また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 506539 全員に公開 講習/トレーニング京都・北摂

愛宕山へトレーニング/黄金の方程式

日程 2014年09月08日(月) [日帰り]
メンバー
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間5分
休憩
45分
合計
5時間50分
S清滝08:5509:30空也の滝入口09:40空也の滝09:45空也の滝入口11:00月輪寺12:00愛宕山手前(昼食)12:4512:50愛宕山14:45清滝G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
整備されています。
その他周辺情報9号線沿いに仁左衛門の湯があります。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

8:55清滝スタート
2014年09月07日 08:55撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:55清滝スタート
最初は舗装路を進みます。
2014年09月07日 09:11撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は舗装路を進みます。
ここから月輪寺へ向かうのですが、ちょっと空也の滝が気になり寄り道しました。
2014年09月07日 09:28撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから月輪寺へ向かうのですが、ちょっと空也の滝が気になり寄り道しました。
なにやら鳥居が見えてきました。
2014年09月07日 09:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なにやら鳥居が見えてきました。
また鳥居。
2014年09月07日 09:38撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また鳥居。
1
分岐から約10分。
なかなか見ごたえがある滝でした。昨夜の雨で水量多め(?)。
近所の方(?)がお掃除をされていました。ご苦労様です。
2014年09月07日 09:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から約10分。
なかなか見ごたえがある滝でした。昨夜の雨で水量多め(?)。
近所の方(?)がお掃除をされていました。ご苦労様です。
1
一路分岐まで引き返し、月輪寺へ向かいます。
月輪寺までは、木漏れ日の中のよく整備された道でした。
2014年09月07日 10:13撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一路分岐まで引き返し、月輪寺へ向かいます。
月輪寺までは、木漏れ日の中のよく整備された道でした。
途中のお地蔵さん。ここが分岐からちょうどお寺までの中間地点のよう。
2014年09月07日 10:21撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中のお地蔵さん。ここが分岐からちょうどお寺までの中間地点のよう。
木の間から京都市内が見えます。
2014年09月07日 10:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間から京都市内が見えます。
11:00月輪寺到着
2014年09月07日 11:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:00月輪寺到着
1
ここからの方が眺めが良い。
2014年09月07日 11:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの方が眺めが良い。
愛宕山手前(首なし地蔵からの道と合流する手前)にちょっとしたスペースがあり、眺めもサイコー。ここで昼食をとることに。
ここからの眺めが一番見晴らしがよかったです。
ついつい時間を忘れ、双眼鏡に没頭してしまう。
2014年09月07日 12:02撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕山手前(首なし地蔵からの道と合流する手前)にちょっとしたスペースがあり、眺めもサイコー。ここで昼食をとることに。
ここからの眺めが一番見晴らしがよかったです。
ついつい時間を忘れ、双眼鏡に没頭してしまう。
2
昼食後,愛宕山へ。(首なし地蔵からの道と合流したところ)
2014年09月07日 12:45撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食後,愛宕山へ。(首なし地蔵からの道と合流したところ)
神社までの階段
2014年09月07日 12:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社までの階段
1
お社到着
2014年09月07日 12:54撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お社到着
1
清滝までは地元消防団が設置した看板で残りの距離がわかる。
◯/40で表示。多分1/40は100mくらい。
2014年09月07日 14:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝までは地元消防団が設置した看板で残りの距離がわかる。
◯/40で表示。多分1/40は100mくらい。
ケーブルの跡。
2014年09月07日 14:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブルの跡。
帰り道、松尾退社前の大橋から愛宕山を望む。
2014年09月07日 15:13撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道、松尾退社前の大橋から愛宕山を望む。
本日の温泉は、9号線沿い(亀岡寄り)の仁左衛門の湯。
2014年09月07日 16:23撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の温泉は、9号線沿い(亀岡寄り)の仁左衛門の湯。
本日の乾杯は、長岡天神駅近くの、ご存知「餃子の王将」。
やはりコスパに優れている。
2014年09月07日 17:02撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の乾杯は、長岡天神駅近くの、ご存知「餃子の王将」。
やはりコスパに優れている。
阪急長岡天神駅から帰路につく。
2014年09月07日 18:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阪急長岡天神駅から帰路につく。
撮影機材:

感想/記録
by yahoo8

今回は歩荷トレで愛宕山へ。
重さは約23kg。
一年振りに担ぐ重さで、ちょっと不安であった。

goinkyo3の住む長岡京まで電車で行き、そこからgoinkyo3の車で清滝へ。
8:55スタート。
今日は,涼しくて気持ちがよい。
一路、月輪寺へ舗装道路を進む。
いよいよ登山道へ入るところは、ちょうど空也の滝の入口でもある。
さほど距離は無さげなので、ちょっと滝へ寄り道した。
約10分で滝へ着く。
高さ30mくらいであろうか、結構見ものの滝であった。
すぐに引き返し月輪寺への参道へ入る。
よく整備された参道で、また木漏れ日の中を歩くので、暑さも気にならない。
だが、そこは歩荷トレ。身体の中から汗が噴き出す。

何度かの休憩を取りながら、11:00月輪寺へ。
ここから京都市内の眺めが良い。(あとでもっとながめの良いところがあるが)
休憩と参拝を済ませ、愛宕山へ。
さすがに、いつもよりかは腹が減るスピードが早いように思う。

ちょうど12時頃に首なし地蔵方面からの道と合流する手前にちょっとした空き地が
あり、そこからの眺めがすばらしい。
ってことで、ここで昼食をとる。
双眼鏡を持ってきていたので、goinkyo3と双眼鏡に没頭してしまう。
西は六甲、南は生駒、東は比良山系・・・。時が経つのを忘れてしまう。

そこから5分ほどで愛宕山に着く。
愛宕山参りを済ませ、下山。
地元消防団が作製したとみられる距離表示がなんとも助かる。
さすがに下りばかりの後半はこたえたが、清滝のゴールに到着。
一年振りにしては、よく担げたものだ。
明日からの筋肉痛が恐ろしいが・・・。(笑)

で、いつものごとく温泉へ。
本日の温泉は9号線沿いの仁左衛門の湯。
大昔に行ったが、まだまだにぎわっている温泉だった。

そしてもう一つの恒例行事のギョーザ&ビール。
本日は長岡天神駅近くのご存知「餃子の王将」。
さすがにコスパに優れている。
「歩き+温泉+餃子&ビール=至福の極み」
この方程式は、私の中でしばらくは崩れそうにもない。
訪問者数:692人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

地蔵 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ