また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4595637 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

追分(大津市)から裏道探索

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年08月16日(火) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:13
距離
8.2 km
登り
421 m
下り
455 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間1分
休憩
13分
合計
5時間14分
Sスタート地点10:5413:46逢坂山13:5114:46小関峠14:5416:08山科駅16:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年08月の天気図 [pdf]

写真

追分駅は無人駅。各自勝手に乗車券を投入する。
2022年08月16日 10:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
追分駅は無人駅。各自勝手に乗車券を投入する。
1
駅の地下道の壁画は質量ともに圧倒される。
2022年08月16日 10:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅の地下道の壁画は質量ともに圧倒される。
追分の墓地。
2022年08月16日 10:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
追分の墓地。
ここに人知れぬ登り口がある。
2022年08月16日 11:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに人知れぬ登り口がある。
1
久しぶりに来ると、道がわからなくなっていた。
2022年08月16日 11:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりに来ると、道がわからなくなっていた。
堰堤越しに見る追分の街。
2022年08月16日 11:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤越しに見る追分の街。
途中で方角をミスってたことに気づき、90度方向転換。
2022年08月16日 11:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で方角をミスってたことに気づき、90度方向転換。
1
NHK放送塔への道にたどり着く。
2022年08月16日 11:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NHK放送塔への道にたどり着く。
左の分岐が本来のルートだったところ。
2022年08月16日 11:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の分岐が本来のルートだったところ。
1
鉄道遺跡(嘘!)。フェンスが倒れただけ。
2022年08月16日 11:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄道遺跡(嘘!)。フェンスが倒れただけ。
この道はNHKの伝送線埋設経路でもあったんだ。
2022年08月16日 11:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道はNHKの伝送線埋設経路でもあったんだ。
テレビ中継塔が二つ。右がデジタル局らしい。
2022年08月16日 11:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テレビ中継塔が二つ。右がデジタル局らしい。
左に南方向へ降りる分岐がある。右は中継局を一周するだけ。
2022年08月16日 11:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に南方向へ降りる分岐がある。右は中継局を一周するだけ。
1
その先にもう一つ、降りる道があった。今回はこっちを試す。急坂は覚悟の上。
2022年08月16日 11:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先にもう一つ、降りる道があった。今回はこっちを試す。急坂は覚悟の上。
今日のコースは荒っぽそうと想定して持ってきたノコ鎌の出番。鋭いトゲの木を切りまくり。
2022年08月16日 11:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のコースは荒っぽそうと想定して持ってきたノコ鎌の出番。鋭いトゲの木を切りまくり。
1
赤いテープがあったので覗き込む。いくらなんでもこれは無理。ロープが一本垂れ下がってるようだけど。
2022年08月16日 11:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤いテープがあったので覗き込む。いくらなんでもこれは無理。ロープが一本垂れ下がってるようだけど。
1
ほぼ下界へ降りた。が、ぐるりとフェンスで、出口なし。
2022年08月16日 12:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ下界へ降りた。が、ぐるりとフェンスで、出口なし。
降りてきた山を振り返る。こっち側からなら登れるかも。
2022年08月16日 12:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきた山を振り返る。こっち側からなら登れるかも。
クサギは花の盛りなのか、街中のあちこちに咲いている。
2022年08月16日 12:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサギは花の盛りなのか、街中のあちこちに咲いている。
稲葉台の北東角にある駐車場。ここに登り口がひっそりと。
2022年08月16日 12:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲葉台の北東角にある駐車場。ここに登り口がひっそりと。
歩きやすい谷筋。
2022年08月16日 12:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい谷筋。
尾根筋に移る。ゆるいトラバースや尾根道が続く。
2022年08月16日 13:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋に移る。ゆるいトラバースや尾根道が続く。
1
電線に夏の雲。
2022年08月16日 13:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電線に夏の雲。
1
鉄塔越しに山科の街が。
2022年08月16日 13:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔越しに山科の街が。
逢坂山に向かう道に合流。横倒しになった木は「行くな枝」っぽいが、たぶん自然に倒れたものだろう。
2022年08月16日 13:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逢坂山に向かう道に合流。横倒しになった木は「行くな枝」っぽいが、たぶん自然に倒れたものだろう。
1
登ってきた道を振り返ったところ。逢坂山まで50メートルの距離だが、行かずにUターンする。
2022年08月16日 13:49撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた道を振り返ったところ。逢坂山まで50メートルの距離だが、行かずにUターンする。
ふと目に止まったキノコらしいもの。ヤマレコの膨大な写真の中にもあったよね。
2022年08月16日 13:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと目に止まったキノコらしいもの。ヤマレコの膨大な写真の中にもあったよね。
この分岐に小関峠への足跡があった。が、鉄塔で行き止まり。嘘足跡だった。
2022年08月16日 14:01撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐に小関峠への足跡があった。が、鉄塔で行き止まり。嘘足跡だった。
こちらの分岐が正解。右方向に降りる道がある。
2022年08月16日 14:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの分岐が正解。右方向に降りる道がある。
道らしい道はなくても、赤や黄色のテープが導いてくれる。
2022年08月16日 14:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道らしい道はなくても、赤や黄色のテープが導いてくれる。
小関峠へ向かう道の一つに到達。舗装道路なのに遺棄されたかのような道。
2022年08月16日 14:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小関峠へ向かう道の一つに到達。舗装道路なのに遺棄されたかのような道。
小関峠に到着。出口、荒れている。
2022年08月16日 14:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小関峠に到着。出口、荒れている。
さて次はどこへ。しかしすでにタイマーが点滅を始めている。諦めて、ここらで降りることにする。
2022年08月16日 14:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて次はどこへ。しかしすでにタイマーが点滅を始めている。諦めて、ここらで降りることにする。
普門寺脇の祠。まだ試してないが、この横から入れる。
2022年08月16日 15:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
普門寺脇の祠。まだ試してないが、この横から入れる。
1
登り始めがきつそう。ここから稲葉台の登り口につなげられると思う。
2022年08月16日 15:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めがきつそう。ここから稲葉台の登り口につなげられると思う。
寂光寺掲示板の通信。どんな人が描いたんか知らんけど、ほっこりするなあ。
2022年08月16日 15:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寂光寺掲示板の通信。どんな人が描いたんか知らんけど、ほっこりするなあ。
撮影機材:

感想/記録

未確認ポイントがいっぱい残ってるエリア。調べ始めたらいきなりのコース間違い。

NHKの中継局への道はそこで行き止まりと思ってたが、地理院地図には点線ルートがある。こんなとこ、ないよねと思ってたが、あった。しかしすぐに道は途切れ途切れに。道じゃないけど、登り降り可能なのはわかった。

稲葉台からのコースへ移動。ハイキングコースとしては及第点と思うけど、登り口へのアクセスが問題。面白みのない住宅地をだらだら歩くのはしんどい。中継局の道から稲葉台に降りて一直線に北へも長い。

道じゃないけど、普門寺脇の祠の裏を登って稲葉台の登り口にというルートも考えられる。ルートに組み込むのが難しいハイキングコースだ。

エネルギー総量の問題で、このエリア、当初予定の半分ほどしか調べられなかった。さて次はいつ行けるでしょうか。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:127人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

堰堤 トラバース
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ