また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 506039 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白山

白山五峰:別山〜三ノ峰縦走 上小池起点、逆さ別山辛うじて・・・

日程 2014年09月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ→三ノ峰辺りからガス発生
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道158号線から小池公園へ進む、約21キロ。カーナビは小池公園で検索、上小池駐車場では出てきませんでした。
長浜楽市→上小池駐車場:約150キロ、約3時間
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間0分
休憩
50分
合計
9時間50分
S上小池駐車場05:3006:50六本槍08:50三ノ峰避難小屋09:10三ノ峰10:10御手洗池11:00別山11:5012:20御手洗池13:20三ノ峰避難小屋14:20六本槍15:20上小池駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
☆六本槍までは樹林帯を登ります。
☆六本槍から先、別山までは視界100%快適な縦走路が続きます。
☆急坂有りますが、ジグザグに登山道が切っていて大変登り易いです。
☆三ノ峰から先の多少のアップダウンは大して苦になりません。

★水の確保に注意、登山口の山水が最後の水場です。
★全体的に笹山、斜面の登山道では道の両サイドが笹で覆われています。踏み外しに気をつけて下さい。
★比較的長い縦走路です。雷・暴風雨から身を守る場所は三ノ峰避難小屋しかありません。別山の山頂も社はありますが、雨宿りも出来ないような超コンパクトサイズ、雷が鳴りかけたら、三ノ峰避難小屋まで即退散です。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

上小池駐車場、車僅か7台、市ノ瀬とは大違い!
2014年09月07日 05:32撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上小池駐車場、車僅か7台、市ノ瀬とは大違い!
1
別山まで水場はここだけ、水の確保はたっぷりと。
六本槍までは樹林帯を登ります。
2014年09月07日 05:32撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山まで水場はここだけ、水の確保はたっぷりと。
六本槍までは樹林帯を登ります。
3
六本槍に着きました、まだ上部はガスってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六本槍に着きました、まだ上部はガスってます。
3
東の空のほうからガスがとれ光りが差してきました。
奥に見えるのは三ノ峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の空のほうからガスがとれ光りが差してきました。
奥に見えるのは三ノ峰
11
47都道府県の最高峰を目指している関東からの登山者、健脚でした。
2014年09月07日 06:59撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
47都道府県の最高峰を目指している関東からの登山者、健脚でした。
3
六本槍を越えるとずーっと視界全開100%!!
2014年09月07日 07:06撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六本槍を越えるとずーっと視界全開100%!!
5
登り甲斐のある尾根、元気出てきます、来てよかった・・・
2014年09月07日 07:22撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り甲斐のある尾根、元気出てきます、来てよかった・・・
6
これはアザミ
2014年09月07日 07:27撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはアザミ
2
9月を過ぎても花結構さいているんですね。
2014年09月07日 07:32撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月を過ぎても花結構さいているんですね。
3
左奥には経ヶ岳、中央に赤兎山、そして右に大長山が続きます。
2014年09月07日 07:49撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥には経ヶ岳、中央に赤兎山、そして右に大長山が続きます。
3
北陸のもう一つの百名山、荒島岳
2014年09月07日 07:49撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北陸のもう一つの百名山、荒島岳
5
花と山と青空・・・
足が止まって前に進みません。
2014年09月07日 07:54撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花と山と青空・・・
足が止まって前に進みません。
4
右に槍ヶ岳の小槍の様な尖った山が・・・
つなぎぶしの槍だそうです。
2014年09月07日 07:55撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に槍ヶ岳の小槍の様な尖った山が・・・
つなぎぶしの槍だそうです。
5
ウメバチソウ
2014年09月07日 08:08撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ
3
振り返って登ってきた尾根
2014年09月07日 08:09撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って登ってきた尾根
3
右端に別山が見え、左端には大汝峰と御前峰が・・・
残念ながらこの後白山三峰はガスで隠れてしまいました。
2014年09月07日 08:18撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右端に別山が見え、左端には大汝峰と御前峰が・・・
残念ながらこの後白山三峰はガスで隠れてしまいました。
5
右斜めの尾根を登ります。
全体的にこの尾根道は急坂でもジグザグに道が切ってあり、大変登り易い感じ。
2014年09月07日 08:28撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右斜めの尾根を登ります。
全体的にこの尾根道は急坂でもジグザグに道が切ってあり、大変登り易い感じ。
4
夜露に濡れて、お日様を待っているかのでしょうか。
2014年09月07日 08:37撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜露に濡れて、お日様を待っているかのでしょうか。
3
尾根道を境にガスと晴れの空気が拮抗しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道を境にガスと晴れの空気が拮抗しています。
5
盛りを過ぎても精一杯咲いています。
2014年09月07日 08:40撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
盛りを過ぎても精一杯咲いています。
2
ハクサントリカブト
2014年09月07日 08:43撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサントリカブト
3
三ノ峰避難小屋に向けてもう少し。
青空に吸い込まれそうな気持
2014年09月07日 08:47撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ峰避難小屋に向けてもう少し。
青空に吸い込まれそうな気持
2
タカネナデシコ、最後の一輪でしょうか。
2014年09月07日 08:49撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ、最後の一輪でしょうか。
4
三ノ峰避難小屋到着
2014年09月07日 08:55撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ峰避難小屋到着
2
寝るには十分ですが、屋内にトイレがあり、(この部屋とは仕切りで区切られていますが)少し臭うのが気になりますね。
2014年09月07日 08:56撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝るには十分ですが、屋内にトイレがあり、(この部屋とは仕切りで区切られていますが)少し臭うのが気になりますね。
2
三ノ峰周辺は低い笹で覆われています。
2014年09月07日 09:03撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ峰周辺は低い笹で覆われています。
4
さぁ、これから右奥の別山に向けて出発!
白山連峰の天空の縦走路です。
2014年09月07日 09:04撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、これから右奥の別山に向けて出発!
白山連峰の天空の縦走路です。
5
三ノ峰から別山を望む、奥にわずかながら白山本峰が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ峰から別山を望む、奥にわずかながら白山本峰が。
8
三ノ峰山頂で、ecopasoさん
2014年09月07日 09:10撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ峰山頂で、ecopasoさん
5
三ノ峰から先、多少アップダウンはありますが、疲れは感じません。いやらしく無い尾根道です。
高度感はありますね。
2014年09月07日 09:13撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ峰から先、多少アップダウンはありますが、疲れは感じません。いやらしく無い尾根道です。
高度感はありますね。
9
逆さ別山、粘りましたがこれが限界でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆さ別山、粘りましたがこれが限界でした。
7
御手洗池、『おてあらいいけ』ではありません。
みたらしいけ・・・と呼びます。
水が無くなったら、最悪この水に頼ることになります。要煮沸が安全でしょうね。
2014年09月07日 10:16撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御手洗池、『おてあらいいけ』ではありません。
みたらしいけ・・・と呼びます。
水が無くなったら、最悪この水に頼ることになります。要煮沸が安全でしょうね。
5
稜線はもう秋の気配
2014年09月07日 10:30撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線はもう秋の気配
2
別山神社
2014年09月07日 11:00撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山神社
ecopasoさん、初めての別山は如何、病みつきになりそうでしょう。
2014年09月07日 11:03撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ecopasoさん、初めての別山は如何、病みつきになりそうでしょう。
10
今年2度目の山頂
2014年09月07日 11:03撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年2度目の山頂
12
別山頂上から、御舎利山方面。千振尾根から結構登ってこられます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山頂上から、御舎利山方面。千振尾根から結構登ってこられます。
4
別山から下山途中、御手洗池を眺めます。
2014年09月07日 12:19撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山から下山途中、御手洗池を眺めます。
1

感想/記録

☆山と高原地図で白山連峰の登山道を眺めると、北は中宮温泉から南は石轍白まで南北に長く連なる山域で四方に広がる尾根に沿って魅力的な登山道が張り巡らされています。

☆白山本邦の南部の別山は、甚之助避難小屋の手前辺りでいきなり右手に出現し、誰もがその存在感に感嘆の声を上げる白山本邦に勝るとも劣らない雄大な山です。もし・・・ですが、もし白山が無ければ、きっと百名山に選ばれていたことでしょう。

☆白山から眺めるだけではもったいない、ということで今回は南の縦走路、上小池駐車場からのルートにしました。別山に登るルートとしては、一番距離が短く、朝早く出れば日帰りも十分可能です。

☆この縦走路は、バリエーション豊富で登る者を飽きさせてくれません。
・六本檜までの樹林帯、急坂が無いのでありがたいです。
・六本檜から先は、もう視界を遮るものは何もありません。三ノ峰避難小屋のあるコルまで尾根道を一気に登り詰めます。時期的に期待していなかった花も待ってくれていたかの様に楽しませてくれます。背後には、荒島岳、経ヶ岳、赤兎山、大長山等眼下に広がります。
・避難小屋まで行けば三ノ峰山頂まであと少し、別山までの快調な縦走路が白山御前峰まで連なります。白山のメイン道である砂防新のピストンでは絶対に味わえない白山連峰の縦の長さを実感、白山のまさに『天空の縦走路』です。
・別山山頂がどんどん近くなり、あと一息のところには別山平という平原があり、7月には一面ニッコウキスゲで覆われます。少し進むと御手洗池(みたらしいけ)、逆さ別山のベストショットを狙いたいところですが、直ぐにガスが発生してなかなか上手くいきませんね。
・御手洗池から別山はもう少し、眼前にそびえています。別山の南面には大平壁と呼ばれる台岩壁が山頂まで垂直にへばりついています。大平壁は登りませんが、ちょっとビビりながら痩せた尾根を一気に山頂へ。
・山頂は360度のパノラマが広がります。晴れていれば、御前峰、大汝峰の主峰は勿論、北アルプスなどの大展望に感動・感動・感動の連続!!

☆南竜山荘の営業は10月15日まで、今年の夏は短かったですね。秋本番もすぐそこまで来ています。色付き始めた時期にも登りたいし、最盛期の白山、別山も期待大です。今年、あと何回登れるかなぁ。

感想/記録

 今回は、表白山と全く違った白山を体験できました。
別当出会いからの本峰へのメジャーコースの賑やかさとは正反対の静かな
登山が楽しめました。登山道もよく整備されていていますし、往復15km〜という距離もまたほどよい達成感を味わえました。
上部はガスっておりましたが「またさらなり」という感じでした。
白山三峰は分かりますが、五峰があったことも知りました。よい山行きができ感謝。
訪問者数:1501人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/23
投稿数: 600
2014/9/9 23:53
 もォ〜〜〜!ステキ過ぎます(*^^*)
yoshikun1さん, ecopaso さん こんばんわ〜^^
このレコを拝見した瞬間 行きたい!って思いました
こんな景色を見ながらのんびり歩いてみたいなぁ
あ、のんびり歩いてたら日帰りできない!?w
ホント、ステキすぎるレコをありがとうございます
登録日: 2012/9/30
投稿数: 1839
2014/9/10 7:41
 Re: もォ〜〜〜!ステキ過ぎます(*^^*)
multifloraさん、こんにちは−
2,000Mを越える山の高度感は本当に素晴らしいですね。
少し遠いですが、秋本番の白山・別山を是非是非!!
日帰りも何とか可能でしょうが、
折角なので室堂か南竜山荘一泊でゆっくり、まったり・・・がおススメです。

ところで、沢登りのシーズンはもう終わりですか?
今年はハマっておられましたね。
えっ、秋も勿論?、ひょっとして冬は氷壁にトライされていたりして

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ