また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 507152 全員に公開 ハイキング比良山系

霊仙山-蓬莱山 〜幻の廃道 和邇越道を行く

日程 2014年09月10日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
和邇駅発 栗原行きは朝1本のみ ご注意ください
*霊仙登山口までタクシーで入れるとのこと
びわ湖バレイより志賀駅にバスあり
http://www.biwako-valley.com/topics/404
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間3分
休憩
1時間47分
合計
8時間50分
S栗原バス停07:3508:15霊仙登山口08:3009:17霊仙山09:3009:55ズコノバン10:40アラキ峠11:18権現山11:5512:19ホッケ山12:53小女郎ヶ池13:1513:50蓬莱山14:1016:25山麓駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
栗原7:35-8:15霊仙登山口8:30-9:17霊仙山9:30-9:55ズコノバン-10:40アラキ峠-11:18権現山11:55-12:19ホッケ山-12:53小女郎池13:15-13:50蓬莱山14:10-16:25山麓駅
コース状況/
危険箇所等
★ズコノバン-アラキ峠(かつての生活道で現在は利用もなく、地図への記載なし)

ズコノバンからアラキ峠方面を見ると、赤テープが見え、踏み跡も見える。
最初はしっかりとした道が続くが、最初の沢をまたぐ手前の急斜面付近で踏み跡が細く、通行困難になる。滑落注意。
赤テープが随所にあり、ところどころ踏み跡が不明瞭になるが赤テープに助けられ迷わず行ける。
ズコノバンからアラキ峠までほぼアップダウンなくトラバースをし続ける


過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

霊仙山の登山口は林道終点、電波塔の右側に赤テープがありますので、そこから取りつきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山の登山口は林道終点、電波塔の右側に赤テープがありますので、そこから取りつきます
1
踏み跡の薄い、植林の急登をひたすら登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡の薄い、植林の急登をひたすら登ります
1
ピントが後ろにあってますが、この花がたくさん咲いてました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピントが後ろにあってますが、この花がたくさん咲いてました
1
霊仙山(比良の)山頂からは鈴鹿が一望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山(比良の)山頂からは鈴鹿が一望
1
霊仙山山頂から見る権現山 「まだまだ登らなあかんわ」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山山頂から見る権現山 「まだまだ登らなあかんわ」
廃道のはずの和邇越道 最初は快適なトラバース道でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃道のはずの和邇越道 最初は快適なトラバース道でした
今日のコース ここだけで咲いていたトリカブト
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のコース ここだけで咲いていたトリカブト
3
しばらく行くと、トラバース道も危険地帯に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく行くと、トラバース道も危険地帯に
3
アラキ峠手前になると、またしっかりとしてました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アラキ峠手前になると、またしっかりとしてました
1
権現山 山頂に近づくと・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現山 山頂に近づくと・・・
この大展望 正面に比叡山 右に京都市街、左に大津市街が一望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この大展望 正面に比叡山 右に京都市街、左に大津市街が一望
3
綿シャツのOG氏は暫し、休憩&物干しタイム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綿シャツのOG氏は暫し、休憩&物干しタイム
2
山頂は貸し切りでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は貸し切りでした
1
それまでの地獄の急登から天国の尾根道歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それまでの地獄の急登から天国の尾根道歩き
ほれこの通り(実はバテ気味?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほれこの通り(実はバテ気味?)
6
今日歩いてきた霊仙山、権現山も眼下に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日歩いてきた霊仙山、権現山も眼下に
1
ホッケ山の登りから見た権現山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホッケ山の登りから見た権現山
1
「ホッケ山にもうすぐ着きますよ FIGHT!」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ホッケ山にもうすぐ着きますよ FIGHT!」
ホッケ山山頂よりこれから目指す蓬莱山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホッケ山山頂よりこれから目指す蓬莱山
2
蓬莱山はまだまだ遠いですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山はまだまだ遠いですね
アップダウンのほとんどない快適な縦走路
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンのほとんどない快適な縦走路
1
「琵琶湖がドーン」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「琵琶湖がドーン」
3
斜面転がって行ったら琵琶湖に着きそうですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面転がって行ったら琵琶湖に着きそうですね
2
今日のハイライト 小女郎池が見えてきましたよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のハイライト 小女郎池が見えてきましたよ
水鳥もこんな山上湖にいるんですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水鳥もこんな山上湖にいるんですね
2
さあ小女郎峠に戻りましょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ小女郎峠に戻りましょう
お地蔵さんもある、私の大好きな道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵さんもある、私の大好きな道
もうすぐ蓬莱山 山頂です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ蓬莱山 山頂です
山頂のハンモックは気持ちよかった。
このまま寝てたら動けなくなるので「もう行きますよ」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のハンモックは気持ちよかった。
このまま寝てたら動けなくなるので「もう行きますよ」
7
武奈さまはいつ見てもいいですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈さまはいつ見てもいいですね
3
釈迦岳も登って以来好きになりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦岳も登って以来好きになりました
金毘羅峠びわ湖バレイ道の下りは、ハードでした。下っても下っても琵琶湖がはるか下に見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金毘羅峠びわ湖バレイ道の下りは、ハードでした。下っても下っても琵琶湖がはるか下に見えた
1
打見谷の堰堤の上を渡れば、林道が現れた。山麓駅までわずかです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
打見谷の堰堤の上を渡れば、林道が現れた。山麓駅までわずかです。

感想/記録
by mets

次の登山ルートをどこにするか検討する場合、ヤマレコは便利だ。山の表情、魅力から最新情報まで、文章と写真とが共に表れ、私も大いに利用させてもらっている。
ただ、ヤマレコは人気のある山、コースに偏りがちだ。

先日「登る、比良山」という本を手に入れた。
この本は、比良の全コース(難路も一部の廃道、バリエーションも含まれる)が網羅された本だ。
作者曰く、「低山歩きの良さは山頂への達成感よりも、山そのものの佇まいや雰囲気にある。比良でいえば多くの人が利用してきた峠道などを歩くことによって、山の魅力や楽しさが伝わってくるのではないか」

今回の同行者は、同じ職場のOG氏。今回は比良。私のお気に入りの権現山-蓬莱山の稜線歩きに、ズコノバン-アラキ峠という作者おすすめの「山と高原地図」にも記載のないコースを取り入れ行ってきた。

OG氏は今までの大台ケ原・愛宕山から一皮むけた登山道・コースタイムを完全踏破し、自称「アルピニスト」になった、とのことでした。



訪問者数:2493人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/3/28
投稿数: 1350
2014/9/11 20:20
 お疲れ様です。
赤いウェアの後ろ姿はmetsさんだと思っていたのですが
「琵琶湖がドーン」写真で違うと気が付きました。
後ろ姿はお二人はよく似ていますね。
赤が同行者さんで、青がmetsさんだったんですね。
metsさんって赤いウェアのイメージがあります。
もしかして、色が被ると気まずいので事前に調整されたのでしょうか?

私は同行者と同じような色の服はできるだけ避けたいので
相手が着てこないだろうな色の服を着ていきます。
それでも、被る時はありますが・・・ 
だいたい登山服なんて同じようなデザインで同じような色が多いですね。
私はヤマレコオフ会メンバーでは青色を着させていただいています。
登録日: 2012/6/2
投稿数: 98
2014/9/11 23:36
 ええですなぁ
比良の蓬莱山以南は、私も行ったことありません
「登る、比良山」の山域とシブいコース紹介のコピーを見て「もしや…」と思ったら、やはり草○啓三さんの手による本だったのですね
metsさんが着々と山行を重ねているのに、私は。。。
登録日: 2011/1/18
投稿数: 972
2014/9/11 23:44
 Re: お疲れ様です。
相手の服装の色まで気を使うとは、さすがorisさんですね
私の夏のアウターはオレンジと青の2色のみです。
確かにorisさんは青のイメージですね。
私もバンコクのグループみたいに赤シャツ隊とかやってみようかな
登録日: 2011/1/18
投稿数: 972
2014/9/11 23:55
 Re: ええですなぁ
蓬莱山〜打見山一帯はびわ湖バレイスキー場で、我々ワンダラー(古い?)には思わず敬遠したくなりますが、権現山〜ホッケ山〜小女郎池の雰囲気は比良ではベストと思えるお気に入りの場所です。

○川○○さんの記事は岳人にもよく出てますが、荒川峠や蛇谷ヶ峰カツラ谷、釈迦岳など私と趣向が合うようなので、これからも参考にしていこうと思ってます。
登録日: 2011/3/23
投稿数: 899
2014/9/12 1:06
 車?
こんばんは〜

バスの出発時刻に間に合う計画から、マイカーの使用許可出たんでしょうか?

職場の方同行の山行も、より親交深まりチームワーク向上、営業成果も一段とアップですな。

しかし、面白そうな本ですな。
また今度、聞かせてくださいね。
登録日: 2011/1/18
投稿数: 972
2014/9/12 8:09
 Re: 車?
いえいえ 今回もマイカー使用許可は得られずでした
おかげでアルコール三昧の山行が楽しめましたよ
権現山では宴会タイムでした

この本を出している出版社は、「奈良の山」なる本を最近だして台高のpopoiさんが好きなマニアックなルートも載ってますよ。一度ご覧下さい
登録日: 2014/9/13
投稿数: 3
2014/9/13 12:17
 バスの時間ぴったりです
同行者のogです。今回のルートでは本当の山登りを体験しました。 ところで、このコースは和邇駅からバス〜登山口〜びわこバレー最終送迎バス〜志賀駅とマイカーを使わなくても ちょうどいい時間で動けます。🔰から一皮向ける特訓に最高かも!ただし、🔰一人では無理なコースと思いました。景色は最高!
登録日: 2011/1/18
投稿数: 972
2014/9/14 13:18
 Re: バスの時間ぴったりです
3分歩いて10分休憩も、今思えばバスの時間調整と、きりたんぽ半額セールのためだったのですね
登録日: 2011/9/17
投稿数: 534
2014/9/14 22:48
 人気のあるコース以外もいいですね
metsさん、こんばんわ
すてきなコースですね。さすがワンダラー感心します。
ルートファインディングも登山の魅力、人気のあるコースもいいけれど、踏み跡少ないコースも良いものですね。
登録日: 2011/1/18
投稿数: 972
2014/9/15 7:52
 Re: 人気のあるコース以外もいいですね
masutyannさん こんにちは
masutyannさんもワンダラーでしたよね
山の楽しみも年齢とともに変わっていき、奥の深い趣味ですね。
私たちみたいに、昔やっていて、中断後再開というパターンが最も遭難が多いみたいですね。
お互い安全第1で山を楽しみましょう

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ