また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 440848 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

鳳凰三山(青木鉱泉−ドンドコ沢−中道−青木鉱泉)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2014年05月03日(土) ~ 2014年05月04日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候3日、4日とも晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

1日目 10:47青木鉱泉−(ドンドコ沢)−15:49鳳凰小屋
2日目 6:54鳳凰小屋−7:53地蔵岳(オベリスク登頂)8:44−10:15観音岳10:20−10:55薬師岳12:10−(中道)−青木鉱泉16:08
コース状況/
危険箇所等
青木鉱泉までは、県道甘利山公園線から御庵沢小武川に入り、小武川、小武川支線のルートを車でアクセス。御庵沢小武川、小武川の林道はたまに落石が転がっているが、ともに舗装された走りやすい道。
ドンドコ沢コースは鳳凰の滝あたりから雪がでてくるが、トレースがしっかりしていて、鳳凰小屋までアイゼンを付けずに行けました。
鳳凰小屋から地蔵岳は急登になるので、アイゼン装着。
鳳凰小屋への近道の分岐でアイゼンをはずし、岩稜地帯を登りました。
薬師岳からの中道は、しばらく樹林帯で、トレースはあるものの、急斜面で雪がやわらかく、滑りやすくて転びやすいです。笹道からは雪がなくなり、歩きやすくなります。
川は増水で渡れないと表示があるので、多少遠回りですが橋を渡って青木鉱泉に戻りました。
過去天気図(気象庁) 2014年05月の天気図 [pdf]

写真

左に行くと中道。でも川は渡れないそうです。行きはドンどこ沢から。
2014年05月03日 10:51撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に行くと中道。でも川は渡れないそうです。行きはドンどこ沢から。
鳳凰の滝あたりから雪
2014年05月03日 12:58撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰の滝あたりから雪
崩壊地を巻く
2014年05月03日 13:05撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地を巻く
白糸の滝に到着
2014年05月03日 13:59撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白糸の滝に到着
白糸の滝を遠くから眺める
2014年05月03日 13:59撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白糸の滝を遠くから眺める
1
ここからもう一度急登
2014年05月03日 14:25撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからもう一度急登
林を抜けると地蔵岳がどーんと現れる
2014年05月03日 15:34撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林を抜けると地蔵岳がどーんと現れる
3
鳳凰小屋に到着
2014年05月03日 15:49撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋に到着
地蔵岳に向けて、まずは林の中の急登
2014年05月04日 07:02撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳に向けて、まずは林の中の急登
林を抜けると、見通しのよい急登
2014年05月04日 07:26撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林を抜けると、見通しのよい急登
2
地蔵岳のふもとから甲斐駒と北アルプスの山々
2014年05月04日 08:40撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳のふもとから甲斐駒と北アルプスの山々
6
赤抜沢ノ頭を巻く
2014年05月04日 08:57撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤抜沢ノ頭を巻く
尾根道にでる
2014年05月04日 09:02撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道にでる
北岳が美しい
2014年05月04日 09:03撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳が美しい
7
鳳凰小屋への近道の分岐
2014年05月04日 09:31撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋への近道の分岐
この先、岩稜帯のため、アイゼンをとる
2014年05月04日 09:31撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、岩稜帯のため、アイゼンをとる
観音岳山頂から富士山
2014年05月04日 10:18撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音岳山頂から富士山
4
オベリスクが下のほうに
2014年05月04日 10:18撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オベリスクが下のほうに
1
薬師岳との間に見える富士山
2014年05月04日 10:49撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳との間に見える富士山
2
北岳をバックに薬師岳
2014年05月04日 10:56撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳をバックに薬師岳
2
中道の樹林帯。急で、雪がやわらかく、滑りやすい。
2014年05月04日 12:46撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中道の樹林帯。急で、雪がやわらかく、滑りやすい。
壊れた小屋(大昭和山林部)
2014年05月04日 15:20撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壊れた小屋(大昭和山林部)
1
林道。結構長い。
2014年05月04日 15:22撮影 by NIKON D200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道。結構長い。
撮影機材:

感想/記録
by ottto

朝4時に家をでたものの、連休初日を甘く見ており、中央道に入るあたりからずっと渋滞。甘利山のグリーンロッジに車を1台デポし、青木鉱泉出発したのが10時45分過ぎ。
5時間かけて、ほぼコースタイムどおり鳳凰小屋に到着。
小屋は25名ほどのお客さん。水は豊富にあり、外で自炊。ちょっと豪華に焼肉で、ビールも飲んで最高でした。
4日も無風快晴の天気で絶好のコンディション。地蔵岳に到着すると、連れがオベリスクに登ってしまい、しばし見とれる。自分も岩場の途中まで行くと、赤抜沢ノ頭の向こうにひょっこり北岳が見えた。
赤抜沢ノ頭にのぼり始めると、登らずに巻いていく人たちを発見し、後について行く。少し、時間を稼いだ。
稜線歩きは右に北岳、左に金峰山や八ヶ岳、正面に富士山の素晴らしい天空の道。来た甲斐があった。
12時過ぎに薬師岳を出発。中道は、しばらくは樹林帯が続き、踏み抜きはあまりないものの、雪がやわらかく、傾斜も急なのでよく滑った。青木鉱泉に16時過ぎに到着、風呂(1000円)でさっぱりして帰りました。
当初の予定は、苺平から大ナジカ峠を経て千頭星山、甘利山と抜けて帰る予定でしたが、南御室小屋に薬師岳から電話したところ、
・東側の雪は深く、ラッセルになる
・コースタイムの3倍はかかる
・ロープなどは埋まっており利用することができない
とのことで、断念しました。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:3614人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ