また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 513560 全員に公開 ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

蓮華温泉〜白馬岳〜清水岳〜祖母谷

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月14日(日)
メンバー
天候13日:曇りのち雨(15時頃から)14日:晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
13日
信濃大町駅6:11→(JR大糸線)→7:15南小谷駅7:51→(JR大糸線)→8:11平岩駅8:55→(白馬岳登山バス)→9:55蓮華温泉
 *電車970円+バス1520円

14日
欅平駅17:04→(トロッコ電車)→18:19宇奈月駅19:06→(地鉄)→20:41富山駅22:50→(バス)→5:45新宿駅
 *トロッコ1710円+地鉄1840円+バス7700円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間55分
休憩
1時間40分
合計
6時間35分
S蓮華温泉09:5511:20天狗ノ庭12:2012:20白馬大池山荘12:4014:20小蓮華岳14:3015:00三国境15:1016:00白馬岳16:30白馬岳頂上宿舎
2日目
山行
9時間30分
休憩
40分
合計
10時間10分
白馬岳頂上宿舎05:0008:00清水岳08:2010:10不帰岳避難小屋10:3015:10祖母谷G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
蓮華温泉〜白馬岳 
 危険個所は特になく、変化に富んだいいコースだと思います。

白馬岳〜清水岳
 旭岳の南側山腹を巻く道は、細く、草が刈っていないところがあります。私は二度 ほど草に沿って滑り落ちそうになりました。

清水尾根
 印も道もはっきりしているので、道迷いの心配はないと思います。
 避難小屋からしばらく行ったところに鎖がかかった2〜3mの崖?がありますが、
 それ程大変ではありません。
 
百貫ノ大下リ
 いくつかロープがかかったところがあります。
 一か所だけ沢を渡ったところで、道が笹に覆われているところがあります。ロープ があるので、それを握りしめていってください。すぐ道ははっきりします。
 いくつか沢を渡らなくてはいけませんが増水していなければ問題ないと思います。 
 最後は足がもつれてきますので、集中力を切らさないように...
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

平岩駅。無人駅です。バスに乗ったのは3人だけです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平岩駅。無人駅です。バスに乗ったのは3人だけです。
ガスが出てきたり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが出てきたり
青空が広がったり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が広がったり。
以前来た時のことを思い出しました。あの時も重い荷物を担ぎ、なかなか白馬岳につかなくて辛かった...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前来た時のことを思い出しました。あの時も重い荷物を担ぎ、なかなか白馬岳につかなくて辛かった...
白馬の名に相応しいと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬の名に相応しいと思います。
1
白馬岳には3回目ですが、晴れ1回、雨2回...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳には3回目ですが、晴れ1回、雨2回...
連休のテン場は大混雑。私は遅めについたので、斜めになりながら寝ることになりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連休のテン場は大混雑。私は遅めについたので、斜めになりながら寝ることになりました。
頂上宿舎から少し上がると清水岳へ向かう分岐があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上宿舎から少し上がると清水岳へ向かう分岐があります。
朝焼けに染まる立山連峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けに染まる立山連峰。
白馬山荘の方に虹色の雲が広がっていました。見た方はいますか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘の方に虹色の雲が広がっていました。見た方はいますか?
2
ちょっと寂しい...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと寂しい...
白馬鑓とか唐松岳の方だと思うんだけど
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬鑓とか唐松岳の方だと思うんだけど
まだ少しお花も咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ少しお花も咲いています。
霜もおりていましたが...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜もおりていましたが...
何枚も写真を撮っちゃいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何枚も写真を撮っちゃいました。
1
旭岳だと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳だと思います。
1
清水岳より
(「清水岳直下」という標識があるので、そこからのびる細い道を上がると頂上に出ます)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水岳より
(「清水岳直下」という標識があるので、そこからのびる細い道を上がると頂上に出ます)
富山の市街地かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山の市街地かな。
だんだんガスが出てきちゃいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんガスが出てきちゃいました。
清水岳の下りは草原が広がり、とても気持ちがいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水岳の下りは草原が広がり、とても気持ちがいい。
劔を覆う雲が、拳を握りしめたやんちゃ坊主に見えて、憎たらしい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔を覆う雲が、拳を握りしめたやんちゃ坊主に見えて、憎たらしい!
不帰岳避難小屋。この下に水場があり、そこで汲んだ水を持って帰ってコーヒーとお茶をいれました!美味しかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰岳避難小屋。この下に水場があり、そこで汲んだ水を持って帰ってコーヒーとお茶をいれました!美味しかったです。
ロープが数か所あります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープが数か所あります。
いくつか細い沢を渡る必要があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつか細い沢を渡る必要があります
沢を渡ってすぐの道が草に覆われていますが、ロープがあるので、迷うことはないと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡ってすぐの道が草に覆われていますが、ロープがあるので、迷うことはないと思います。
疲れてくると、このようなところで滑ったり、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れてくると、このようなところで滑ったり、
石の上に座りたくなったり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石の上に座りたくなったり
やっと樹林帯を抜けたと思ったら、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと樹林帯を抜けたと思ったら、
こんな河原が広がります。(そんなに長くありませんが)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな河原が広がります。(そんなに長くありませんが)
名剣温泉。従業員の方がどなたもとても親切で、お湯も素晴らしく、疲れがとれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名剣温泉。従業員の方がどなたもとても親切で、お湯も素晴らしく、疲れがとれました。
トロッコ電車。室井滋さんのゆるーい案内に眠気が...でも、オープン車両はかなり寒い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トロッコ電車。室井滋さんのゆるーい案内に眠気が...でも、オープン車両はかなり寒い。

感想/記録

一か月ぶりの山になるのに(なるからこそ)以前から行きたかった白馬岳から祖母谷へ下る長―いコースを選んでしまいました。

蓮華温泉から白馬大池へ向かうコースは変化に富んでいて歩いていて楽しかったです。人も少ないし。

三国境で雨が降り出したのは予想外でした。白馬岳からの視界がゼロだったのは残念でした。

白馬岳から清水岳までは立山連峰も見え、眺望が素晴らしいコースでした。花の季節には、さぞ美しいことと思います。静かなコースですし、祖母谷まで下らなくても、ぜひ行ってみてくださいね。

気を付けてほしいことは、意外と早く劔岳が見えなくなることです。私はのんびりと歩きすぎて、清水岳からの下りでは眼前に見えるはずの劔岳が雲の中でした(泣)。早朝に出て、猫又峠までは劔岳を楽しみながらチャキチャキ歩き、樹林帯に入ったらゆっくり歩けばいいと思います。

一か所草刈をしていなくて、道が分かりにくいところがありましたが、全体的に印も道もはっきりしており、迷うことはないと思います。2年前、唐松岳から祖母谷に下りましたが、それより百貫の大下りは荒れていないと思います。どちらにしても長くて辛いことには変わりなく、私は、初めて、途中で歩くことを放棄したくなりましたし、一週間、筋肉痛に苦しめられました。

今回も、山の素晴らしさを味わうことができ、同時に、様々な方に助けていただきました。ありがとうございました。
訪問者数:553人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ