また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 509135 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 大峰山脈

大普賢岳から七曜岳、無双洞を周回

情報量の目安: B
-拍手
日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
和佐又山ヒュッテ前に20台くらいの駐車場(1日1,000円)。
この日は草地まで車が溢れ、40台くらい止まっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
2時間10分
合計
8時間20分
S和佐又ヒュッテ05:3005:35伯母峰分岐05:4505:55和佐又のコル06:40笙ノ窟06:4506:55日本岳のコル07:00石の鼻07:1007:20小普賢岳07:2508:05大普賢岳08:2008:30水太覗08:3509:25稚児泊09:3510:00七曜岳10:4511:45無双洞12:1012:10水簾滝13:10七曜、大普賢分岐13:30和佐又のコル13:50和佐又ヒュッテG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
和佐又ヒュッテ5:30-5:35伯母峰分岐(ご来光)5:45-5:55和佐又のコル
 -6:40笙ノ窟6:45-6:55日本岳のコル-7:00石ノ鼻7:10-7:20小普賢岳7:25
  -8:05大普賢岳8:20-8:30水太覗8:35-9:25稚児泊9:35
   -10:00七曜岳(昼食)10:45-11:45無双洞12:10
    -12:40クサリ場-13:30和佐又のコル-13:50和佐又のコル
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

台高の山並みからご来光。
2014年09月14日 05:44撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台高の山並みからご来光。
5
モルゲンに染まる大普賢。
2014年09月14日 05:44撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンに染まる大普賢。
4
石碑も黄金に光る。
2014年09月14日 05:46撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石碑も黄金に光る。
1
朝日射す森を行く。
2014年09月14日 05:57撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日射す森を行く。
2
青葉が輝く。
2014年09月14日 06:06撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青葉が輝く。
3
大普賢名物の鉄ばしご。
山中梯子だらけ。
2014年09月14日 06:58撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大普賢名物の鉄ばしご。
山中梯子だらけ。
1
石ノ鼻を見上げる。
2014年09月14日 07:01撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石ノ鼻を見上げる。
石ノ鼻から水太谷を覗く。
2014年09月14日 07:07撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石ノ鼻から水太谷を覗く。
6
初めて小普賢に寄り道。
展望は0だった。
2014年09月14日 07:17撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて小普賢に寄り道。
展望は0だった。
大普賢岳山頂。
2014年09月14日 08:08撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大普賢岳山頂。
5
稲村ヶ岳。
手前は先日遡った神童子谷。
2014年09月14日 08:05撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲村ヶ岳。
手前は先日遡った神童子谷。
4
山上ヶ岳を雲が乗っ越す。
2014年09月14日 08:07撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山上ヶ岳を雲が乗っ越す。
1
七曜岳の向こうに弥山。
八経ヶ岳がツンと尖る。
2014年09月14日 08:08撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曜岳の向こうに弥山。
八経ヶ岳がツンと尖る。
5
山日和は無線日和でもある。
みたい。
2014年09月14日 08:19撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山日和は無線日和でもある。
みたい。
1
絶景に向かって下る。
2014年09月14日 08:27撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景に向かって下る。
笹の葉が輝く。
2014年09月14日 08:29撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の葉が輝く。
1
水太覗から大普賢を見上げる。
2014年09月14日 08:33撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水太覗から大普賢を見上げる。
1
トリカブトの花。
2014年09月14日 08:58撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトの花。
2
大普賢を一望。
矢印の下が水太覗。
2014年09月14日 09:41撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大普賢を一望。
矢印の下が水太覗。
4
和佐又山の向こうに大台ケ原。
2014年09月14日 09:41撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和佐又山の向こうに大台ケ原。
1
斜めに走る線がドライブウェイ。
ヒルクライムの自転車は見えない。
2014年09月14日 09:42撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜めに走る線がドライブウェイ。
ヒルクライムの自転車は見えない。
1
足元はオソゴヤの深い谷。
2014年09月14日 10:02撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元はオソゴヤの深い谷。
かなり早めの昼食。
うな飯。
2014年09月14日 10:17撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり早めの昼食。
うな飯。
2
麺は肉王。
2014年09月14日 10:18撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麺は肉王。
1
この先は激下り。
2014年09月14日 10:54撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は激下り。
1
桟道が埋もれている。
2014年09月14日 11:48撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桟道が埋もれている。
無双洞。
湧水が少なめ。
2014年09月14日 11:52撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無双洞。
湧水が少なめ。
落石注意の看板が倒れそう。
シャレにならない。
2014年09月14日 11:56撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石注意の看板が倒れそう。
シャレにならない。
トチの実。もう秋だ。
2014年09月14日 11:57撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トチの実。もう秋だ。
3
直径30僉⊂無双洞発見。
水も湧いている。
2014年09月14日 12:11撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直径30僉⊂無双洞発見。
水も湧いている。
無双洞の水が滝に流れ込む。
2014年09月14日 12:12撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無双洞の水が滝に流れ込む。
1
水廉ノ滝。
2014年09月14日 12:13撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水廉ノ滝。
3
この岩場を登る。
2014年09月14日 12:43撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩場を登る。
1
巨樹の森を行く。
2014年09月14日 13:07撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨樹の森を行く。
1
キノコの森でもある。
2014年09月14日 13:08撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコの森でもある。
1
いつもの挨拶。
2014年09月14日 13:18撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの挨拶。
ナナカマドの実。
2014年09月14日 13:52撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実。
2
和佐又ヒュッテは今日も繁盛。
2014年09月14日 13:52撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和佐又ヒュッテは今日も繁盛。
トンボ。秋の空の下。
2014年09月14日 13:57撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンボ。秋の空の下。
2
帰路に寄り道。
不動窟鍾乳洞。
2014年09月14日 14:44撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路に寄り道。
不動窟鍾乳洞。
2
道の駅で鮎の塩焼き。
ビール飲めなくて残念。
2014年09月14日 15:27撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅で鮎の塩焼き。
ビール飲めなくて残念。
6
中庄温泉でさっぱり。
2014年09月14日 15:58撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中庄温泉でさっぱり。
1
こじんまりした浴槽から
吉野川が見える。
2014年09月14日 16:11撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こじんまりした浴槽から
吉野川が見える。
山行の締めはやはりこれ(^^/
2014年09月14日 18:37撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山行の締めはやはりこれ(^^/
2

感想/記録

ご来光とともに法螺の音が響き渡り、
いかにも大峰らしい朝を楽しみながら出発です。
朝の冷気の中を気持ちよく歩き、

と言いたいところですが、
体が重くギアが上がりません。
結局、終日エンジンがかからないまま、七曜岳、無双洞と周回しました。
遠征に向けた訓練だと思えば、ちょうどよかったのかもしれません。

それでも、久し振りに快晴の空の下、10回目の大普賢を満喫しました。
通い慣れた大普賢ですが、まったく飽きるところがありません。
美しく厳しいこの山に、まだまだ通いそうです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:650人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/21
投稿数: 1894
2014/9/21 23:59
日記のコメントありがとうございました
お蔭様でヤツの襲撃も無く無事に下山しました。
紀伊半島は若かりし頃バイクで巡ったものですが、山も素敵ですね。いつか訪れてみたいものです。yos894さんも九州の山にも遊びに来てくださいね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ