また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 475896 全員に公開 ハイキング 中国山地東部

篭山 900m峰 見晴らし最高の笹原歩き (鳥取県八頭郡)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2014年07月09日(水) [日帰り]
メンバー
 yamaya(CL)
, その他メンバー4人
天候曇天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●乗用車
 ・鳥取自動車道の智頭ICで降り、南の津山智頭八東線で
  中田集落に入り、登山標識から林道篭山線を進む。
◆電車
 ・JR因美線の智頭駅から今回の登山口へは、5Kmほどの
  距離です。
■駐車場 
 ・舗装が切れた先の路肩に数台の駐車スペースがあり、
  作業道入口に登山標識が立つ。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

◆所要時間 4時間  ●歩行距離 7.6Km  ▲総上昇量 617m

 09:20 登山口
 10:10 三角点峰「慧戚勝Щ塲契ァ覆い舛里察泡699.31m」
 11:20 篭山(かごやま)「慧戚勝т道魁覆ごやま)△905.28m」
     〜(昼食)12:00
 13:20 登山口

コース状況/
危険箇所等
▲山行概要≪核心部≫
 ・広い作業道を上がり、コース分岐から山腹を巻いて尾根に乗り、
  展望の良い稜線の草原に延びる爽快な一本道を辿れば、反射板
  を経て展望全開の山頂に至る。
 ・下山は分岐から刈り払われた山腹の仕事道をジグザグに下り、
  往路の作業道に合流。
 

過去天気図(気象庁) 2014年07月の天気図 [pdf]

写真

ルート詳細図(クリック➡詳細ページ➡拡大)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート詳細図(クリック➡詳細ページ➡拡大)
2
篭山の登山案内図
2014年07月11日 14:47撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
篭山の登山案内図
1
「坂原中田登山口」前の路肩
2014年07月11日 14:45撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「坂原中田登山口」前の路肩
1
坂原中田ルートの作業道
2014年07月09日 09:14撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂原中田ルートの作業道
1
山腹を巻いて三角点の埋まる尾根に取り付く
2014年07月11日 15:45撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山腹を巻いて三角点の埋まる尾根に取り付く
1
展望の良い尾根に出る
2014年07月11日 15:47撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望の良い尾根に出る
2
僅かな高みにある三等三角点標石「慧戚勝Щ塲契ア699.31m」
2014年07月09日 10:07撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僅かな高みにある三等三角点標石「慧戚勝Щ塲契ア699.31m」
2
稜線を振り返る
2014年07月11日 16:03撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を振り返る
2
智頭の街を一望
2014年07月11日 16:03撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
智頭の街を一望
1
これから向かう稜線の草原が美しい
2014年07月11日 15:51撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう稜線の草原が美しい
5
風に吹かれてススキの葉が波を打つ
2014年07月11日 15:53撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風に吹かれてススキの葉が波を打つ
3
左に反射板が見えてくる
2014年07月11日 15:54撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に反射板が見えてくる
1
篭山反射板に到着
2014年07月11日 15:01撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
篭山反射板に到着
1
篭山の山頂です
2014年07月11日 15:00撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
篭山の山頂です
3
通過してきた反射板が見えています
2014年07月11日 15:57撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過してきた反射板が見えています
1
左:三等三角点標石・右:国有林標石
2014年07月09日 11:21撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左:三等三角点標石・右:国有林標石
2
クマザサを分けて、元来た道を戻ります
2014年07月11日 15:59撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマザサを分けて、元来た道を戻ります
2
ササユリのピンクの花と蕾
2014年07月09日 11:06撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ササユリのピンクの花と蕾
5
カラスウリ
2014年07月09日 11:05撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラスウリ
2
ヤマジノホトギス
2014年07月09日 10:52撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマジノホトギス
2
ホタルブクロ
2014年07月11日 16:00撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホタルブクロ
3
下山分岐は藪っぽいが、すぐに明瞭な道になる
2014年07月09日 12:38撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山分岐は藪っぽいが、すぐに明瞭な道になる
1
ススキの原をジグザグに下っていきます
2014年07月11日 16:01撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキの原をジグザグに下っていきます
1
足取りも軽く、無事に戻ってきました。お疲れさま〜♪
2014年07月11日 15:26撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足取りも軽く、無事に戻ってきました。お疲れさま〜♪
1
撮影機材:

感想/記録
by yamaya

【感想・コメント】
 ・梅雨時の曇天ながら、美しい笹原から眺める最高の展望に感激
  しました。
  山頂直下に広がる綺麗なクマザサの緑も感動ものです。
 ・登山口への林道も舗装されており、作業道を辿れば短時間で
  全方向視通抜群の稜線に乗れるお勧めの山域です。

▲ 山名  :篭山(かごやま)
  三角点名:籠山(異体字を使用)
  山域字名:日向平
 

❒山行詳細記録
 
★09:20【登山口】
 ・登山口から植林帯の軽トラ四駆が通れる作業道を上がり、道標のあるコースで
  地図を確認する。
★09:50【コース分岐】
 ・分岐を直進し、山腹の切り開らかれた巻き道に出ると展望が一気に開ける。
★10:10【三角点峰:市之瀬】
 ・尾根の高みに出ると、草叢に三等三角点標石が埋もれていた。
  標石の周囲を刈り込んで写真を撮ったが、事前に位置をチェックしていないと
  見落とすところだった。
 ・ここから展望が最高の稜線歩きが始まり、ルンルン気分になる。
★10:25【下山分岐】
 ・道標のある薮っぽい踏み込みを確認して先へ進むと、はるか先の高みに
  反射板が見えてくる。
★11:20【篭山】〜(昼食)12:00
 ・国土交通省鳥取工事事務所の反射板で一息入れ、籔っぽい灌木帯を抜けると
  クマザサの波打つ稜線に出て、やがて山頂広場に着く。
 ・三等三角点と傍らの国有林標石にタッチしてからお昼にする。
  涼しい風が吹き抜ける山頂で、日本海を眺めて至福の時を過ごす。
★12:40【下山分岐】
 ・山頂を辞して往路で確認した分岐から灌木帯に踏み込む。
  すぐに急な下山道が現れ、やがて山腹のジグザグに切り開かれた作業道に
  出る。
★13:00【コース分岐】
 ・往路で左に見送った分岐に降り、さらに滑り易くなった作業道を下る。
★13:20【登山口】
 ・大展望の余韻に浸りながら、雨にも会わず全員無事に登山口に降りて山支度を
  解いた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:3045人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ