また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 5118103 全員に公開 アルパインクライミング 日光・那須・筑波

ウメコバ尾根 R6スベリ台ルート(第5回栃木WCM)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2023年01月21日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー23人
天候晴れ(ウメコバ尾根は1P目終了点で一瞬だけ陽が当たったが基本ずっと日陰で風も吹き抜けるので寒かった。)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・車は銅親水公園の駐車場に駐車しました。
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間3分
休憩
2時間42分
合計
10時間45分
S銅親水公園駐車場07:0008:00松木沢ジャンダルムの対岸08:3009:28ウメコバ沢出合09:4009:57R6スベリ台ルート取付下の平場10:1710:20R6スベリ台ルート取付到着時刻10:30R6スベリ台ルート登攀開始時刻14:00R6スベリ台ルート登攀終了時刻14:50R6スベリ台ルート取付下の平場到着時刻14:50ウメコバ沢中央岩峰やジャンクションピーク付近をウロウロ偵察&適当にルンゼを登攀16:2516:40ウメコバ沢出合16:4517:45松木沢ジャンダルムの対岸G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・いつも行っている場所なので今回はGPSログは取ってません。
・時間はヤマパン基準でおおよその時間です。
コース状況/
危険箇所等
▶ルート状況(2023年1/21現在のものです。)

◆アプローチ
・銅親水公園駐車場から松木川沿いの林道を上流へと歩いていき、林道から松木川の河原に下りてウメコバ沢出合まで歩きます。
・松木川は行きは裸足で渡渉、帰りはアイゼンを付けて飛び石で渡渉しました。(石が凍っていたり濡れていたりすると滑るので注意です!)
・ウメコバ沢のF1とF2は左岸のフィックスロープを使って登りました。(F1の下降はフィックスロープを使って懸垂下降で下りました。)
・F2上からしばらく歩くと左手にスベリ台ルートの名のとおり顕著なスベリ台形状の岩が見えその下部から灌木密集のルンゼ状を10m程度登ったところのテラスが取付になります。(取付に残置スリングの付いたRCCボルト2つのビレイ点あります。)

◆R6スベリ台ルート(ルートグレードは参考にしたトポ図からで、あとは個人的な感想です。)

全体的に
・1〜2P目の岩はしっかりしています。3P目は藪っぽくて岩は階段状で落石注意な感じです!
・1〜2ピッチの各終了点はハンガー2つで整備されてました。
・残置はほぼ無く基本はカムで中間支点を取りながらの登りとなります。

1P目 検淵侫ロー)
・スベリ台左側面のフェースからスベリ台下のフェースへ登り、そこから右上のテラスまで高度を上げてテラスへトラバースする。トラバースが少しむずい。
・中間支点を取るクラックはあるのでカムで支点を取りながら登ります。
・終了点はテラス上のハンガー2つで構築。

2P目 此淵侫ロー)
・出だしは1P目終了点からスベリ台左のカンテへトラバースしてカンテを登りハンガーで中間支点を取ります。そこから右のコーナークラックへ移りフッキングしながら登ります。コーナークラックへ移るときにフッキングが安定せずスタンスも無かったのでレイバック気味にアックスを決めてスタンスは右に張りながら身体を右に寄せました。(リードでこのムーブは勇気がいると思います。)
・フッキングはトルキングしないと外れるところもあったのでそこはしっかりねじりました!右足がクラック内に入るので右足で立ち左足は粒に乗り高度を上げていきました。
・上部の方は凹凸があるので易しくなります。
・フォローだったので楽しく登らせてもらいました!!
・出だしにハンガー1つあります。その他はコーナークラックに小サイズのカムで支点を取りながら登ります。
・終了点はスベリ台を登りきったところにあるハンガー2つで構築。

3P目 供淵蝓璽鼻
・階段状を落石に注意しながら登る。特に問題なく登れるが藪っぽくて鬱陶しい。(皆が2P登って下降する意味がわかる気がする。)
・終了点はピナクル下の角岩にスリングで構築。バックアップとしてカム1つ使用。

◆下降
・懸垂下降は計3回。先ずは3P目終了点に使用した角岩に残置スリングで1回目の懸垂下降。その後は2P目終了点と1P目終了点を利用して2回の懸垂下降で沢床まで下りた。

装備

個人装備 アイスアックス×2 アイゼン その他登攀装備1式
共同装備 50mダブルロープ×2 カム×1セット(♯0.4〜4.0) マイクロカム×2セット ナッツ小×適宜 ナッツキー アルパイン用クイックドロー×9 クイックドロー×3 ファーストエイドキット ツエルト

写真

ウメコバ沢出合へ
2023年01月21日 09:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメコバ沢出合へ
1
渡渉します
2023年01月21日 09:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉します
1
ウメコバ沢F1
2023年01月21日 09:42撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメコバ沢F1
1
ウメコバ尾根R6スベリ台ルート
2023年01月21日 09:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメコバ尾根R6スベリ台ルート
2
取付のテラスまで藪っぽいルンゼ状をフリーで登る
2023年01月21日 10:17撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取付のテラスまで藪っぽいルンゼ状をフリーで登る
2
取付のテラスに到着してここからアンザイレン
2023年01月21日 10:20撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取付のテラスに到着してここからアンザイレン
1
1P目はAさんリード
2023年01月21日 10:30撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目はAさんリード
1
中央岩峰に大勢の人が見えます(左から直上ルート、凹角ルート、ジェードルルート、右ルート、チコちゃんルート)
2023年01月21日 10:33撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央岩峰に大勢の人が見えます(左から直上ルート、凹角ルート、ジェードルルート、右ルート、チコちゃんルート)
2
スベリ台左側面のフェースからスベリ台下のフェースへ
2023年01月21日 10:37撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スベリ台左側面のフェースからスベリ台下のフェースへ
2
スベリ台下のフェースを右上のテラスまで高度を上げる
2023年01月21日 10:41撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スベリ台下のフェースを右上のテラスまで高度を上げる
1
右上のテラスへのトラバースが少しむずい
2023年01月21日 11:19撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右上のテラスへのトラバースが少しむずい
フォローのSさんと1P目終了点のAさん
2023年01月21日 11:29撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フォローのSさんと1P目終了点のAさん
2
2P目リードのSさん
2023年01月21日 11:55撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目リードのSさん
1
先ずはスベリ台左のカンテへトラバースしてからカンテ側を少し登る
2023年01月21日 12:01撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずはスベリ台左のカンテへトラバースしてからカンテ側を少し登る
2
ハンガーにクリップしたら右へ移動してコーナークラック沿いを登っていく
2023年01月21日 12:05撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハンガーにクリップしたら右へ移動してコーナークラック沿いを登っていく
2
ガンバ!!
2023年01月21日 12:23撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンバ!!
2
安定感のある登りでした
2023年01月21日 12:39撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安定感のある登りでした
2
フォローのAさん
2023年01月21日 13:01撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フォローのAさん
1
アイゼンをガリガリしながら登ります
2023年01月21日 13:07撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンをガリガリしながら登ります
2
2P目終了点から見たフォローの2人
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目終了点から見たフォローの2人
1
2P目をフォローで登攀中にAさんをパチリ
2023年01月21日 13:13撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目をフォローで登攀中にAさんをパチリ
2
2P目をフォローで登攀中にスベリ台をパチリ
2023年01月21日 13:38撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目をフォローで登攀中にスベリ台をパチリ
1
3P目のてっぺんにあるピナクル
2023年01月21日 13:47撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3P目のてっぺんにあるピナクル
2
ピナクル下のこの角岩にスリングで終了点を構築。懸垂下降支点はここに残置の捨て縄を移動して使用。
2023年01月21日 13:55撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピナクル下のこの角岩にスリングで終了点を構築。懸垂下降支点はここに残置の捨て縄を移動して使用。
1
3回の懸垂下降で沢床まで下降
2023年01月21日 14:50撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3回の懸垂下降で沢床まで下降
1
時間が余ったのでチャンピオン岩稜へのアプローチの1つのルンゼを登ります
2023年01月21日 15:13撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間が余ったのでチャンピオン岩稜へのアプローチの1つのルンゼを登ります
1
Sさんリードで登って灌木でピッチを切りそこから懸垂下降で下りてきました。(私とAさんは登らずに終了。)
2023年01月21日 15:24撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Sさんリードで登って灌木でピッチを切りそこから懸垂下降で下りてきました。(私とAさんは登らずに終了。)
1
ウメコバ沢中央岩峰から下山しました
2023年01月21日 16:25撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメコバ沢中央岩峰から下山しました
1

感想/記録

今年も栃木ウインタークライマーズミーティングに参加しました。
Climbing‼

ヾ響

・今回は3人1組の7パーティーがウメコバ沢で下記のルート登攀しました。
 
 .Ε瓮灰佝根 チャンピオン岩稜
 ▲Ε瓮灰佝根 R6スベリ台ルート
 C羆岩峰 直上ルート
 っ羆岩峰 凹角ルート
 ッ羆岩峰 ジェードルルート
 γ羆岩峰 右ルート
 中央岩峰 チコちゃんルート

・R6スベリ台ルートは核心の2P目がルート名のとおりスベリ台でしたが、フォローだったので思いきったムーブで登らせてもらいました。アックスを駆使しないと登れないのですがコーナークラックにフッキングを決め右足をコーナークラックに突っ込むと安定はしました。(左足は粒に乗るだけw)

・取付で『オーダーどうしますか?』と言うと若手のSさんが『2P目リードしたいです!!』と言ってくれてAさんは『それなら私は1P目を!』と言ってくれたので私は楽々フォローで楽しませてもらいました。

・当初の予定では登攀は2P目までで(最近2P目までしか登られてない。1〜2P目の終了点は整備されているが3P目の終了点がしっかりしているかどうか不明。)2P目終了点から懸垂下降で下りるつもりでしたが、それなりに時間がかかり余った時間で他ルートを数ピッチ登るには中途半端な感じだったので当初予定してなかった3P目を登ることになって3P目リードしましたがただの歩きでした(笑)

・3人共初見のルートでしたが迷うことなく登れました。

・いつも一緒に登っているOさんとSさんが今回の幹事で準備から当日のサポートをしてもらい楽しませてもらいました。ありがとうございました。他のサポートメンバーもお疲れさまでした。

反省

・特にありません。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:144人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ