また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509849 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

日光・太郎山〜いにしえの静かな新薙ルートを辿る

日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れのちガス流れる
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
太郎山新薙登山口から往復
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間10分
休憩
1時間30分
合計
5時間40分
Sスタート地点09:1011:10太郎山12:4014:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
9:10新薙登山口-11:10山頂(休憩)-12:40山頂-14:50新薙登山口
コース状況/
危険箇所等
裏男体林道の梵字滝付近で橋の架け替え工事中(車両通行可)。林道分岐から登山口まで砂利道車5分。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

JR日光駅の鳴き龍で、今日も’喝’入れてもらいます!
2014年09月14日 07:16撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR日光駅の鳴き龍で、今日も’喝’入れてもらいます!
14
駅前から女峰山。お〜、天気良すぎる!でも、午後は小雨予報。モクモク雲と駆けっこになりそう・・・
2014年09月14日 07:13撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前から女峰山。お〜、天気良すぎる!でも、午後は小雨予報。モクモク雲と駆けっこになりそう・・・
4
太郎山新薙登山口駐車場、車数台でした。
2014年09月14日 08:56撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎山新薙登山口駐車場、車数台でした。
1
ダケカンバの静かな森をテクテク・・・喧騒無縁。
2014年09月14日 09:14撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバの静かな森をテクテク・・・喧騒無縁。
5
やぁ〜、清々しいねぇ〜
2014年09月14日 09:20撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やぁ〜、清々しいねぇ〜
13
少し登って、太郎山頂方面。これが急登なんだよね。
2014年09月14日 09:38撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登って、太郎山頂方面。これが急登なんだよね。
10
斜光で、スギゴケもイイ感じ。
2014年09月14日 09:50撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜光で、スギゴケもイイ感じ。
7
おっと、でました富士型の男体山。やや、雲が上がってきた〜
2014年09月14日 10:03撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと、でました富士型の男体山。やや、雲が上がってきた〜
16
樹林帯をひたすら登る。
2014年09月14日 10:10撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯をひたすら登る。
1
中禅寺湖が見えてきました。
2014年09月14日 10:22撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺湖が見えてきました。
8
急坂が続くよね・・・
2014年09月14日 10:30撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂が続くよね・・・
5
コイワカガミ、みっけ!今季最後の1本、残り福ですね。
2014年09月14日 10:31撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワカガミ、みっけ!今季最後の1本、残り福ですね。
16
新薙のガレ
2014年09月14日 10:34撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新薙のガレ
2
怒涛の白雲、こっちに来るな〜
2014年09月14日 10:38撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
怒涛の白雲、こっちに来るな〜
3
ああ男体山、早くも雲に沈没。
2014年09月14日 10:42撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああ男体山、早くも雲に沈没。
1
新薙上部のトラバース、落石注意。
2014年09月14日 10:43撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新薙上部のトラバース、落石注意。
8
花の咲かない通称お花畑、ま、雨後の池でなくて良かった。
2014年09月14日 10:49撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花の咲かない通称お花畑、ま、雨後の池でなくて良かった。
7
花畑の中央で。その昔は草原で、多様な花々が咲いていたようですが、今はササ原。
2014年09月14日 10:52撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花畑の中央で。その昔は草原で、多様な花々が咲いていたようですが、今はササ原。
27
いにしえの登拝道を物語る石仏
2014年09月14日 10:54撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いにしえの登拝道を物語る石仏
4
ほんわか、コケもキレイですね。
2014年09月14日 10:55撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんわか、コケもキレイですね。
2
巨岩の切通し
2014年09月14日 10:56撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨岩の切通し
8
着きました!太郎クン。写真お撮りいただいた方、ありがとうございました。
2014年09月14日 11:09撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました!太郎クン。写真お撮りいただいた方、ありがとうございました。
43
往時を偲ぶ石祠
2014年09月14日 11:10撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往時を偲ぶ石祠
3
眼下に小太郎尾根
2014年09月14日 11:31撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に小太郎尾根
3
日光白根が雲間にチラチラ。じれったい。スッキリ見せてよ〜
2014年09月14日 11:34撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根が雲間にチラチラ。じれったい。スッキリ見せてよ〜
3
ズーム、小太郎山頂、観客が見えます。戦場が原の展望台。
2014年09月14日 11:47撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズーム、小太郎山頂、観客が見えます。戦場が原の展望台。
6
奥に小さく切込湖
2014年09月14日 11:30撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に小さく切込湖
2
足元はすでに秋真っ盛り。
2014年09月14日 11:51撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元はすでに秋真っ盛り。
11
太郎山頂はガス免除されました(^^♪ ラッキー!
2014年09月14日 12:29撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎山頂はガス免除されました(^^♪ ラッキー!
12
中禅寺湖上空あたりにモクモク成長。
2014年09月14日 12:18撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺湖上空あたりにモクモク成長。
1
雲がお邪魔だけど、日光白根をバックに記念のパシャ。
2014年09月14日 12:32撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がお邪魔だけど、日光白根をバックに記念のパシャ。
18
丸い頭は温泉ヶ岳かな。
2014年09月15日 16:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸い頭は温泉ヶ岳かな。
2
ラストステージ、やっと燧ケ岳がチラリ(^^)/
2014年09月15日 16:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラストステージ、やっと燧ケ岳がチラリ(^^)/
4
復路のお花畑、また晴れてきた。
2014年09月14日 12:58撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路のお花畑、また晴れてきた。
5
トンガリ君の女峰山
2014年09月14日 13:08撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンガリ君の女峰山
7
樹林帯には、可愛いキノコちゃんもチラホラ
2014年09月14日 13:51撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯には、可愛いキノコちゃんもチラホラ
6
地味なヨメナがいっぱい。
2014年09月14日 14:47撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地味なヨメナがいっぱい。
5
下山後の光徳牧場で仕上げのアイス。うまい。
2014年09月14日 15:29撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後の光徳牧場で仕上げのアイス。うまい。
17
放牧場には、アイス原料生産者がゆるゆる。長閑なものでした。
2014年09月14日 15:34撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
放牧場には、アイス原料生産者がゆるゆる。長閑なものでした。
10
麓の宿の夕食、サワガニちゃんも登場。可愛いけど、いただきま〜す。
2014年09月14日 18:05撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓の宿の夕食、サワガニちゃんも登場。可愛いけど、いただきま〜す。
13
翌朝、赤沼から太郎山を望んで〆ました。
2014年09月15日 09:21撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、赤沼から太郎山を望んで〆ました。
12
撮影機材:

感想/記録
by nksan

久々のハイクで、日光の太郎山に出かけました。東京の山仲間とJR日光駅で合流し、裏男体林道経由で新薙登山口へ。午前9時過ぎの遅い出発です。3連休の中日とあって、どこの山も混雑が想定される中、新薙ルートは人影のない静かなものでした。

登山口からダケカンバの森をしばらく登ると、樹間越しに太郎山南面が見えてきました。その先、やや下ってからの登り返しは徐々に傾斜が増して、南に富士型の男体山を望む頃から急登が始まります。樹林帯の急坂を登り切ると、新薙のガレを見渡すポイントにでました。補助ロープの垂れた岩場をさらに詰めると、新薙をトラバースします。

朝方は晴れていた空も、モクモク白雲が湧いて、先ほどまで見えていた男体山が早くも白雲に埋もれてしまいました。新薙を登り切ると、山頂下に開けた旧火口の通称お花畑にでます。雨後には池になることもあるようで、砂地にミヤコザサが広がっています。山頂へ向かう登路に入ると、巨岩の足元に石仏が一体あり、往時の登拝道を物語っていました。巨岩からやや北向きに登り上がり、山王峠への分岐を見送ると太郎山頂です。

今日もハイカー数人の静かな山頂でした。しかし、南から湧き上った雲と、北から流れる雲のせめぎ合いで、目の前の日光白根山さえ見えません。が、頭上には青空も覗いて休憩には好適です。そのうち雲も切れるだろうということで、お昼を食べたり、コーヒーブレイクしたりでノンビリします。

眼下の小太郎尾根を望んでいるうちに、日光白根がチラチラ覗き、最後に燧ケ岳の姿を確認したのを潮時に往路を下山しました。山頂での休憩時間1時間半、ずいぶん長居をしたものですが、こんな悠長なハイクもイイものです。

太郎山は過去に新薙ルート、山王峠ルートから各1回で、今回が3回目となりましたが、周囲の男体、日光白根、女峰の中心に位置し、雄大な展望が望める良い山です。人混みもない点でも推奨の山かと思っています。

下山後は、チョッピリ贅沢して麓の宿に泊まり、白濁湯も楽しんできました。久し振りの山歩きになりましたが、この時季としてはマズマズの展望も楽しめて良い想い出の1日となりました。

追記 深田久彌氏が50年くらい前に、この太郎山を歩いた時は光徳からハガタテの薙ぎ(現在は入れない)を経由し、この新薙ルートを下った模様で、その時の山の様子は現在と余り変わらないようです。違いと云えば、旧火口のお花畑が「美しい静かな草原だった。いろいろな色の草花が咲いていた。」(深田久彌著 山岳遍歴)という点くらいかも。太郎山は人気の男体、日光白根の近くにあっても、当時と変わらず「忘れられた山」(同上)のように、今なお静かな昔の面影を残していました。
訪問者数:832人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ