また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 494544 全員に公開 ハイキング 道北・利尻

利尻山純登山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2014年08月14日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:37
距離
21.9 km
登り
1,817 m
下り
1,809 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.4~0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間8分
休憩
29分
合計
6時間37分
Sホテル利尻06:5207:57見返し台園地07:5808:497合目避難小屋08:5209:54三跳山10:41利尻山北峰11:0611:19沓形分岐11:43利尻岳山小屋11:48長官山13:00甘露泉13:04利尻山北麓野営場(登山口)13:29フェリーターミナルそばG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
「親知らず・子知らず」では落石に注意。
その他周辺情報ホテル利尻から登山開始。
過去天気図(気象庁) 2014年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 パンツ シャツ 靴下 ズボン iPhone お金 水(3リットル) リュック 雨具 整理袋(買い物袋) 帽子 地図 コンパス 2台目のGPS ウインドブレーカー 非常食 救急セット(ライターを含む) ホイッスル ちり紙 行動食 ヘッドランプ 携帯トイレ 予備電池(単三8本 単四3本) 手袋 デジタル一眼カメラ 腕時計

写真

感想/記録

ホテル利尻からスタートして、すぐそばの海岸で日本海にタッチしました。
そこから沓形コースに向かい利尻山を登頂。
鴛泊コースから下山して、フェリーターミナルそばの岸壁で
日本海にタッチして登山を終えました。

その後は自転車を14km漕いでホテルに戻りました。
帰路から眺める利尻山も素敵でした。

好天にも恵まれて素敵な登山ができました。

以下、山行記録です。

6:30 ホテルで朝食。ロビーに登山計画書を提出。

6:52 ホテルの玄関からスタート。
そぐそばの岸壁を通り過ぎて海岸を探しました。

6:59 日本海の海岸に到着。
海水を手にとって口に含み、しょっぱいことを確認しました。
そしてGPS機の標高をゼロメートルにキャリブレーションしました。
純登山の始まりです。

正面には礼文島、背面には利尻山が望めました。

7:58 標高約415メートルの見返台登山口に到着。

景色が素晴らしいので、スタートからずっと片手にデジイチを持って登山しました。
「親知らず子知らず」では上部からの落石に備えて、
念のためリュックにデジイチをしまいました。
そして鴛泊コースとの合流地点から再び片手にデジイチのスタイルに戻しました。

10:41 利尻山北峰(標高1719メートル)に登頂。
(南峰は登頂禁止。向かう人は誰もいませんでした。)

山頂では霧があったため、視界が開けるのを待ってしばし休憩しました。
ときどき望める宗谷岬が素敵でした。サハリンはかろうじてうっすらと望めました。
(サハリンは翌日の帰路のフェリーでのほうが、よりはっきりと望めました。)

11:06 下山開始。鴛泊コースに進みました。

スタートからずっと同じような写真を何十枚と写してきました。
さすがに時間がかかりすぎたので、標高1000メートル付近でデジイチをリュックにしまいました。
そこからは光速で下山しました。

13:03 登山口の北麓野営場に到着。

13:29 フェリーターミナルそばの岸壁で足だけ日本海にタッチして下山終了。

水は3リットル持参して、1リットル弱だけ飲みました。
行動食、非常食には手をつけず、いわゆる無食旅情で山行を終えました。

その後、フェリーターミナル向かいの食堂で妻と娘と合流して、
観光地価格の海鮮利尻ラーメンをいただきました。

ここからホテルまではジョギングで帰るつもりでした。
しかし、自転車でやってきた中二の娘が疲れていたので、
娘のレンタル自転車を借りて、妻と一緒にホテルに戻りました。
(ホテルから南周りで合流地点までは約40kmだったそうです。)

娘は上手いことフェリーターミナルに来ていたホテルの送迎車に便乗して帰りました。
(14:10フェリーターミナル発の路線バスで帰る選択肢もありました。)

装備は以下です。

パンツ, シャツ, 靴下, ズボン, 靴, iPhone, お金, 水(3リットル), リュック, 雨具, 整理袋(買い物袋), 帽子, 地図, コンパス, 2台目のGPS, ウインドブレーカー, 非常食, 救急セット(ライターを含む), ホイッスル, ちり紙, 行動食, ヘッドランプ, 携帯トイレ,予備電池(単三8本,単四3本), 手袋, デジタル一眼カメラ,腕時計


総時間6時間37分。距離22.61km。平均速度3.4km/h (Garmin Oregon300による計測)
総重量65kg。体重58kg。身長172cm。
平均心拍数は138拍/分(Garmin Forerunner405による計測)。
消費カロリーは推定3566kcal。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1438人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ