また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4390390 全員に公開 ハイキング 比良山系

白滝山・森山岳から蓬莱山、打見山を周回して白滝谷から下山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年06月12日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
08:50
距離
19.4 km
登り
1,511 m
下り
1,505 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間26分
休憩
1時間24分
合計
8時間50分
S葛川市民センター駐車場07:2507:31坊村07:42明王谷林道ゲート07:4908:08三ノ滝08:16伊藤新道出合08:49わさび大滝08:5208:53わさび天井滝08:5608:58わさび大滝09:0309:04わさび天井滝09:47白滝山09:5009:57オトワ池10:0311:15森山岳11:2511:55蓬莱山11:5612:39金毘羅道下降点12:44レストランバードキャッスル12:5112:58打見山13:0713:16木戸峠13:1813:22レストランどんぐりハウス14:04夫婦滝14:1614:28白髭渕14:3614:42スベリ石15:35牛コバ15:3615:41口ノ深谷 入口15:46伊藤新道出合15:50三ノ滝16:04明王谷林道ゲート16:1116:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年06月の天気図 [pdf]

感想/記録

 比良の森山岳に行ってみようと計画した。志賀駅から目指すか、坊村から蓬莱駅へ下山するか、坊村からピストンするか考えた結果、坊村からの周回コースにした。森山岳までのルートはちゃんとあり問題なかったが、下りの白滝谷の渡渉が怖いこと。慣れている人は歩けるけれど、勢いよく流れる沢の渡渉はかなり手強かった(^^;)
 いいお天気で風が心地よく絶好の登山日和り。坊村駐車場には沢登りをする人たちもいたが、沢登りはさすがに寒そうだ。登山届を提出して7:35登山開始。三の滝への道は急坂のようだ。今日は登山道からちらっと見るだけにして伊藤新道に向かう。伊藤新道手前の尾根からも森山岳に行けるようだが、今日は伊藤新道から登る。マイナールートのようだが道がはちゃんある。崩れやすいところや、道幅が狭い箇所もあるがルートはある。山の中は涼しく、新緑の中マイナスイオンを感じながら登っていくのがとても気持ちがいい。
 伊藤新道から30分程でわさび大滝に到着。前日の雨で勢いよく流れている。落差13mのわさび大滝の上流にある、落差20mのワサビ天井滝も風情がある。わさび大滝を過ぎた辺りから、足元をヒルが這い始めた。ヒルを気にしながら歩き1時間程度で比良滝山到着。コンパスで音羽池方面を確認し下る。水たまりは猪のヌタバのようだ。音羽池にはモリアオガエルの卵がたくさんあり、いくつかの卵が池に落ちた。音羽池より大きい長池にはモリアオガエルの卵は全くなかった。新緑と池が幻想的な雰囲気だが道迷いしやすい箇所だ。近くに送電線があるはずだが見当たらない。なくなったのかと思いきや、細い送電線が通っていて道は間違っていなかった。
 一部、関電巡視路を通って前方の森山岳を目指す。幻想的な雰囲気から抜け出し、青空がとても気持ちがいい。途中、武奈ヶ岳がきれいに見えた。ピークを探し木陰に置かれていた「森山岳」の標識を発見。1時間程度で地図には載っていない森山岳に到着。予定より早く到着できたので蓬莱山、打見山を経由して、白滝谷から下山することにした。びわこテラスからの展望は最高によかった。遠く、奈良の山々まで見渡せるほどであった。
 打見山から木戸峠、汁谷へと進む。途中から色とりどりのクリンソウが目を楽しませてくれる。イワナもいるようだ。びわこテラス以外、登山者には全く会わなかったが、ここで20数名の団体に遭遇。坊村から伊藤新道経由でびわこテラス、そして滋賀駅に下山されるとのこと。機嫌よく挨拶をしたが、私はこの時点ではまだ先に待ち構えている恐怖ゾーンなど知る由もなかった。
 沢の水量が増えてきて、登山道が荒れて、崩壊している箇所が出てきた。前を歩く2人に頑張ってついていくが、岩が滑りやすく怖い。滑って沢に落ちないように注意して歩く。田中陽希くんが怪我した場所と聞いて、更にびびって慎重になる。道幅が狭くても、岩が滑りやすくても道があれば何とか歩けるが、道がなくなった。渡渉だ。大きい沢だ。水も勢いよく流れている。石もあるが、油断したら滑るだろう。「えっ!?まさか、ここを渡るのか?」リーダー渡渉成功。K口さんも成功。まぢか・・・。行くしかない。石が滑りそう。その上、次の石まで距離がある。めちゃくちゃ怖い。行くしかない。何とか渡れた。ほっとしたのも束の間、また渡渉だ。今度は更に難易度高め。ロープがあるが途中で切れている。2人は渡渉成功。K口さんが心配してくれている。滑って転倒するより、安全にドボンしまったほうがいい!何とか渡れた。もう渡渉は勘弁してほしい。2年前、白滝谷で沢登りをした時にも歩いている所なのに、全く記憶にない。こんなに怖いところを歩いた記憶がない。帰宅後、2年前に歩いたコースを確認したら、確かに今日のコースを歩いていた。その時も、渡渉し杣道を歩いたようだ。ただ、2年前よりもっと荒れたのかもしれない。安心できなかった。また渡渉だ。リーダーは行く。K口さんも行った。しかし、私は行けない。怖くて1歩が踏み出せない。K口さんが引き返してくれた。少し戻って渡渉できそうなところを探すが、どこも難所だ。濡れるのを覚悟で行くしかない。何とか渡ってリーダーが待つところまで歩く。こういった箇所で経験値の差を実感する。牛コバまでは全く気が抜けなかったが、杣道ではあったが、新緑と苔の風景はとてもよかった。無事に牛コバに着いてほっとした。難所の渡渉箇所を写真に撮っておけばよかったが、そんな余裕はなかった。どうしたら渡渉に慣れることができるのか。牛コバからの道がなんと歩きやすいこと。
 距離19.4km、高低差1500mであったが、内容の濃い山行であった。いろんな景色とバリエーションにに富んだ登山道を体験することができた。最後の白滝谷の印象が強くて、森山岳探訪の記憶が薄れてしまったが、今日のミッションは森山岳を目指すことであったので、ミッション成功!ありがとうございました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:132人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ