また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 498856 全員に公開 ハイキング 東海

奥大井 接岨峡〜関の沢〜閑蔵

情報量の目安: A
-拍手
日程 2013年12月14日(土) [日帰り]
メンバー
 bool(記録)
, その他メンバー3人
天候晴れ時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
S:大井川鐡道井川線接岨峡温泉(せっそきょうおんせん)駅
G:大井川鐡道井川線閑蔵(かんぞう)駅

※今回は接岨峡に自家用車を停車し、閑蔵駅から井川線で戻りました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間50分
休憩
50分
合計
2時間40分
S接岨峡駐車場11:2011:50接岨峡温泉会館12:30関の沢展望台13:2014:00閑蔵駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
旧道の沿道には商店・飲食店はおろか民家すらありません。
道の荒れ具合によっては思わぬ事故が発生するかもしれませんので、
散策は自己責任にてお願いします。
コース状況/
危険箇所等
関の沢展望台〜閑蔵駅は静岡県道388号線の旧道ですが、
廃道になっていて、落石や崩落で荒れ放題になっています。
危険というほどでもありませんが、細心の注意を払ってください。

また、接岨峡〜閑蔵間の旧道区間は、商店はおろか民家さえもありません。
携帯電話の電波は通じると思いますが、
事故・災害に遭遇した場合は自己責任となってしまいます。

道の崩落がどこまで進んでいるのか? 万が一の場合はエスケープできるのか?
通常の登山道と同じく、最新の情報をキャッチして行動計画を立てましょう。
その他周辺情報日帰りで利用できる温泉施設、「接岨峡温泉会館」があります。
小さな温泉ですが泉質が良くて肌がツルツルになる、おすすめの温泉です。
特に真冬は、冷えた身体が解きほぐされるほどに温まることでしょう。

接岨峡温泉駅、閑蔵駅の、それぞれの駅近くに茶屋がありますが、
シーズンオフは営業していません。
「静岡おでん」で暖をとろう……、と計画していたら、アテが外れてしまうかもしれません。
過去天気図(気象庁) 2013年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 レジャーシート 地図(地形図) 筆記用具 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル カメラ
共同装備 非常食 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具
備考 山道ではありませんので登山靴は不要だとは思いますが、
最低限の装備としてハイキングに適した、動きやすい服装をしておきましょう。

また関の沢展望台〜閑蔵駅間の廃道区間に挑戦される場合は、
念のために軽登山レベルの装備一式を整えておくことをおすすめします。

写真

接岨峡の駐車場から吊り橋(南アルプス接岨大吊橋)を渡ります。
付近には広大な駐車場と芝生広場があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
接岨峡の駐車場から吊り橋(南アルプス接岨大吊橋)を渡ります。
付近には広大な駐車場と芝生広場があります。
なみなみと水を湛えた接岨湖。
下流の長島ダムによって貯えられたダム湖です。
ゆったりとした流れと、広大な広場を活かし、
カヌーなど漕艇競技の大会が開かれることもあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なみなみと水を湛えた接岨湖。
下流の長島ダムによって貯えられたダム湖です。
ゆったりとした流れと、広大な広場を活かし、
カヌーなど漕艇競技の大会が開かれることもあります。
大吊橋から先は、8つの小さな橋からなる遊歩道、
八橋小道(やっぱしこみち)が続きます。
それぞれの橋は各々で異なった構造をしています。
写真の栃の木橋は、オーソドックスな吊り橋といった雰囲気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大吊橋から先は、8つの小さな橋からなる遊歩道、
八橋小道(やっぱしこみち)が続きます。
それぞれの橋は各々で異なった構造をしています。
写真の栃の木橋は、オーソドックスな吊り橋といった雰囲気。
川沿いに八橋小道の遊歩道が続きます。
八橋小道には「ラブロマンスロード」という愛称がつけられていますが、
これは手前の駐車場側にある若宮神社(男神)と、
遊歩道の終点にある、こだま石神社(女神)とをつなぐルートだから、
だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川沿いに八橋小道の遊歩道が続きます。
八橋小道には「ラブロマンスロード」という愛称がつけられていますが、
これは手前の駐車場側にある若宮神社(男神)と、
遊歩道の終点にある、こだま石神社(女神)とをつなぐルートだから、
だそうです。
八橋小道の中でも、最も特徴的な階段吊り橋。
踏み板が階段状になっている、全国的にも非常に珍しい吊り橋です。
ちなみに八橋小道には階段吊り橋が2つあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八橋小道の中でも、最も特徴的な階段吊り橋。
踏み板が階段状になっている、全国的にも非常に珍しい吊り橋です。
ちなみに八橋小道には階段吊り橋が2つあります。
八橋小道を渡り終えた先が接岨峡温泉の温泉街。
民宿が数件あるだけの、小さな温泉です。

接岨峡温泉会館の前を過ぎ、県道388号線の旧道に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八橋小道を渡り終えた先が接岨峡温泉の温泉街。
民宿が数件あるだけの、小さな温泉です。

接岨峡温泉会館の前を過ぎ、県道388号線の旧道に入ります。
ちょくちょく落石の跡がありますが、この辺はまだ比較的歩きやすいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょくちょく落石の跡がありますが、この辺はまだ比較的歩きやすいです。
関の沢展望台に到着。ここでお昼の休憩。
この日は展望台の手前から粉雪がちらつき始めました。

芯まで冷える山の中。
メンバーの一人がストーブでお湯を沸かそうと試みるも、
あまりの寒さで燃料が気化しないというアクシデント発生!
その後、なんとか沸かしたお湯で淹れたコーヒーの美味いこと!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関の沢展望台に到着。ここでお昼の休憩。
この日は展望台の手前から粉雪がちらつき始めました。

芯まで冷える山の中。
メンバーの一人がストーブでお湯を沸かそうと試みるも、
あまりの寒さで燃料が気化しないというアクシデント発生!
その後、なんとか沸かしたお湯で淹れたコーヒーの美味いこと!
展望台からは、谷越しに井川線の関の沢鉄橋が見えます。
高さは約90m(文献によって70m〜100mと開きがありますが)で、
鉄道用橋梁としては日本一の高さを誇るそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からは、谷越しに井川線の関の沢鉄橋が見えます。
高さは約90m(文献によって70m〜100mと開きがありますが)で、
鉄道用橋梁としては日本一の高さを誇るそうです。
展望台のマップ看板。
接岨峡温泉会館から、かんぞう(閑蔵)駅までの点線区間が新道のトンネル。
接岨峡から閑蔵までトンネルでショートカットする、画期的な新道です。
このトンネルと、後述の新接岨大橋の竣工によって、
県道388号線の経路が変更となり、関の沢ルートが廃道となりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台のマップ看板。
接岨峡温泉会館から、かんぞう(閑蔵)駅までの点線区間が新道のトンネル。
接岨峡から閑蔵までトンネルでショートカットする、画期的な新道です。
このトンネルと、後述の新接岨大橋の竣工によって、
県道388号線の経路が変更となり、関の沢ルートが廃道となりました。
関の沢展望台から先は、いよいよ「険道」らしい悪路が始まります。
公的には、ハイキングの場合は展望台からUターンすることを推奨されています。
(2枚前の写真で、奥に向かう道が封鎖されているのが見えます)
挑戦される方は、くれぐれも装備を整えて、自己責任にてお願いします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関の沢展望台から先は、いよいよ「険道」らしい悪路が始まります。
公的には、ハイキングの場合は展望台からUターンすることを推奨されています。
(2枚前の写真で、奥に向かう道が封鎖されているのが見えます)
挑戦される方は、くれぐれも装備を整えて、自己責任にてお願いします。
落石、崩落の現場を乗り越えながら先を目指します。
この時点ではさして危険を感じませんでしたが、
今後、どこまで崩壊が進んでいくのかわかりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石、崩落の現場を乗り越えながら先を目指します。
この時点ではさして危険を感じませんでしたが、
今後、どこまで崩壊が進んでいくのかわかりません。
人の手から離れたことで、急速に自然へと還りつつあります。
何年か後には、登山道と変わらないほどの光景になってしまうかもしれません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人の手から離れたことで、急速に自然へと還りつつあります。
何年か後には、登山道と変わらないほどの光景になってしまうかもしれません。
やがて視界に飛び込んでくる大きな橋は、
現・県道388号線の新接岨大橋。
橋の中央付近が接岨峡側の川根本町と、
閑蔵側の静岡市葵区(!)の境界になっています。

この橋が見えてきたら、ゴールの閑蔵駅はもうすぐです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて視界に飛び込んでくる大きな橋は、
現・県道388号線の新接岨大橋。
橋の中央付近が接岨峡側の川根本町と、
閑蔵側の静岡市葵区(!)の境界になっています。

この橋が見えてきたら、ゴールの閑蔵駅はもうすぐです。
ゴールの井川線閑蔵駅。
付近には茶店が1軒と民家が数軒あるだけで、ほとんど何もありません。
井川線の本数も非常に少ない(1日4往復!)です。
駅前から千頭方面行きの路線バスも出ていますので、
うまく使い分けてください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールの井川線閑蔵駅。
付近には茶店が1軒と民家が数軒あるだけで、ほとんど何もありません。
井川線の本数も非常に少ない(1日4往復!)です。
駅前から千頭方面行きの路線バスも出ていますので、
うまく使い分けてください。

感想/記録
by bool

接岨峡付近のハイキングコースを調査中に歩いたルートです。

もともとは自動車の通る県道だったということもあり、山道に比べれば歩きやすさは段違いです。
が、廃道になって以降はほとんど管理されていないようですので、今後ますます落石などで険道と化していくことが予想されます。

甘い考えでの強行は災害の元です。下準備や下調べは欠かさずに。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2664人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

崩落 廃道 落石 トンネル 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ