また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 513367 全員に公開 沢登り丹沢

マスキ嵐沢

日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

大滝橋バス停〜〜9:10マスキ嵐沢出合9:40〜権現山登山道〜13:45権現山山頂14:05〜(懸垂下降練習)15:20〜登山道〜16:25西丹沢自然教室バス停
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

感想/記録

今期2度目の沢登り。沢靴を新調しての再チャレンジ。

大滝バス停を降りて、畦が丸方面への林道を進む。前回の7月末とは違い、ずいぶんと涼しい。30分ほどでマスキ嵐沢の入渓地点に到着。ハーネスを付け、おニューの沢靴を履いて出発。

最初のF1、簡単そうだがヌメっているので、念のためロープを使う。全く問題ない。F2はトイ状の滝で危ないところもなくあっさり通過。F3は15mの大滝、ロープがなくても右側から登れば行けそうだが念のためロープを出す。

F3を過ぎたところで先行していた2人組のパーティーが戻ってきた。この二つ先の滝のオーバーハングがいやらしく、ロープを持って来なかったので引き返してきたとのこと。初級の沢と言いながら、やはりロープはあった方が良いようだ。

F4は右側を上がって行く、ホールド、足場もしっかりあって問題なし。 F5は前半ハイライト。ここもロープを出すが、難しいところはない。問題無し。
F5では後から来た親子のパーティー、お父さんがビレイしながら、お子さんがしっかり登っていた。聞けばお子さんは9歳とのこと、これには本当にびっくりした。

しばらく行くと二俣を右へ。ここからは涸沢だ。F6も問題なく通過。そして最後のF7へ。前回もそうだったが、だいたい最後のFが一番大変で面白い。今回もやはりそうだった。微妙にハングしてるのですべると怖い。とはいえ、しっかりとホールドとスタンスをとれた。個人的には前回よりかなり余裕だった。

ここで食事をしながら休憩をとる。汗をかいた体は少し寒いぐらいだ。全身が濡れたらどれだけ寒いだろうか。

ツメる途中で懸垂下降の練習場所を探すも、適当な場所が無い。一旦権現山に登り、靴を履き替えてから、今来た道を引き返し、結局西側の登山道斜面を利用して練習をすることになった。

やったのは2ピッチでの懸垂下降。セルフビレイの取り方、エイト環を使っての下降。腰の落とし方に注意し、ロープに振られないよう慎重に降りたが、意外に疲れる、慣れてないので、変なところに力が入ってる気がする。

練習後にロープをしまい、下山。途中で急げば16:25のバスの時間に間に合うかも、ということになり、最後の30分はいつもながらの駆け足。なんとバス発車の1分前に滑り込みで乗車というオチでした。
訪問者数:179人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 懸垂下降 涸沢 ビレイ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ