また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4321593 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥多摩・高尾

新緑の長沢背稜:ヨコスズ尾根〜天目山〜七跳山〜酉谷山〜タワ尾根

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年05月23日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇のち晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・東日原駐車場を利用。協力金500円。22台駐車可能。山行中の出入りは分かりませんが、出発時も帰着時も自分含めて3台でした。下記「登山口ナビ」参照:
https://tozanguchinavi.com/trailhead/trailhead-851
・八王子ICから下道で行きも帰りも約47kmを1時間15分位。
・行きは早朝で空いているのは当たり前だが、帰りも駐車場を18時頃に出たので月曜日の夕方通勤渋滞には少しだけ重なっただけで済んだようだ。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
11:40
距離
29.8 km
登り
2,305 m
下り
2,293 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち31%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間53分
休憩
1時間47分
合計
11時間40分
S東日原駐車場05:4505:48天目山・酉谷山登山口07:12滝入ノ峰07:38忘れ物引き返し地点08:01忘れ物受け取り地点08:45忘れ物引き返し地点09:07一杯水避難小屋09:1809:43天目山09:5210:09ハンギョウノ頭10:21ハナド岩10:28大栗山10:2910:59七跳山11:0911:32七跳山11:4012:07坊主山12:26酉谷峠12:2912:30酉谷山避難小屋12:5012:51酉谷峠12:5613:12酉谷山13:1613:29行福のタオ13:3014:04タワ尾根分岐14:1214:17カラ滝ノ頭14:32大京谷ノ峰14:40大京谷ノクビレ14:4715:00ウトウの頭15:0915:33篶坂ノ丸15:3615:47金袋山15:5016:04人形山16:0516:10ウッドサークル(ミズナラの巨木)16:20一石山16:49一石山神社16:5217:01鍾乳洞バス停17:05観光用公衆トイレ17:12稲村岩を経て鷹ノ巣山方面登山口17:1317:20東日原バス停17:25東日原駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・東日原駐車場に登山ポストはなし。山と自然ネットワーク「コンパス」にてオンラインで登山届提出。
・登山口や山頂や巻道分岐など要所要所に標識はあるが、所々登山道が不明瞭な区間もあり、赤テープ等の目印を確認する必要あり。
・危険個所はなし。
【以下はタワ尾根に関して】
・タワ尾根は岩場を巻くところや、尾根が幅広くなったところで迷いそうになるが、しっかりと赤テープを見つけて進めば大丈夫。天気が悪かったり、見通しが悪い時は赤テープを見つけにくいのでルートファインディングは大変だと思う。
・スマホのヤマレコ地図には過去の歩いた軌跡がオレンジ色で示されており、オレンジ色が濃いところを歩くようにすればルートを見失うことはない。
・このオレンジ色の軌跡が間違った進行方向にも薄く伸びている所が何ヶ所あり、そのような間違って入り込みやすい場所はロープで進入禁止を示していることがある。そのような場所に来たら必ず正規ルートを示すように赤テープがあるので確認して進みたい。
その他周辺情報・奥多摩温泉・もえぎの湯(TEL:0428-82-7770)780円は月曜休館で利用できなかった。<http://www.okutamas.co.jp/moegi/>
・マイカー利用しない場合のバス時刻表
西東京バスHP:時刻表・運賃〜ここにハイキングバス時刻表あり
https://www.nisitokyobus.co.jp/rosen/pocket.html
ハイキング時刻表(ポケット時刻表)
奥多摩・御岳山エリア(2022年03月12日改正)
https://www.nisitokyobus.co.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/6cc70cbc4d8e5882e7f42e45e24977f3.pdf

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サブザック 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ

写真

東日原駐車場。到着時は自分含めて2台。後から1台着いて、出発時は3台だった。
2022年05月23日 05:43撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東日原駐車場。到着時は自分含めて2台。後から1台着いて、出発時は3台だった。
協力金500円を入れて出発
2022年05月23日 05:45撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
協力金500円を入れて出発
駐車場を出てすぐに右手の道に上がります
2022年05月23日 05:46撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場を出てすぐに右手の道に上がります
さらにこの標識で右上の細い通路を登って行きます
2022年05月23日 05:48撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにこの標識で右上の細い通路を登って行きます
今日はツツジが目的なのでツツジが咲いていてうれしい
2022年05月23日 05:51撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はツツジが目的なのでツツジが咲いていてうれしい
最初は杉林の中をグングン登って行きます
2022年05月23日 06:25撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は杉林の中をグングン登って行きます
薄っすらと霧に覆われていて、太陽が射し出して幻想的な空間が出現。
2022年05月23日 07:26撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄っすらと霧に覆われていて、太陽が射し出して幻想的な空間が出現。
3
後光が射している感じ
2022年05月23日 07:27撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後光が射している感じ
3
滝入りノ峰を巻くようになると杉林が広葉樹に変わり、道も緩やかになって新緑がきれい。
2022年05月23日 07:31撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝入りノ峰を巻くようになると杉林が広葉樹に変わり、道も緩やかになって新緑がきれい。
2
この先(8:38)で最初の休憩地点にスマホを忘れたことに気付き慌てて引き返す。
2022年05月23日 07:36撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先(8:38)で最初の休憩地点にスマホを忘れたことに気付き慌てて引き返す。
気付いた場所に戻って来ました:23分で下った時点で登って来た5人パーティーの人から忘れたスマホを受け取り、44分かけて登り直しました。67分の時間ロス。
2022年05月23日 08:45撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気付いた場所に戻って来ました:23分で下った時点で登って来た5人パーティーの人から忘れたスマホを受け取り、44分かけて登り直しました。67分の時間ロス。
1
やっとミツバツツジが咲いているのを見つけました
2022年05月23日 08:59撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとミツバツツジが咲いているのを見つけました
2
一杯水避難小屋
2022年05月23日 09:05撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水避難小屋
1
小屋の前にはミツバツツジが咲いていました
2022年05月23日 09:06撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の前にはミツバツツジが咲いていました
3
一杯水避難小屋の内部
2022年05月23日 09:07撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水避難小屋の内部
一杯水避難小屋の入口
2022年05月23日 09:18撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水避難小屋の入口
最初巻道を行ってしまい、小屋まで戻って小屋裏から登る踏み跡を登り、天目山に向かいました。
2022年05月23日 09:18撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初巻道を行ってしまい、小屋まで戻って小屋裏から登る踏み跡を登り、天目山に向かいました。
このルート沿いが花が一番多かったです。
2022年05月23日 09:24撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルート沿いが花が一番多かったです。
1
今日見たシロヤシオはこの1本だけでした。
2022年05月23日 09:25撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日見たシロヤシオはこの1本だけでした。
3
ミツバツツジは何本も
2022年05月23日 09:26撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジは何本も
1
天目山頂上
2022年05月23日 09:43撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目山頂上
1
雲取山方面
2022年05月23日 09:46撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山方面
2
蕎麦粒山方面
2022年05月23日 09:47撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山方面
3
天目山を下って巻いて来た道と合流
2022年05月23日 10:02撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目山を下って巻いて来た道と合流
ハナド岩からの展望:タワ尾根の向こうに雲取山や芋ノ木ドッケ
2022年05月23日 10:20撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナド岩からの展望:タワ尾根の向こうに雲取山や芋ノ木ドッケ
3
ミツバツツジ
2022年05月23日 10:35撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ
左の登山道は七跳山を巻いているので、頂上に行くためにここから右に入った
2022年05月23日 10:47撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の登山道は七跳山を巻いているので、頂上に行くためにここから右に入った
七跳山頂上。先の3月16日に福寿草を見に大ドッケから大平山に登った際に、ここ七跳山まで足を伸ばしていたので懐かしい。
2022年05月23日 11:03撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七跳山頂上。先の3月16日に福寿草を見に大ドッケから大平山に登った際に、ここ七跳山まで足を伸ばしていたので懐かしい。
3
ハウチワカエデの花
2022年05月23日 11:10撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハウチワカエデの花
大クビレまで往復してシロヤシオを鑑賞するつもりだったが全く咲いてなかった。どうしたのだろう。ミツバツツジが辛うじて数本。
2022年05月23日 11:11撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大クビレまで往復してシロヤシオを鑑賞するつもりだったが全く咲いてなかった。どうしたのだろう。ミツバツツジが辛うじて数本。
2
大クビレまで行かずに七跳山に戻り、酉谷山に向かった
2022年05月23日 11:29撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大クビレまで行かずに七跳山に戻り、酉谷山に向かった
七跳山を下りて登山道に合流。2人パーティーがこちらに向かっていた。
2022年05月23日 11:48撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七跳山を下りて登山道に合流。2人パーティーがこちらに向かっていた。
1
修復を重ねた桟道
2022年05月23日 12:16撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修復を重ねた桟道
酉谷山避難小屋が見えた
2022年05月23日 12:19撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酉谷山避難小屋が見えた
1
酉谷山避難小屋への下降点
2022年05月23日 12:26撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酉谷山避難小屋への下降点
酉谷山避難小屋から小川谷林道に下るルートは途中で崩壊していて通行止め
2022年05月23日 12:28撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酉谷山避難小屋から小川谷林道に下るルートは途中で崩壊していて通行止め
酉谷山避難小屋の水場はしっかりと流れていた
2022年05月23日 12:28撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酉谷山避難小屋の水場はしっかりと流れていた
酉谷山避難小屋の内部
2022年05月23日 12:50撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酉谷山避難小屋の内部
酉谷山避難小屋を出発
2022年05月23日 12:50撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酉谷山避難小屋を出発
分岐点まで上がり、写真右手の酉谷山頂上に向かいます
2022年05月23日 12:53撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点まで上がり、写真右手の酉谷山頂上に向かいます
酉谷山頂上
2022年05月23日 13:07撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酉谷山頂上
天目山(三ツドッケ)方面
2022年05月23日 13:11撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目山(三ツドッケ)方面
1
先の分岐から巻いて来た道と合流
2022年05月23日 13:29撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先の分岐から巻いて来た道と合流
ミツバツツジが咲いていると直ぐ写真を撮ります
2022年05月23日 13:34撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジが咲いていると直ぐ写真を撮ります
1
それだけ花が少なかった
2022年05月23日 13:35撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それだけ花が少なかった
1
タワ尾根分岐に到着
2022年05月23日 14:08撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タワ尾根分岐に到着
どこにもタワ尾根分岐・下降点との標識はなく、トラロープがありましたが無視して真っ直ぐ進入しました。
2022年05月23日 14:09撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこにもタワ尾根分岐・下降点との標識はなく、トラロープがありましたが無視して真っ直ぐ進入しました。
少し歩くとモノレールが出現
2022年05月23日 14:15撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し歩くとモノレールが出現
1
ここが終点で1780mと言うことは今から1780mは安心して歩けるのかと早合点しちゃいました。
2022年05月23日 14:16撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが終点で1780mと言うことは今から1780mは安心して歩けるのかと早合点しちゃいました。
ミツバツツジもきれいでした
2022年05月23日 14:20撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジもきれいでした
2
モノレール沿いは歩きやすくなっています
2022年05月23日 14:23撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレール沿いは歩きやすくなっています
所が途中(大京谷ノ峰付近)でモノレールは右に曲がって急激に下っています
2022年05月23日 14:33撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所が途中(大京谷ノ峰付近)でモノレールは右に曲がって急激に下っています
タワ尾根のルートは真っ直ぐ先です。モノレールの1780mはほんの一部しか歩けませんでした。
2022年05月23日 14:34撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タワ尾根のルートは真っ直ぐ先です。モノレールの1780mはほんの一部しか歩けませんでした。
1
大京谷ノクビレ
2022年05月23日 14:39撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大京谷ノクビレ
1
大京谷ノクビレからは岩峰を赤テープを辿って右手から巻いて登ります
2022年05月23日 14:43撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大京谷ノクビレからは岩峰を赤テープを辿って右手から巻いて登ります
2
ウトウの頭に到着
2022年05月23日 14:59撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウトウの頭に到着
3
しばらくこんな道が続きます
2022年05月23日 15:20撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくこんな道が続きます
平坦なのでほとんど高度が下がりません
2022年05月23日 15:24撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦なのでほとんど高度が下がりません
篶坂ノ丸。平坦なのでスマホ地図を見ながら探し当てました。
2022年05月23日 15:35撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
篶坂ノ丸。平坦なのでスマホ地図を見ながら探し当てました。
1
金袋山。ここもスマホ地図で探しました。
2022年05月23日 15:51撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金袋山。ここもスマホ地図で探しました。
人形山と思われる地点。ここの標識は見つけられませんでした。
2022年05月23日 16:03撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人形山と思われる地点。ここの標識は見つけられませんでした。
白いペンキが塗られた木が並ぶようになりました。一石山神社の領域に入ったようで一安心です。
2022年05月23日 16:14撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いペンキが塗られた木が並ぶようになりました。一石山神社の領域に入ったようで一安心です。
一石山の頂上付近にヤマツツジが咲いていました
2022年05月23日 16:20撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一石山の頂上付近にヤマツツジが咲いていました
一石山頂上
2022年05月23日 16:20撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一石山頂上
1
一石山の直ぐ先で尾根を外れて右手の急斜面を九十九折に下ります
2022年05月23日 16:22撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一石山の直ぐ先で尾根を外れて右手の急斜面を九十九折に下ります
ゆるかやな道に出てこのベンチの所で赤テープに導かれて左手の急斜面を下ります
2022年05月23日 16:34撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるかやな道に出てこのベンチの所で赤テープに導かれて左手の急斜面を下ります
1
かなりジグザクに下ってきてやっと一石山神社が見えました
2022年05月23日 16:50撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりジグザクに下ってきてやっと一石山神社が見えました
一石山神社
2022年05月23日 16:52撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一石山神社
一石山神社の鳥居の先の石段を下ります
2022年05月23日 16:52撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一石山神社の鳥居の先の石段を下ります
一石山神社の駐車場と言うか日原鍾乳洞の駐車場のようです
2022年05月23日 16:54撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一石山神社の駐車場と言うか日原鍾乳洞の駐車場のようです
天祖山方面の分岐点
2022年05月23日 16:59撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天祖山方面の分岐点
中日原バス停前にある万寿の泉で汗を拭いました
2022年05月23日 17:15撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中日原バス停前にある万寿の泉で汗を拭いました
1
東日原駐車場に無事戻りました。
2022年05月23日 17:24撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東日原駐車場に無事戻りました。

感想/記録

・今年の3月16日に大ドッケ〜大平山から福寿草自生地を見に行った際 <https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-4085747.html> にこの長沢背稜上の七跳山に登ったが、この七跳山から大平山にかけて5月はシロヤシオが素晴らしいと言う情報を見て、5月になったら登ろうと考えていて、やっと実現した。
・ところが今年の5月は東京では雨が多く晴れる日が少ないので、なかなかシロヤシオが咲いているとのヤマレコ等の情報がなく、この登山でもシロヤシオはほとんど見ることはできなかった。いつ咲いたのか不明だが、酉谷山避難小屋で会った人の話では5月の始めにもう咲き終えたとのことで、真実は不明だが、来年以降に再挑戦したい。
・今回は最初の休憩地点でスマホを置き忘れると言う大チョンボをやらかし、1時間強の時間ロスと引き返した分の体力的消耗があり、疲れる山行となった。シロヤシオも咲いていなかったが、代わりのミツバツツジと鮮やかな新緑が疲れを癒してくれた。
・疲れ果てた後のタワ尾根はバリルートであることは承知していたが、これほどまで踏み跡不明瞭な部分が多いとは思わなかった。スマホのヤマレコ地図なしでは安心して下れないとつくづく文明の機器の便利さを実感した。
・最後に、最初の休憩場所で忘れたスマホ入りウェストポーチを拾ってくれて、探しに下りていた自分に渡してくれた5人パーティー(人数定かではない)の人たちに感謝申し上げます。無事スマホが戻って本当にありがとうございました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:209人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ