また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 509018 全員に公開 沢登り 大山・蒜山

沢納め 大山阿弥陀滝・雄滝

情報量の目安: A
-拍手
日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候雨〜晴れ〜雨〜晴れ
到着時気温17℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大山環状道路より川床登山口へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
2時間20分
合計
5時間50分
Sスタート地点09:5009:55川床登山口10:15第一堰堤10:2510:30第二堰堤6m滝10:5010:55休憩11:0511:05第三第四堰堤11:1011:40丸太の滝11:4512:20休憩13:0013:10阿弥陀滝13:3013:40雄滝13:5014:30休憩14:5015:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道としては難コースとなっています。ぬかるんでいてヤブが茂っています。
ロープ場あり。
沢を遡行するには装備があれば特に危険箇所なし。
その他周辺情報川床登山口には登山ポストはありません
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 地図(地形図) GPS ロープ ハーネス ヘルメット アッセンダー ディッセンダー

写真

この橋から入渓。
2014年09月14日 09:58撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋から入渓。
水がきれいで飲んでみるKくん。
2014年09月14日 10:00撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水がきれいで飲んでみるKくん。
1
最初の堰堤は右端をロープで。
2014年09月14日 10:18撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の堰堤は右端をロープで。
1
この滝(堰堤)も直登。水は少ない。
濡れるとさすがに寒い!
2014年09月14日 10:28撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝(堰堤)も直登。水は少ない。
濡れるとさすがに寒い!
2
左岸を巻く。
2014年09月14日 11:04撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸を巻く。
リングボルトに
2014年09月14日 11:07撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リングボルトに
ピトンあり。
2014年09月14日 11:07撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピトンあり。
崩落箇所。
2014年09月14日 11:14撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落箇所。
師匠は竿を持ってくればよかったと。
ヤマメ?
2014年09月14日 11:23撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
師匠は竿を持ってくればよかったと。
ヤマメ?
壁がせまる。
2014年09月14日 11:25撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壁がせまる。
2
ひたすら岩を飛び越えていく。
2014年09月14日 11:28撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら岩を飛び越えていく。
2
だだっ広い河原を想像してたのですが、
次々といろんな渓相がみられます。
2014年09月14日 11:35撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だだっ広い河原を想像してたのですが、
次々といろんな渓相がみられます。
3
丸太のかかる滝(ダム?)
彼はこのあと凍える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太のかかる滝(ダム?)
彼はこのあと凍える。
2
右岸にはロープが掛けられています。
2014年09月14日 11:44撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸にはロープが掛けられています。
脇から注ぐ二筋の滝。
2014年09月14日 12:17撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
脇から注ぐ二筋の滝。
1
透き通る水。
2014年09月14日 13:07撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
透き通る水。
2
これはなんだ?
かなりデカかった。
2014年09月14日 13:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはなんだ?
かなりデカかった。
2
東谷との出合。
右へ進む。
2014年09月14日 13:09撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東谷との出合。
右へ進む。
黒光りしていかつい。
2014年09月14日 13:25撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒光りしていかつい。
滝直下にちょうどよい風呂があった。
2014年09月14日 13:25撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝直下にちょうどよい風呂があった。
3
落ち口の様子。
2014年09月14日 13:27撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口の様子。
1
ここから宝珠尾根に上がるようです。
こりゃ難コースだ。
2014年09月14日 13:24撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから宝珠尾根に上がるようです。
こりゃ難コースだ。
ここからはひとりで支流へ行ってみる。
2014年09月14日 13:33撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはひとりで支流へ行ってみる。
今までと渓相が変わって、
赤い岩に、ナメがあったり。
2014年09月14日 13:36撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今までと渓相が変わって、
赤い岩に、ナメがあったり。
突き当りに滝。雄滝?
色々詰まってなんか貧相ではある。
2014年09月14日 13:37撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突き当りに滝。雄滝?
色々詰まってなんか貧相ではある。
期待はずれやな…
と、横を見れば小さな流れが目にとまる。
2014年09月14日 13:39撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
期待はずれやな…
と、横を見れば小さな流れが目にとまる。
おっと!
危うく見逃すところだった。
こちらが雄滝でしょう。30〜40m?
2014年09月14日 13:38撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと!
危うく見逃すところだった。
こちらが雄滝でしょう。30〜40m?
2
りっぱな滝でしたw
2014年09月14日 13:38撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
りっぱな滝でしたw
2
撮影機材:

感想/記録

阿弥陀川まで往復しました。
時間と体力があれば、大山概念図にある雄滝と、東谷(阿弥陀沢)へ足をのばす予定。

晴れ予報でしたが、入渓準備中から雨、やむのを待ってからのスタート。
気温20℃、水は思ったより冷たくないができるだけ濡れないように歩きました。
同行者はどうしたもんか、はじめから水に突っ込んでいきます。
私はモンベルのライトネオプレンにTシャツその上にパドリングジャケットといつもより重装備で臨みました。それでも休憩時には冷えてきたので、観念。沢はこれでシーズンラストになりそうです。

川床登山口下の橋より入渓。雨後でも水は透き通っていました。
あとで気づいたのですが、(一応難ルートということです)登山道がついていました。

最初の堰堤…右側から直登。身体の大きい同行者はには、ちょうどよい木があるのでロープをフィックス。ハンドアッセンダーを出しましたが、結局ごぼうで引き揚げました。右岸側に巻き道あり。

第二堰堤6m滝…グリップビレイで確保、滝の右側を直登。下のほうは結構滑ります。
右岸左岸に巻き道あり。

3番目の堰堤…右岸から巻いて上がりました。上から見ると壁にピトンが打ってありました。上にはリングボルトが2本。新しくしっかりしています。

丸太の滝(?)…3m。すでにずぶ濡れのKくんのみ直登。左端をよじ登ってました。1名は右岸にルンゼを登って壁をへつる。1名はさらに手前のルンゼから上がるとロープが張ってあり、そこを伝いました。

東谷出合…阿弥陀滝へは右へ。

支流との分岐…ここも二俣を右へ。

阿弥陀滝…44.7m。水量少な目。
いかつい滝でした。一段上がってみると岩肌はぬめっています。草つきをからめていけば登れそうに見えてしまいます。師匠もいけそうやな〜なんて言いますが、こんなとこはだめです(汗

雄滝…
同行者はくたびれたので先に降ります。せっかくきたので私は支流を上がって雄滝を見に行きました。
支流は細い水路。巻き道もないため小滝はそのまま登って行きます。
赤い岩にナメはこのあたりだけではないでしょうか。
つきあたりに水量は乏しいですが30〜40m滝が現れました。下部は倒木などが詰まっていて見栄えのする滝ではありません。期待はずれやなと右を向くとこちらはなかなか立派な滝が。危うく見逃すところでした。落差はおなじく30〜40mくらい。左岸はだいぶガレていました。
たしか、昨年遭難した方はここで見つかったと聞いたことがあります。
この上は剣谷。宝珠越からの難しい下山だったのでしょう。下は崖や滝です。

陽が射してる間はどうってことはないですが、動いてないとさすがに冷えました。
これで沢納めとなりそうです。
今年もケガなく無事に楽しむことができました。感謝。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1615人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ