(車で数分)汗を流しましたが、入湯料600円のところを400円で利用できました。
1
夕食はカモ鍋・あまごの塩焼き・あまご南蛮漬け・シカ肉の叩きほかで、ビール(中瓶600円)が進み、締めの雑炊も完食しました。前日までは多くの宿泊客だったそうですが、本日は我々だけで米寿を迎えたばかりの大女将が話し相手をしてくれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食はカモ鍋・あまごの塩焼き・あまご南蛮漬け・シカ肉の叩きほかで、ビール(中瓶600円)が進み、締めの雑炊も完食しました。前日までは多くの宿泊客だったそうですが、本日は我々だけで米寿を迎えたばかりの大女将が話し相手をしてくれました。
4
小辺路歩き二日目は伯母子岳登山を兼ねて大股バス停から出発しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小辺路歩き二日目は伯母子岳登山を兼ねて大股バス停から出発しました。
1
萱小屋跡に到着し・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
萱小屋跡に到着し・・・、
1
避難小屋内部を覗き・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋内部を覗き・・・、
2
裏へ回ると冷えた飲物を販売していました(蓋を開けていないので中身は不明です)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏へ回ると冷えた飲物を販売していました(蓋を開けていないので中身は不明です)。
2
檜峠で一服した直後に目にした頂きは・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜峠で一服した直後に目にした頂きは・・・、
1
伯母子岳それとも手前の夏虫山と考える間もないほど直ぐに夏虫山分岐標識に出合いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伯母子岳それとも手前の夏虫山と考える間もないほど直ぐに夏虫山分岐標識に出合いました。
2
夏虫山分岐から半時間弱で伯母子岳分岐に到着。中央:伯母子岳直登ルートと右:護摩壇山方面を分けて、左へ進み・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏虫山分岐から半時間弱で伯母子岳分岐に到着。中央:伯母子岳直登ルートと右:護摩壇山方面を分けて、左へ進み・・・、
1
伯母子峠の避難小屋前に到着。右の公衆便所は冬季使用不可となっていますが、小屋左に仮設トイレが1基あります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伯母子峠の避難小屋前に到着。右の公衆便所は冬季使用不可となっていますが、小屋左に仮設トイレが1基あります。
2
避難小屋にザックをデポし・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋にザックをデポし・・・、
2
足取り軽く伯母子岳山頂へ。自慢の展望は少し外れでしたが・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足取り軽く伯母子岳山頂へ。自慢の展望は少し外れでしたが・・・、
3
初登頂の二人はドヤ顔しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初登頂の二人はドヤ顔しています。
5
伯母子岳山頂には迂回路の案内表示がありましたが・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伯母子岳山頂には迂回路の案内表示がありましたが・・・、
2
数日前のヤマレコで情報を得ていたので・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数日前のヤマレコで情報を得ていたので・・・、
1
迂回することなく・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回することなく・・・、
1
本道を進みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本道を進みました。
2
上西旅籠跡を過ぎた頃から小雨が落ち始めましたが、雨具を着けるほどではありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上西旅籠跡を過ぎた頃から小雨が落ち始めましたが、雨具を着けるほどではありません。
2
水ヶ元茶屋跡を通過して半時間弱経った頃、右上の斜面から握り拳2個ほどの石が落ちてきました。今回はヘルメットを携行しておらず、直撃を受けたら大怪我するところでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水ヶ元茶屋跡を通過して半時間弱経った頃、右上の斜面から握り拳2個ほどの石が落ちてきました。今回はヘルメットを携行しておらず、直撃を受けたら大怪我するところでした。
2
下りの石畳ではどうしても歩行速度が落ちますが・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの石畳ではどうしても歩行速度が落ちますが・・・、
1
台座に三浦村が読み取れるので・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台座に三浦村が読み取れるので・・・、
1
伯母子岳登山口が近い予感がしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伯母子岳登山口が近い予感がしました。
1
三田谷橋を渡り・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三田谷橋を渡り・・・、
2
トイレに寄ってから今夜の宿・山本へ送迎依頼の電話を入れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレに寄ってから今夜の宿・山本へ送迎依頼の電話を入れました。
2
短い五百瀬隧道を抜け農家民宿・政所を右に分けて直進すると、奇妙な名前の石碑『腰抜田』に出合いました。五百瀬バス停そばなので本日のゴール・三浦口バス停までは後一つです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短い五百瀬隧道を抜け農家民宿・政所を右に分けて直進すると、奇妙な名前の石碑『腰抜田』に出合いました。五百瀬バス停そばなので本日のゴール・三浦口バス停までは後一つです。
1
14:51三浦口バス停へ到着したら迎えの車が同着し、車に乗り込むと同時に雨が落ち始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:51三浦口バス停へ到着したら迎えの車が同着し、車に乗り込むと同時に雨が落ち始めました。
1
今夜の宿・農家民宿『山本』へ到着した15時ちょうどに少し大きめの雨粒に変わったので、幸運な小辺路歩きの一日に感謝すること頻りでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今夜の宿・農家民宿『山本』へ到着した15時ちょうどに少し大きめの雨粒に変わったので、幸運な小辺路歩きの一日に感謝すること頻りでした。
2
宿泊者は我々を含めて5名でアクリル板越しに小声で会話しながら豪華夕食を頂きましたが、ビール(350cc缶300円)を呑む手が止まりませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿泊者は我々を含めて5名でアクリル板越しに小声で会話しながら豪華夕食を頂きましたが、ビール(350cc缶300円)を呑む手が止まりませんでした。
3
朝からビールが欲しくなるような朝食です。日本蜜蜂の自家製蜂蜜がかかったヨーグルトや目張り寿司も頂きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝からビールが欲しくなるような朝食です。日本蜜蜂の自家製蜂蜜がかかったヨーグルトや目張り寿司も頂きました。
4
『くまの本宮へ十里』の道標石(写真右端)から3日目の小辺路歩きをスタートします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『くまの本宮へ十里』の道標石(写真右端)から3日目の小辺路歩きをスタートします。
1
舟(船)渡橋を渡ると直ぐに・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舟(船)渡橋を渡ると直ぐに・・・、
2
登山ポストがある三浦峠登山口に出合い『みなさん がんばって ください』の張り紙に後押しされて・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ポストがある三浦峠登山口に出合い『みなさん がんばって ください』の張り紙に後押しされて・・・、
2
集落跡の急な石畳を登って行くと・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集落跡の急な石畳を登って行くと・・・、
1
吉村家跡防風林の巨樹が待ち受けていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吉村家跡防風林の巨樹が待ち受けていました。
1
ピンボケなのが残念ですが、鮮やかな黄色のキンランが1株ありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンボケなのが残念ですが、鮮やかな黄色のキンランが1株ありました。
3
二十五丁石から・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十五丁石から・・・、
1
丸太階段を登り切ると三十丁の水の案内表示があり・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太階段を登り切ると三十丁の水の案内表示があり・・・、
2
5分後には並立する三十丁石と道標地蔵に出合います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5分後には並立する三十丁石と道標地蔵に出合います。
1
路肩が崩壊し易いところや・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路肩が崩壊し易いところや・・・、
2
滑り易い木製桟橋は慎重に歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑り易い木製桟橋は慎重に歩きます。
2
両側に立つ鹿除けネットの出口には入山者数読み取り機
がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両側に立つ鹿除けネットの出口には入山者数読み取り機
がありました。
1
霧の中に本日の最高地点・三浦峠の案内板などが見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧の中に本日の最高地点・三浦峠の案内板などが見えています。
1
霧中の急坂を慎重に下り・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧中の急坂を慎重に下り・・・、
2
5〜6分後に古矢倉跡の地蔵菩薩座像に出合いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5〜6分後に古矢倉跡の地蔵菩薩座像に出合いました。
1
出店跡の古い石垣や・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出店跡の古い石垣や・・・、
1
そこそこの集落があったことが想像される古い墓所を見ながら下ると・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこの集落があったことが想像される古い墓所を見ながら下ると・・・、
1
ほどなく矢倉観音堂に到着しました。中を覗くと耳の病にご利益があると言われる如意輪観音菩薩さんが座っておられました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく矢倉観音堂に到着しました。中を覗くと耳の病にご利益があると言われる如意輪観音菩薩さんが座っておられました。
1
登山ポストがある三浦峠登山口で車道に出合い、公衆便所とは逆方向へ暫く進むと・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ポストがある三浦峠登山口で車道に出合い、公衆便所とは逆方向へ暫く進むと・・・、
1
迂回路表示板に出合いましたが・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回路表示板に出合いましたが・・・、
1
確認のために本来の小辺路下り口へ向かいました。通行止めになっているので、足元の石畳模様の白線(小辺路ルートを表示)をUターンして西中大谷橋方面への車道へ迂回します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確認のために本来の小辺路下り口へ向かいました。通行止めになっているので、足元の石畳模様の白線(小辺路ルートを表示)をUターンして西中大谷橋方面への車道へ迂回します。
2
西中大谷橋を右に分けて左の西中バス停方面へ方向転換すると左上部に小辺路崩壊個所が目に入りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西中大谷橋を右に分けて左の西中バス停方面へ方向転換すると左上部に小辺路崩壊個所が目に入りました。
1
ここが本来の小辺路出口です。ここにも登山ポストがあり道路向かいには三浦峠登山口の標柱が立っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが本来の小辺路出口です。ここにも登山ポストがあり道路向かいには三浦峠登山口の標柱が立っています。
2
標柱通過数分後の12:54に本日のゴール・西中バス停に到着しました。本来のゴールは十津川温泉ですが、2時間余りの車道歩き厭さに14:02の村営バス最終便に乗って十津川温泉へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標柱通過数分後の12:54に本日のゴール・西中バス停に到着しました。本来のゴールは十津川温泉ですが、2時間余りの車道歩き厭さに14:02の村営バス最終便に乗って十津川温泉へ向かいます。
2
最終便を逃すと2時間余の車道歩きが避けられないので、早立ちして頑張ったらご褒美が待ち受けていました。1時間ほどのバス待ち時間にビール(500cc缶・290円、350婀漫230円)ほかを飲み干し・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終便を逃すと2時間余の車道歩きが避けられないので、早立ちして頑張ったらご褒美が待ち受けていました。1時間ほどのバス待ち時間にビール(500cc缶・290円、350婀漫230円)ほかを飲み干し・・・、
3
14:30には蕨尾口バス停(十津川温泉BSの一つ手前)で下車し、ほど近くの民宿・松乃家に向かい・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:30には蕨尾口バス停(十津川温泉BSの一つ手前)で下車し、ほど近くの民宿・松乃家に向かい・・・、
2
屋上露天風呂で汗を流してから盛り沢山の夕食を頂きました。今朝方から右足親指周辺に痛風症状が出ていましたが、痛風によくないと言われるビール(中瓶600円)を懲りず呑み、アユの塩焼きも内蔵ごと丸齧りしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋上露天風呂で汗を流してから盛り沢山の夕食を頂きました。今朝方から右足親指周辺に痛風症状が出ていましたが、痛風によくないと言われるビール(中瓶600円)を懲りず呑み、アユの塩焼きも内蔵ごと丸齧りしました。
2
小辺路歩き4日目の最終日は降雨必至の気象情報で、過去に果無峠から十津川温泉へ下ったことがある相方は雨天と滑り易い石畳を敬遠して小辺路歩き継続を断念しバスで熊野本宮大社へ向かった後に一足早く帰宅することになりました。右足親指回りの痛風症状が進行してきたので、朝から激しい雨なら小辺路歩きを断念する積りであったが起床すると雨は落ちておらず降雨量も多くない気象情報だったので予定より少し早く独り歩きを始めた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小辺路歩き4日目の最終日は降雨必至の気象情報で、過去に果無峠から十津川温泉へ下ったことがある相方は雨天と滑り易い石畳を敬遠して小辺路歩き継続を断念しバスで熊野本宮大社へ向かった後に一足早く帰宅することになりました。右足親指回りの痛風症状が進行してきたので、朝から激しい雨なら小辺路歩きを断念する積りであったが起床すると雨は落ちておらず降雨量も多くない気象情報だったので予定より少し早く独り歩きを始めた。
3
柳本橋から果無峠登山口へ入ると直ぐに石畳が現れ、痛む右足を苛めにかかってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柳本橋から果無峠登山口へ入ると直ぐに石畳が現れ、痛む右足を苛めにかかってきた。
1
眺望ポイントで一息入れ、痛む足を庇いながら果無集落へ向かい・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望ポイントで一息入れ、痛む足を庇いながら果無集落へ向かい・・・、
1
静かな集落で・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな集落で・・・、
2
写真撮影しながら・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真撮影しながら・・・、
2
有名個所に到着した時には・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名個所に到着した時には・・・、
1
出発から1時間ほどが経過しており・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発から1時間ほどが経過しており・・・、
2
既に予定時刻を45分程度越えていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
既に予定時刻を45分程度越えていた。
4
我武者羅でも果無峠を越えるつもりで登山ポスト前を通過したところ・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我武者羅でも果無峠を越えるつもりで登山ポスト前を通過したところ・・・、
1
痛風症状の足様の木の根に出合い独り笑いさせられた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痛風症状の足様の木の根に出合い独り笑いさせられた。
3
果無集落最後の家の軒下で雨具を着けたが、40分ほどで行き着いた天水田では雨具なしでも用をなす程度の小雨であった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
果無集落最後の家の軒下で雨具を着けたが、40分ほどで行き着いた天水田では雨具なしでも用をなす程度の小雨であった。
1
地蔵菩薩立像に手を合わせて・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵菩薩立像に手を合わせて・・・、
1
果無観音堂へ着くのに半時間余りを要し、予定到着時間を1時間ほど越えてしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
果無観音堂へ着くのに半時間余りを要し、予定到着時間を1時間ほど越えてしまった。
1
手持ちの水はあったが念のために給水所で500ccほど補給して・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手持ちの水はあったが念のために給水所で500ccほど補給して・・・、
2
第十八番観音などに手を合わせて進むうちに・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第十八番観音などに手を合わせて進むうちに・・・、
1
やっと果無峠へ到着した。1時間以上予定を越えてしまったが・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと果無峠へ到着した。1時間以上予定を越えてしまったが・・・、
2
ここからは下るだけだと意を決して・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは下るだけだと意を決して・・・、
1
見頃のシャクナゲに痛む足を慰撫されながら・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見頃のシャクナゲに痛む足を慰撫されながら・・・、
3
倒れた二十丁石や・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒れた二十丁石や・・・、
1
第十三番観音や・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第十三番観音や・・・、
1
誕生石や・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誕生石や・・・、
1
三十丁石や・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三十丁石や・・・、
1
眼下の眺望や・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下の眺望や・・・、
3
旧三十丁石を見ながら歩を進めると・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧三十丁石を見ながら歩を進めると・・・、
1
ようやく七色分岐に到着した。右の八木尾(Yakio)方面へ入り・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく七色分岐に到着した。右の八木尾(Yakio)方面へ入り・・・、
1
美味しい水の配水設備を見ている内に舗装林道に出合い・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美味しい水の配水設備を見ている内に舗装林道に出合い・・・、
2
林道を横切り民家の庭先を通らせてもらって・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を横切り民家の庭先を通らせてもらって・・・、
1
八木尾バス停が見える所まで下ってきた。八木尾バス停に到着した14:23は熊野本宮大社前到着予定時間14:35とほぼ同じで、痛む足では残り5厖召亮崙司發は無理と判断して八木尾バス停をゴールとすることにした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八木尾バス停が見える所まで下ってきた。八木尾バス停に到着した14:23は熊野本宮大社前到着予定時間14:35とほぼ同じで、痛む足では残り5厖召亮崙司發は無理と判断して八木尾バス停をゴールとすることにした。
3
八木尾バス停では14:47発の十津川村営バスに運よく乗車することができ、熊野本宮大社前からは予定時間通りのJR紀伊田辺駅行きバスに乗り継ぐことができた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八木尾バス停では14:47発の十津川村営バスに運よく乗車することができ、熊野本宮大社前からは予定時間通りのJR紀伊田辺駅行きバスに乗り継ぐことができた。
1
JR紀伊田辺駅からは予定通りのくろしお32号に乗車し、痛風には良くないと思いながらもビールに手を出して家路に着いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR紀伊田辺駅からは予定通りのくろしお32号に乗車し、痛風には良くないと思いながらもビールに手を出して家路に着いた。
4

感想/記録

 相方が希望する熊野古道小辺路を高野山から熊野本宮大社まで二人歩きするために、GW明けの5/10(火)出発3泊4日の行程を組んで宿の手配をしていた。出発日が近付き歩行中の気象情報と睨めっこしていたところ、3日目午後から雨模様で4日目は大雨の虞が出てきた。出発日を三日前倒しできれば天気が崩れる前に歩き終えると考えて宿の再手配を試みたが、収容能力が小さい2日目の宿を二日前倒しするのが精一杯であった。5/8(日)〜5/11(水)の3泊4日の行程で出発することにした。降雨予報が次第に前倒しになる歓迎せざる状況になったが、催行した1日目はほぼ晴天、2日目は晴後曇り下山後に雨、3日目は曇り・ガス一時小雨(雨具不要程度)とまずまずの空模様であった。4日目は降雨必至の気象情報であったために、果無峠から十津川温泉までの小辺路を歩いた経験がある相方は足に肉刺を作ったことと降雨に伴い濡れた石畳が滑り易くなることを懸念して小辺路歩き続行を断念し、熊野本宮大社へバスで移動して一足先に帰宅することになった。3日目朝方から右足親指回りに痛風症状を発症した筆者は4日目の気象情報次第では小辺路歩きを断念する積りであったが、4日目朝の気象予報が曇り後雨であったもものの大きく崩れる心配はない情報であったので、足の痛さを我慢して果無峠越えを催行することにした。道中で雨具を着用した後も小雨は断続的に降り続いたが、雨量が多くならなかったのは幸いであった。4年前に発症して以来となる痛風が肝心な時に発症したために痛さを庇いながら歩き続けたが、歩行速度は超緩慢であった。八木尾バス停に下った時間は予定行程の熊野本宮大社前到着時間とほぼ同等で、痛い足を抱えて八木尾バス停から更に5厖召亮崙司發を続けることは困難であると判断して八木尾バス停を今回の終着地に決めた。幸いだったことには20数分後に本宮大社前方面行きの十津川村営バスがあったことである。この最終便に乗れなかったら、逆方向行きのバスに乗って十津川温泉でもう一泊する羽目になっていた。高野山から熊野本宮大社までの小辺路歩きは延歩行距離≒70劼任△襪、3日目の西中から十津川温泉までの車道歩きは初めからバス乗車を決めていたので総歩行距離≒60厖召小辺路歩きと考えていた。痛風発症に伴う足の痛さで最後の5劼鮹杷阿靴燭、その残り距離のほぼ全てが車道歩きであることから八木尾バス停止まりでも小辺路を完歩できたと考えて家路に着いた。
                           fukuchi36
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:304人

コメント

4日間、60km弱の行程、お疲れさまでした。
毎夜毎夜、美味しく豪華な食事とビール、(痛風には?なるも)いいですね。
熊野古道の紹介、ありがとうございました。
2022/5/22 16:55
okutamamusashiさん、こんばんは。
 コメントいただきありがとうございます。
最終日の歩行は大いに難儀しましたが、痛風はまだ軽い方だったようです。帰宅後の5/12からは次第に悪化し、本日(5/22)になってやっと痛みが無くなってきました。山歩きもへぼテニスもお預けで、11日連続で飲酒できていません。酒飲みの私には希有なことです。家内の山友が小辺路歩きの同行を希望しているので、今秋又は来春に再挑戦するつもりです。fukuchi36
2022/5/22 22:15
fukuchi36さんへ
痛みが無くなってよかったですね。11日連続の禁酒、fukuchi36さんにはつらいでしょうが、体にはbetter。禁酒解禁になったからと言って飲み過ぎないように。今秋または来春、153〜154歳余高齢ご夫婦の再挑戦、楽しみにしています。okutamamusashi
2022/5/23 8:26
okutamamusashiさん、こんにちは。
 『酒は飲んでも呑まれちゃならぬ!』は下戸の親父の口癖でした。
 初めて痛風を発症したことを機に2017年7月から年中無休の飲酒習慣を見直し、節酒するようになりました。原則的に山歩きした日を飲酒解禁日と決めて(山歩きしない日でも口実を設けては飲んでいますが・・・)、飲んだら黒星を休肝日は白星を手帳につけています。1週間のうちで負け越さないように心掛けていますが、最近の成績は月間の35〜40%が飲酒日で残りが休肝日です。先週は白星続きでした。fukuchi36
2022/5/23 16:13
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ