また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 470827 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

リトライ(天拝山〜牛頸 4座縦走)

日程 2014年06月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
気温 天拝山:28度  黒金山:24度  牛頸山:24度
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間36分
休憩
1分
合計
6時間37分
Sスタート地点08:3909:50天拝山11:09大佐野山12:03黒金山13:15牛頸山13:1615:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天拝山から笹ヶ峠(山口別れ)までの「九州自然歩道」は、多くの人が歩いていて良好な状態に保たれています。
峠から黒金山は、登り始めは強烈な急坂で、設置されているトラロープに頼らないと登れないところもあります。
そこを過ぎたら、あとは殆どが歩きやすい道です。
過去天気図(気象庁) 2014年06月の天気図 [pdf]

写真

登山口そばにある「天拝坂東公園」です。
水飲み場があります。
2014年06月29日 09:12撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口そばにある「天拝坂東公園」です。
水飲み場があります。
1
今日は、あじさいが満開でした。
2014年06月29日 09:12撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、あじさいが満開でした。
公園下の橋を渡り右方向へ行きます。
2014年06月29日 09:13撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公園下の橋を渡り右方向へ行きます。
ここを左上に行きます。
以前は道標がありましたが、無くなっています。
2014年06月29日 09:20撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左上に行きます。
以前は道標がありましたが、無くなっています。
2
自然歩道と合流
2014年06月29日 09:34撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然歩道と合流
1
山頂10合目歌碑
2014年06月29日 15:55撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂10合目歌碑
宝満山方向を見る。
2014年06月29日 09:43撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝満山方向を見る。
2
この坂を登ったところが「奥天拝」というところだそうです。
2014年06月29日 15:56撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この坂を登ったところが「奥天拝」というところだそうです。
2
このベンチがあるところかな?
2014年06月29日 10:03撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このベンチがあるところかな?
笹ヶ峠(山口別れ)
2014年06月29日 10:36撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹ヶ峠(山口別れ)
約10m右に黒金山へのコース入り口。
2014年06月29日 10:37撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約10m右に黒金山へのコース入り口。
1
大佐野山三角点
2014年06月29日 11:05撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大佐野山三角点
1
黒金山
三角点なし
2014年06月29日 11:58撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒金山
三角点なし
2
前回時間切れでエスケープした地点。
2014年06月29日 12:18撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回時間切れでエスケープした地点。
右へ7分だって
2014年06月29日 12:51撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右へ7分だって
ここから5分
2014年06月29日 12:59撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから5分
ここから林道に下りられます。
2014年06月29日 13:01撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから林道に下りられます。
トウチャコ
2014年06月29日 13:04撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウチャコ
3
福岡方向
やや煙っています。
2014年06月29日 13:05撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福岡方向
やや煙っています。
1
ここで昼食
2014年06月29日 13:22撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで昼食
林道に出ました。
2014年06月29日 13:40撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出ました。
ショートカットします。
2014年06月29日 13:43撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショートカットします。
少し急なところもあります、
2014年06月29日 13:50撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し急なところもあります、
また、ショートカット。
2014年06月29日 13:55撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また、ショートカット。
キャンプ場前のゲート
2014年06月29日 14:04撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場前のゲート

感想/記録

6月13日に挑戦した
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-463357.html
は、時間切れでリタイアしたので、今日は十分時間もあることだしと、リトライしました。
「リベンジ」というカタカナを使おうかとも思いましたが、「復讐」とか「報復」などと訳されるあまりよくない意味だということで、日本語的英語ではあまりカッコよくない「リトライ」を使うことに・・・・・。

登り始めてすぐに汗拭きのタオルを忘れていることに気が付きました。
天拝山頂まではそれほど汗をかかず、このままで大丈夫かも。と思っていましたが、天拝山頂の温度計が28度になっているのを見て、一瞬で汗が噴き出してきました。(正直ですこと)
ままよ、どうにかなるさと黒金山方向へ歩き始めたものの、汗は止まらず目に入り始めうっとおしいことこの上ない。

仕方がないので笹ヶ峠で縦走をあきらめようと思っていたら、峠の直前で出会った方からハンカチを戴きました。ラッキー。
この方、日本の3000m以上の山は全部、富士山は7回登っている、ピッケルを使用するような山に登っているということで、登山上級者ではないかと思われる人でした。
15分以上立ち話をして、足を止めてしまいました。有難うございました。

笹ヶ峠を越え、急坂を息も絶え絶えに登っていると、後ろから来た30代後半くらいの男性に軽々と抜かれました。
彼の体力を羨(妬)みながらも、マイペース(これで精一杯)で汗を拭き拭き順調に高度を上げ、大佐野山を過ぎ、キャンプ場からの道との合流点まで来ました。
笹ヶ峠からここまでは、すれ違った人はいませんでしたが、少し行ったところで70台半ばくらいの男性から声をかけられ、しばらく話し込むことに……。

話をしているうちにこの方御年86歳と判明。イヤー、外見からは判りませんね。
その上、この方も富士山を10回登っているとのこと。
その体力。分けて欲しいです。
小生も富士登山をしたいと話したら「数え年70歳以上で富士登山をすると、浅間神社奥宮が記念品を授与してくれる」ということを教えていただきました。
ますます富士登山への気持ちが強くなりました。(欲深い)

黒金山をPHし、いよいよ最後の牛頸山です。
黒金山から50分となっていましたが、小生の足では結果的に60分かかりました。
山頂に着くと同年輩ぐらいの人が、ラジオを聴きながらハンモックでくつろいでおられたので、ここでの昼食は止めて、下山途中で昼食としました。

今日は、自宅を出発して自宅に帰るというルートで、約18kmの距離になりました。
気温も30度まで上がったそうで、汗びっしょりになりました。
ハンカチを戴かなかったら、とても縦走はできなかったと思うと、親切が本当にありがたかった一日でした。
訪問者数:1248人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ